病院敷地内全面禁煙のお知らせ
 平成15年5月からの「健康増進法」施行にともない、病院、学校、官公庁、その他多数の人が利用する施設において、禁煙等の措置を講ずるように法制化されました。
 当院では、病院敷地内に喫煙所を設置し分煙方式により喫煙対策を行ってきましたが、ご来院、ご入院の皆様方の健康維持・増進を一番に考えた結果、医療機関としましては、病院敷地内すべての場所における禁煙が望ましいと考え、平成18年4月1日より病院敷地内全面禁煙とすることにいたします。
 なお、どうしても禁煙できない方のために『禁煙指導』も行っています。外来者は内科外来看護師に、入院されている方は病棟看護師にご相談ください。また、トイレや人目につかないところでの喫煙は防火管理上も大変危険ですので、喫煙はくれぐれもご遠慮ください。
 禁煙のルールを守っていただけない患者さんには不本意ではありますが転院を考えていただく場合もあります。
 皆様のご理解とご協力を、よろしくお願いいたします。

禁煙マーク このマークをクリックすると禁煙パンフレットをご覧いただけます。

帝京大学ちば総合医療センター
病院長 和田 佑一

このページのトップへ