わかりやすい診療と、親切で丁寧な治療をめざします

帝京大学附属池袋クリニックは内科を専門とする診療所です。
平成20年6月、住宅とオフィスに囲まれた帝京平成大学池袋校内に開院致しました。
皆様のさまざまなご要望にお応えできる『かかりつけ医』として、
地域の皆様のお役に立ちたいと思っております。
病気や健康に関することなど、何でもお気軽にご相談ください。

クリニックのご案内

診療のご案内

◆診療科目/漢方内科

最近、難治性疾患や未病に対して東洋医学的手段を用いることが注目されてきています。
それは西洋医学では侵襲が大きく副作用、合併症の可能性があって心配だ、あるいは身体と心を含めた全人的な治療をして欲しい、といった患者様の要望に応えるための手段として漢方をはじめとする東洋医学的治療が期待されているからです。
このため、当クリニックでも漢方外来を始めることに致しました。対象は様々な疾患に及びますが、特になんとなく調子が悪い、冷え症がつらい、などと言った不定愁訴や未病状態には西洋医学では成し得ない効果を発揮します。
また担当医師は漢方医学だけでなく、はり灸やその他の補完代替医療にも精通しており、併設する帝京池袋鍼灸院との連携で様々な東洋医学的治療を総合的に提供できるシステムになっております。
副作用が少なく、身体や心に優しい東洋医学的治療をご希望の方は是非一度ご相談ください。
担当医師:
上馬塲和夫
 帝京平成大学ヒューマンケア学部鍼灸学科教授。日本統合医療学会認定 統合医療指導医。日本補完代替医療学会 学識医。日本温泉気候物理医学会認定 温泉療法専門医。
 専門:東洋医学(漢方、鍼灸全般)、統合医療、アーユルヴェーダ、未病治療。

◆診療科目/消化器内科

近年のわが国における食品の欧米化、ストレス社会、高齢化により機能性胃腸疾患の患者さんが増加しています、お腹が重い、食欲がない、お腹が空かない、食べるとすぐにもたれる、便秘や下痢を繰り返すなどでお悩みの方是非相談してください。
現在女性の癌死の1位は大腸癌です。便が細くなった、血が混ざる等の便通異常に気がつかれましたら早めに受診してください。
又男女共に胃癌の患者さんも多いのが現状です。胃潰瘍がなくてもピロリ菌の除菌が保険適用になりました。胃癌の家系がある方胃癌予防のため除菌をお勧めします。
担当医師:
松井輝明
 帝京平成大学健康メディカル学部健康栄養学科教授。
日本内科学会認定医、指導医、日本消化器病学会専門医、指導医、日本内視鏡学会専門医、指導医、産業医、医学博士。
 専門:消化管全般特に機能性胃腸疾患(機能性胃腸症、過敏性腸症候群等)。

◆診療科目/糖尿病・代謝内科

糖尿病、高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病は、不適切な食生活、運動不足やストレス過剰などの不健康な生活習慣の継続により徐々に発症します。非常に患者数の多い病気ですが、初期には自覚症状がほとんどなく、健康診断などで見つかる例が大半です。 進行すると脳卒中(脳出血、脳梗塞)や虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)、糖尿病合併症などを引き起こす危険性が高まります。生活習慣病の重症化や合併症の進行によっては認知症や半身まひなど、日常生活に様々な支障をきたしやすい状態をもたらします。
生活習慣病は痛みなどを伴わないため、知らない間に進行してしまうという怖さがあります。しかし、早期にこれらの病気を見つけ、生活習慣の改善を含む治療により進行を遅らせることで、より健康的な生活を維持することが可能になります。
当クリニックの糖尿病・代謝内科では、健康診断で異常を指摘されたり、これからお薬を飲むかどうかといった「病気の初期」の患者様に対する治療に特に力を入れています。
十分時間をとって病気のご説明をさせていただきながら、個々の患者様の病状に応じた適切な診療してまいります。
なお、他院からの紹介状がある場合は、当クリニックで対応可能かどうか事前に検討させていただきたいので、前もって(できれば一週間前までに)お電話でご相談ください。
インフルエンザなどの予防接種も対応可能ですので、どなたでもお気軽に受診してください。
担当医師:
盛田 路子
 帝京平成大学ヒューマンケア学部柔道整復学科講師
日本内科学会認定医。
日本糖尿病学会専門医。
日本医師会認定産業医。
日本医師会認定スポーツ医。
 専門分野:糖尿病、代謝内科学。

