前に戻る
《観察ポイント》
(2)低倍で上記の部域を確認しながら全体像を描き(1)の中のものも含めて下線の構造を指示する)。
   ・前庭ヒダ(室ヒダ)
     粘膜上皮: ふつう多列線毛上皮(気道粘膜の上皮)、但しこの標本は重層扁平上皮に近い。
     粘膜固有層: 弾性線維の多い結合組織、リンパ小節、リンパ球浸潤
        ヒダ中央部: 喉頭腺(混合腺)、脂肪細胞
   ・声帯ヒダ(声門ヒダ)
     粘膜上皮: 重層扁平上皮
     粘膜固有層: 弾性線維の多い結合組織
        声帯唇のすぐ内側: 声帯靭帯(弾性靱帯)の横断面、白っぽくみえる。
        ヒダの中央部(声帯靭帯のすぐ内側): 声帯筋(横紋筋)の横断面
        その他: 喉頭腺は声帯唇以外の部域に少数、脂肪細胞ほとんどなし。
   ・喉頭室
     粘膜上皮: 多列線毛上皮





Copyright © by Department of Anatomy, Teikyo University School of Medicine. All Rights Reserved.