白 色 瞳 孔

白色瞳孔 leukocoria あるいは amaurotic cat's eye/amaurotisches Katzenauge

§.概  念

白色瞳孔とは眼内(水晶体後方硝子体内あるいは網膜)の混濁組織のため,照明の具合で反射し瞳孔内が赤白く光るもので,別名「黒内障性猫眼」という.
定義は透明な水晶体を通して見た現象であり,「白内障」は 鑑別 に登場するが,白色瞳孔のカテゴリーではない
しかしながら,leukocoria = white pupil という英語圏では白内障を加えた記述がされていることが多いので 注意
(white reflex との表現もあり,これなら原義が伝わりますね.
水晶体に混濁があれば瞳孔は確かに白いが,光る反射は返ってこないハズで,ネコメも起きない.黒内障の形容にも反する,ということで念のため ‥…
尚, white = ギリシャ語 leukós (λευκός)pupil = ギリシャ語 kóre (κόρη),ということで,また各言語のアルファベットにより leukokoria とも綴られるようである.

白色瞳孔を示す代表疾患は次のようである.

網膜芽細胞腫66 %
第1次硝子体過形成遺残17 %
Coats9 %
未熟児網膜症2 %
トキソカリア症・・
網膜・・
§. リ ン ク 
  1. )網膜芽細胞腫 retinoblastoma  

  2. )第1次硝子体過形成遺残 persistent hyperplastic primary vitreous (PHPV)  

  3. Coats(滲出性網膜炎 retinitis exsudativa)  

  4. )未熟児網膜症 retinopathy of prematurity  

  5. )寄生虫肉芽腫症 : 犬蛔虫(トキソカリア)症 toxocariasis など  

  6. )網膜離 retinal detachment  

読み方 Coats こーつ
 
参照 エッセンシャル眼科学 第8版  320ページ網膜離,続発性網膜離,Coats病
324ページ網膜芽細胞腫,白色瞳孔
326ページ未熟児網膜症
331ページ第1次硝子体過形成遺残
332ページCoats病

 ページ始に戻る 

since 2006