TOP病棟紹介

病棟紹介

集中治療センター(ICU)

病棟の特徴

小児から成人までのあらゆる診療科に対応しています。多くの処置、検査の介助が経験でき、幅広い知識や技術を習得できます。術後管理や人工呼吸器管理、持続透析などの治療を要する重症度の高い患者さんが多く入室する病棟です。多職種と連携しながら質の高い医療、看護を提供できるよう日々取り組んでいます。

身につけられる看護

集中治療領域の看護を学ぶことができます。様々な診療科の術後管理や呼吸ケアを行うことができます。看護体制は2:1で、患者さんにじっくり関わることができます。ACLS(二次救命処置)など専門的な資格を取得しているスタッフが多いので刺激を受けます。

 

普段の現場は明るくここぞという時は一致団結しています。「私たちだからこそできる看護」を目指しています。私たちと一緒に頑張りましょう。

 

救命救急センター(LEC)

病棟の特徴

救急医療を必要とする患者さんを24時間体制で受け入れています。緊急度や重症度は様々ですが、全診療科を対象にしているため広い範囲の知識、技術、迅速な判断が必要であり、 多職種と連携しながら、安心で安全な看護を提供することを目指しています。

身につけられる看護

急性期看護を身につけることができます。BLS(一次救命処置)やACLS(二次救命処置)、緊急の血管内治療・外傷に関してなどの専門知識・技術の習得のため、積極的に学びスキルアップを目指して関わっています。

 

救急看護に熱い思いをもっている病棟です。専門的資格を取得しているスタッフも多く、とても活気があります。明るい雰囲気で楽しく仕事に取り組んでおり、ここぞという時のチームワークには自信があります。「救命救急センターだからできる看護」を目指す私たちと一緒に頑張りましょう。

 

5A病棟(産科・婦人科)

病棟の特徴

産科(妊産褥婦・新生児)と婦人科(女性生殖器疾患)の混合病棟です。産科は、分娩(経腟・帝王切開)、褥婦、新生児ケアをはじめ、糖尿病や高血圧など合併症を有する妊婦、切迫流早産、妊娠高血圧症候群、双胎妊娠などの管理を行っています。婦人科は、手術、化学療法、緩和ケアがあり、それぞれ特有の看護が行われています。

身につけられる看護

助産師としては、普通分娩からリスクの高い分娩や帝王切開を学び、経験することができます。看護師も、母のケアや新生児のケアを行うため、分娩に関しても学ぶことができます。助産師・看護師ともに、婦人科の周術期の看護、がん看護、緩和ケア、終末期看護など、幅広い領域を学ぶことができます。

 

保健師、助産師、看護師が、みんなで協力してよりよい看護が提供できるように、日々努力しています。生命の誕生から終末期まで、さまざまな看護があり、笑顔の時ばかりではありませんが患者さんにベストな看護を行うことを目標にみんなで頑張っています。和気あいあいとして、ほんわかした雰囲気の病棟です。

 

5B病棟(小児科)

病棟の特徴

2016年7月より小児と内分泌内科の混合病棟になりました。小児は生まれたばかりの赤ちゃんから15歳の中学生までの患者さんが入院してきます。小児科では、気管支喘息や肺炎や白血病、川崎病などの小児に特徴的な疾患が、また、耳鼻科や形成外科では手術目的で子供たちが入院してきます。内分泌内科は主に、糖尿病患者が入院するため、患者さんへ疾患に対する教育や指導を実施しています。

身につけられる看護

小児は痛みや辛さなど正確に声に出して伝えることが難しいので、観察することがとても大切になるので観察する力が特に身につきます。また、複雑な家庭環境や障害を持った児も多く、地域との連携についても学ぶことができます。内分泌内科では、糖尿病についての知識を深めることができ、糖尿病療養指導士などの資格を取ることもできます。

 

子どもたちが怖がらないように、白衣ではなくカラフルなデザインのユニフォームを着用したり、病棟内のさまざまなところに季節に合った飾りつけを行っています。また、クリスマス会などの季節行事も行っています。子どもの成長発達にあった看護をみんなで考え、よりよい看護ができるように頑張っており、笑顔が絶えない病棟です。

 

7A病棟(外科・消化器外科・乳腺甲状腺外科)

病棟の特徴

消化器外科・乳腺甲状腺外科の病棟です。手術や化学療法、放射線療法を受ける患者さんのケアを行っています。手術を安心して受けられるように、外来から入退院支援を行っています。

身につけられる看護

周術期看護を習得することができます。患者さんが安心して社会復帰できるようなかかわりを学ぶことができます。

 

患者さんが安全に手術が受けられるよう準備しています。手術後、回復していく患者さんをそばで見守り、一緒に頑張っていくことができるのでやりがいを感じています。

 

9B病棟(循環器内科・血液リウマチ科・心臓血管外科)

病棟の特徴

とても活気のある病棟です。循環器内科や心臓血管外科の看護は、検査・手術前後のサポートをとても大切にしています。多職種と協働しながら「思いやりとやさしさ」をもって患者に寄り添う看護を目指しています。また、血液リウマチ科では化学療法や移植治療を行う長期入院の患者さんを支えています。

身につけられる看護

心電図・術後管理など急性期における看護を身につけることができます。また、在宅療養へ移行する患者さんも多いため、医師・訪問看護師・リハビリテーションスタッフ・ソーシャルワーカーなど多職種での退院支援活動を学ぶことができます。

 

忙しい中でもスタッフみんなで声を出し合い協力しています。明るく元気いっぱいの楽しい病棟です。子育て中のスタッフも多く、助け合いながら日々の看護を行っています。

 

手術室

病棟の特徴

子どもから高齢者まで、幅広い年齢層の患者さんがいます。外科、泌尿器科、婦人科などの診療科と腹腔鏡下手術や帝王切開、脳腫瘍の摘出などの手術を行っています。特殊な症例として、ドナーの臓器摘出や外科・泌尿器科の合同手術なども行っています。

身につけられる看護

手術室に来られる患者さんは、不安でいっぱいです。手術室看護師は、そのような患者さんに少しでも安心して手術を受けてもらえるように関わっています。幅広い年齢層の患者さんがいらっしゃるので、術前訪問に行く時は、入室時にその患者さんに合わせた声がけをしています。また、音楽をおかけするなどして、不安の軽減に努めています。

 

ここでは、一人ひとりのペースに合わせた進みで、技術を習得できます。また、段階をふんで手術につかせていただくため、確実に学ぶことができます。不安や分からないこと、困ったことがあった時に、いつでも相談できる先輩たちがたくさんいるので安心して働くことができます。ぜひ私たちと一緒に働きましょう!