1.退行性病変(物質代謝障害

  1. 萎 縮

  2. 変 性

    1. 細胞の変性

    2. 細胞間質の変性

    3. 物質代謝障害

  3. 細胞の死

細胞が傷害されると適応(修復)しようとする.その過程での不可逆変化が退行変性である.

図01病変

■萎縮 atrophy

度は正常に発育した臓器・組織・細胞が,容積の減少を来たす状態.たいていで機能低下を伴う.
種類は単純萎縮と数的萎縮がある.原因により生理的萎縮・廃用萎縮・圧迫萎縮がある.

はじめから正常の大きさに達しないものは低形成 hypoplasia ,高度なものは無形成 aplasia ,原基すらないものが無発生 agenesis である.

■変性 degeneration

傷害を受けた細胞・組織は形態的に変化する.壊死にならない段階・細胞死に至らない程度での所見.異常物質の沈着あるいは正常成分の減小などであるが,機能的には亢進状態になる場合と低下する状態がある.

  1. 細胞の変性

    • 混濁腫脹水腫変性腫脹細胞自体の代表的変性.ミトコンドリアの腫大,小胞体腔の拡張,水分の貯留(水腫),などによる.
    • 粘液変性
    • 硝子滴変性
    • そのた
  2. 細胞間質の変性

    • 硝子あるいはヒアリン変性均質・無構造なタンパク成分の細胞間沈着.硝子変性.
    • 類線維素変性線維素様タンパクが主に膠原線維を変性させる.フィブリノイド変性.
    • アミロイド変性アミロイド蛋白(構造の異常)の細胞間沈着を来たす.遺伝代謝疾患のほか,炎症に続発するものがある.
  3. 物質代謝障害

    • 糖代謝異常
    • 脂肪代謝障害
    • たんぱく質代謝障害
    • 無機質代謝障害
    • 色素代謝障害

☆ 1 細胞間質

細胞と細胞のあいだ(細胞間質)は,支持組織の線維と基質が詰まっている.上皮細胞・血管内皮・筋細胞などにある基底膜 basal lamina や,膠原線維,弾性線維,細網線維があり,基質は無構造でプロテオグリカン(ムコ多糖とタンパクの結合体),ラミニン,フィブロネクチンなど,多糖類とタンパクを含む.
細胞外マトリクス extracellular matrix のこと.

■壊死 necrosis

局部的な,細胞・組織の死.凝固壊死,融解壊死のかたちがある.

壊死巣は,異物として処理される.
小さい部分では.そのまま吸収・修復される場合や,空洞や嚢胞となる場合(要するに穴があく)がある.
皮膚や粘膜では,浅いものはびらん(糜爛),深いものは潰瘍となる.
広い範囲になると,肉芽組織に置き換わる.器質化という.これは瘢痕組織になる.( 1 増殖と修復

■代謝障害 metabolic disorders

@糖代謝異常・・糖尿病,ムコ多糖蓄積症( mucopolysccharidosis )
A脂肪代謝障害・・高脂血症(脂質異常症),肥満,アテローム硬化症,脂質蓄積症( lipidosis ),
Bたんぱく質代謝障害・・
  アミロイドーシス(家族性アミロイドーシス,免疫細胞性アミロイドーシス,反応性アミロイドーシス,など
  フィブリノイド変性
  尿酸(プリン・・核酸の構成成分)代謝障害(痛風
C無機物質代謝障害・・カルシウム 結石 鉄 銅
D色素代謝障害・・メラニン リポフスチン

細胞死 cell death( 1 こちらで

ページのトップへ

2012