◆診療科目/血液内科

大学病院や総合病院では内科も細かく診療科に分かれており、臓器別の専門医から診察を受けることができます。反面、専門の臓器しか診療をしてもらえない可能性があります。
医療従事者の間ではお互いの専門性の城に閉じこもり、情報の交流を欠く結果、検査の重複、適切な診断、治療の遅れをきたす恐れがあります。ご高齢の方は一人でいくつも病気を抱えている事が多いですし、若い方でも臓器症状で気づいたときは手遅れのこともあります。全人医療とは患者さんを臓器というパーツで診るのではなく、病気を抱えた人間として医療を行うものです。このためには病気について幅広い知識が必要になり、適時・的確に専門医を紹介する見識も必要です。総合内科とはそのような診療を行う内科です。一方血液内科とは、貧血、白血球、血小板、出血・凝固、リンパ、免疫異常、感染症などに関係する疾患を専門としますが、このような疾患の診療も行います。
担当医師:
山田 修
 帝京平成大学ヒューマンケア学部看護学科教授、日本薬科大学客員教授、東京慈恵会医科大学・非常勤講師。
日本内科学会総合内科専門医・指導医。
日本血液学会専門医・指導医、代議員。
日本東洋医学会認定専門医。
日本臨床腫瘍学会・がん治療認定医。
 専門分野:総合内科学、血液内科学、臨床腫瘍学、臨床免疫学、各種感染症。

◆診療科目/疼痛緩和内科

西洋医学の飛躍的な進歩にも関わらず、完治に至らない疾患や原因不明の症状の患者様が最近とくに増加してきております。それとともに東洋医学を始めとする所謂補完代替医療も注目されてきています。ただし補完代替医療といっても様々なものがあり、患者様の立場からすればどれが自分にとって役立つのかわからないまま暗中模索を続けているケースも少なくありません。
当クリニックではそのような患者様のお役に立つような情報や医療を提供致します。東洋医学も西洋医学も良いところは取り入れて、それぞれの患者様に最善の方法を検索致します。また担当医師は日本ペインクリニック学会の専門医で痛み疾患の治療や緩和医療にも精通しておりますので、がんを始めとする様々な疼痛にも対処致します。
担当医師:
高橋 秀則
 帝京平成大学ヒューマンケア学部鍼灸学科教授。日本麻酔科学会専門医。日本ペインクリニック学会専門医。
 専門分野:東洋医学(漢方、鍼灸)、疼痛医学、緩和医療。

◆診療科目/心療内科

どんなに健康な人であっても、悩み事が頭を離れなかったり、人間関係がうまくいかなかったり、仕事の負荷が増えたりすると、心とからだの調子を崩すことがあります。ひどくなれば、不眠や食欲不振などの自律神経の失調がみられることもあるでしょう。
そうした状態から健康をとり戻すための医療と支援を行うのが、心療内科です。
われわれは、丁寧な問診を中心として、生活指導、助言、必要最小限の投薬を基本としています。心身の失調状態から、うつ病、双極性障害、統合失調症などの精神障害を発症しないように予防することが、大切な目標のひとつです。
また、帝京平成大学臨床心理センターの協力により、必要に応じて、各種の心理検査やカウンセリングなどを提供できる体制も整えております。
お気軽にご相談ください。
担当医師:
田中 伸一郎
  東京大学卒業。精神科医、医学博士。杏林大学病院で病棟医長を長年務め、豊かな臨床経験をもつ。平成28年4月より帝京平成大学健康メディカル学部臨床心理学科准教授。精神科専門医。精神保健指定医。
 専門分野:臨床精神医学、心身医学、精神病理学、病跡学など。

<各種健康診断><住宅酸素療法><睡眠時無呼吸症候群(SAS)のスクリーニング検査>も行っております。ご希望の方は、受付までお問合せください。

施設紹介

写真をクリックすると詳細がご覧いただけます

  • 待合室
  • 受付
  • 処置室
  • レントゲン室
  • 診察室

診療時間

 

    診療時間   月    火    水    木    金  
  漢方内科(※)   09:00 〜 13:00    ○1    ×    ○    ○    ×  
  消化器内科(※)   14:30 〜 17:00    ×    ○    ×    ×    ×  
  糖尿病・代謝内科(※)   14:30 〜 17:00    ×    ×    ○    ×    ×  
  血液内科(※)   14:30 〜 17:00    ×    ×    ×    ×    ○  
  疼痛緩和内科(※)   09:00 〜 13:00
 14:30 〜 17:00  
  ○2    ×    ×    ×    ○3  
  心療内科   09:00 〜 13:00    ×    ○    ×    ×    ×  
○1・・・10:00〜13:00
○2・・・午後
○3・・・午前
(※)・・・ 一般内科の診療も行っています。

◆休診日/土曜・日曜・祝祭日・年末年始・創立記念日(6月29日)

・保険証は毎月1回必ずご提出ください。
・保険証に変更があった場合には至急お知らせください。

ページの先頭に戻る