羞 明 photophobiaphotoaversion

§.概  念

光が嫌い Lichtscheu,不快感ということで,要は「まぶしさ」の結果の「見にくさ」と,「眼痛」など

羞 明 しゅう めい

光を異様にまぶしく感じ痛みまでも生じる状態,を指す.異物感,流涙,眼瞼痙攣,眼痛などを伴う光刺激に対する過敏性が中心にある.光散乱,網膜閾値感度の異常や叉神経刺激が原因となっている.
室内から明るい戸外へ出たようなあるいはライトを浴びたような,大量の光による単なる「まぶしさ・眩しさ」とは区別することが多い.光線による網膜傷害を避ける意味合いを指摘する研究者もいる.
「散瞳薬」の作用も「眩しさ」と見做す.
中枢神経系の疾患でも現われ,中枢性羞明というカテゴリーがある. 

原因
結膜炎,角膜炎,虹彩炎(ぶどう膜炎),睫毛内反,全色盲,白子症など

①結膜炎,コンタクトレンズトラブル,ドライアイ,表層角膜症あるいは電気性眼炎角膜上皮障害
②睫毛内反,角膜異物あるいは角膜上皮剥離角膜刺激
③角膜感染症(化膿菌,真菌,角膜ヘルペス,アカントアメーバ角膜潰瘍,角膜混濁
④眼圧上昇(閉塞隅角緑内障,先天緑内障)角膜上皮浮腫+高眼圧
⑤虹彩毛様体炎(あるいは,ぶどう膜炎一般)瞳孔反応(縮瞳)時の刺激で眼痛様の症状を訴える.
⑥白内障,角膜混濁光が眼内で散乱してコントラストが悪くなる(本来の羞明ではない)
⑦病的散瞳動眼神経麻痺,Adie症候群,外傷性散瞳,虹彩萎縮
⑧全色盲あるいは白皮症 albino黄斑低形成・視路異常・散乱光斜断不良のため低視力・羞明が生じる.
(錐体機能不全とすれば,明順応障害と見做す)
⑨錐体(-杆体)ジストロフィ錐体機能不全による明順応障害(昼盲と羞明),定型網膜色素変性でも
⑩網膜色素上皮症視細胞層の変調が起きているらしい
⑪中枢性羞明
・本態性眼瞼痙攣:視床の活動亢進,上丘の活動抑制
 ・叉神経痛
 ・片頭痛
 ・脳圧亢進・外傷そのたの頭蓋内病変
 ・同名半盲(後頭葉損傷
⑫原因不明間欠性外斜視(片目つむり),神経症,

 ページ始に戻る 

2019