脈管系に戻る
TOPメニューに戻る
脈管系(循環系)

心臓

No.51 ( 標本箱 A )

 ・左心室壁
 ・HE染色


《観察ポイント》

(1) 肉眼または低倍で、心臓の内腔(深い凹凸)に面する心内膜、外側の心膜腔に面する心外膜(脂肪組織、動静脈)、その間の心臓壁の大部分を占める心筋層を確認し、全体像の略図を描く。
クリックすると拡大

(2) 心内膜、心外膜、特に心内膜下にみられる特殊心筋線維(伝導心筋線維)プルキンエ線維を観察して描く。
     心内膜 (血管内膜のつづき)
       内皮
       内皮下層: 薄い、結合組織(細い弾性線維)
       心内膜下組織: 疎性結合組織
         中にプルキンエ線維の束(横断面、斜断面):太い; 筋原線維少ない; 明るい(グリコゲン多量)
     心外膜=漿膜
       中皮(漿膜上皮): 単層扁平上皮
       漿膜固有層: 薄い、結合組織(弾性線維)
       心外膜下組織(漿膜下組織): 疎性結合組織
         脂肪組織、太い血管、リンパ管、神経
クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大

(3)心筋層の心筋線維が正確に横断されている所を選んで描き、筋原線維を指示する。筋形質は骨格筋線維に比べ豊富なので(特にミトコンドリア)筋原線維は疎にみえる。
クリックすると拡大

(4)心筋線維が正確に縦断されている所をさがして描き、介在板筋原線維、(横紋)、リポフスチン果粒(淡黄色)を指示する。
クリックすると拡大


〈その他〉

・プルキンエ線維の観察: 心内膜の深い凹凸にそってたどってゆく。心内膜下組織に横断または斜断された太い心筋線維束をさがし拡大する。
・心室の入口と出口の房室弁と動脈弁は心内膜のヒダである。
・介在板は竹の節のように見える。コントラストをあげて観察するとよい。



心臓heart 左心室left ventricle 心室壁ventricular wall 心内膜endocardium  内皮下層subendothelial layer 心内膜下組織subendocardial tissue 心筋層myocardium 心外膜epicardium 漿膜serous membrane, serosa, tunica serosa 中皮mesothelium  心筋線維cardiac muscle fiber 心筋細胞cardiac muscle cell 介在板intercalated disc  プルキンエ線維Purkinje fiber 心外膜下組織subepicardial tissue 漿膜下組織subserosa, tela subserosa


脈管系に戻る
TOPメニューに戻る
Copyright © by Department of Anatomy, Teikyo University School of Medicine. All Rights Reserved.