医学生の方へ
臨床研修の目指すもの
 平成16年度から2年間の臨床研修の義務化が始まりました。この新たな制度の意義は、また、全ての医師に適切な指導体制や施設の元で一定のレベルの研修を保障することともいえるものです。そして、臓器専門領域に囚われず社会の中にあって現実的に必要な知識、技能そして医師としての態度を習得することを目的とするものであります。すなわち、どのような専門領域あるいは科に進む医師であっても全ての医師が、社会の中でよく遭遇する頻度の高い疾患や病態に対して適切な対応や処置ができるそのような医療体制の中核を確立することを目指しています。そのためにはプライマリーケアを中心とした全人的医療の基本的能力を確立することが初期研修の目的となります。当センターにおける研修はまさにそのような観点からプログラムが作られています。
 当センターの研修理念は「医療をもって社会に貢献できる医師の育成」を掲げており、何のための医師かその目的を明確にしています。そして、行動目標として「医師として不可欠な基本的姿勢、態度を学び、生涯かけて目指すべき医師像を構築し、全人的医療を実現できる基本的診療能力(態度、技能、知識)を体得する。」を挙げ、初期研修において生涯の目標となる医師像の構築ができるような指導医の体制の布陣を敷く予定です。すなわち、研修医が目指すモデルとなる医師が指導医となる予定です。
 そして、当センターの指導体制の特徴としては各科あるいは専門グループ間の垣根が低く横の連携がスムースに行われることです。したがって、自分の所属する科以外の科に関連する病態や疾患についても十分に相談し指導を受けることができます。全人的医療を目的とする研修には大変に恵まれた環境であります。
 そして、当センターは県下随一の救急医療を行っており、平成29年度より救命救急センターの認定を受けました。救急医療を習得する上でも大変に恵まれた環境であります。それは大学病院でありながらも地域に貢献することを最重視した医療を果たしているからこそであります。さらに当センターの研修プログラムの特徴とし2年目には研修医の自由選択による期間が11カ月あり最もやりたいことができるようにあるいは研修終了後に進む予定の科を集中的に研修し、以前のストレート研修と今回のスーパーローテイトを組み合わせた研修も可能にしました。どうか多くの研修医が当センターの臨床研修を受け、医療を持って社会に貢献できる名医と育って行かれることを期待しております。

帝京大学ちば総合医療センター
教育研修委員会委員長 中村 文隆

このページのトップへ