乳頭腫脹

disc swelling

§ うっ血乳頭

  1.  うっ血乳頭 choked disc

    図01

    病 態

    頭蓋内圧(脳圧,脳脊髄圧,髄液圧)の上昇による視神経の軸索流が障害され生じる非炎症性・受動性の乳頭腫脹のことで,通常両眼性.
    髄液を介して視神経を圧迫し,篩状板前部において軸索が腫大する.軟性白斑は cytoid body を含む腫脹軸索を示し,出血は軸索間にみられる赤血球である.周囲の小静脈・毛細血管が圧迫されると,拡張・蛇行・透過性亢進・細胞外浮腫と病状が進行する.

    頭蓋内圧亢進の基準は 200mmH2O  20mmHg
    頭蓋内圧亢進に因らない乳頭腫脹は,乳頭浮腫という(→→ )

    所見・症状:

    乳頭は境界不鮮明で発赤・混濁・腫脹し,硝子体中に隆起する.乳頭境界を越えて周囲へ腫脹が広がり,隣接部網膜を圧排する.圧排された網膜には,しわ ができる.表面の毛細血管は拡張,網膜静脈は拡張・蛇行し,静脈拍動が消失する(静脈拍動が観察されるのは正常者では80%)
    急激な頭蓋内圧上昇の時は神経線維層の混濁範囲は広く,火炎状出血を伴う.緩徐な上昇では狭い範囲の割に突出度が大きかったりする.長期にわたると,乳頭周囲に軟性白斑・出血・星芒状白斑がみられるようになる.慢性化しない限り,視力・色覚は良好に保たれる.
    Mariotte盲点の拡大が認められるのは,乳頭周囲網膜の損傷のためである.漿液性網膜剥離をきたすこともある.乳頭腫脹は軸索輸送が障害されて起こるが,細胞外浮腫がそれに加わり生理的陥凹を埋め,動静脈の本幹や篩状板は透見できない.
    原因が除去されれば,視力予後は良好である.慢性化すれば視神経萎縮におちいり,視力が低下し,不規則な視野障害をのこす. 図03

    原 因:

    脳腫瘍,頭蓋内出血,特発性頭蓋内圧亢進(良性頭蓋内圧亢進)
    前頭葉の腫瘍や蝶形骨髄膜腫で,腫瘍側が視神経萎縮で他側がうっ血乳頭となるものがある(Foster Kennedy症候群)

    小児では視交叉近傍の腫瘍(頭蓋咽頭腫,胚細胞腫など)の進展に伴い第3脳室のMonro孔を閉塞しうっ血乳頭をきたすとともに,視交叉部の圧迫性/浸潤性視神経症を生じることがある.小児では「うっ血乳頭(初期)は視力低下をきたさない」という原則はあてはまらない.視力障害を訴える小児では見「両眼性の視神経炎」にみえても,必ず頭蓋内占拠性病変を神経放射線学的に除外する.

  2. 乳頭浮腫 disc edema

    病態視神経症(炎症,虚血もあり),高血圧性乳頭浮腫,ぶどう膜炎,眼窩腫瘍,まれに低眼圧で.ということで,血管病変が主であることがわかる.これらにより,うっ血乳頭と区別するが,組織所見は共通である.

  3. 眼圧と脳圧 図02

    ◎ 頭蓋内圧に対抗しているのは眼内圧である.そして両者を隔てているのが篩状板 lamina cribrosa である.
    ちなみに側臥位での正常な脳圧を 100150 mmH2O として,坐位での眼圧を 1020 mmHg とすると,眼圧脳圧とわかる.
    眼圧が上がれば眼圧脳圧となる.脳圧が上がれば眼圧脳圧となる.
    同様な圧勾配の変調は眼圧が下がりすぎても同じとわかる(そういう訳で,極端な低眼圧では乳頭浮腫を生じる)

    100150 mmH2 811 mmHg
    ( 9801470 Pa(1 mH2O=9806.65 Paとして)
    1020 mmHg  136272 mmH2O
    ( 13332666 Pa(1 mHg=101325/0.76 Paとして)

症例写真

ページ始に戻る


2016

【プリントアウトは縮小80%を推奨】