部門・担当医紹介
リハビリテーション部
  • 1.特色
     当センターは、中央診療部門として急性期リハビリテーションに力を入れており、ICUや一般病棟において早期よりリハビリ診療を行っています。脳卒中、脳外傷、四肢骨折に加えて一般外科手術後、重症内科疾患などの広範囲の疾患や障害に対して身体機能・認知機能や社会的状況の側面から、リハ専門医・理学療法士・作業療法士・ソーシャルワーカーによる診療が行われています。
     近年、高齢化に伴って重複疾患を有した患者さんが増加しています。これまで以上に各患者さんに合わせたリハビリプログラムの提供が必要であり、当センターにおいても多様な疾患と生活を見据えた訓練を実施しております。
     入院当日より様々な疾患に対して全身状態のリスク管理のもとに発症から3日以内にリハビリ訓練が開始され、言語障害や嚥下障害が併発した場合は言語聴覚士や看護師と協力して対応しております。心疾患に対しては運動耐容能評価に基づいた活動量の提案や再発予防のための生活指導をおこない、また、呼吸器疾患に対しては日常生活の場面に合わせて在宅酸素療法の検討や自宅でのホームプログラムの指導を実施しています。
     退院が近くなると家族や介護者と一緒に訓練するプログラムも組み込まれており、更にリハビリが必要な場合は地域の病院や老健施設などの転帰先を紹介しております。
     当院センターでは直接自宅退院となる患者さんも多いため、入院の早期から病棟スタッフに加えてケアマネージャーとも連携し、退院支援に力を入れています。また、必要に応じて理学療法士や作業療法士が退院時訪問指導をおこない、自宅で安全に生活できるような環境設定を提案しています。さらに訪問リハビリテーションもおこない、地域医療の拡充にも貢献しています。

  • 2.施設基準
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅰ、運動器リハビリテーション料Ⅰ、呼吸器リハビリテーション料Ⅰ

  • 3.スタッフ
  • リハビリテーション科専門医2名、理学療法士13名、作業療法士11名、言語聴覚士3名(耳鼻科所属)、ソーシャルワーカー4名(事務部)

  • 4.設備
  • 運動療法で使用する機材
     自転車エルゴメーター、車椅子用エルゴメーター、平行棒、トレッドミル、
     反重力トレッドミル、測定機能付自力運動訓練装置(CYBEX)
  • 物理療法で使用する機材
     ホットパック・アイスパック・低周波治療機器・渦流浴装置、極超短波治療装置
  • その他
     装具療法、立位バランス測定装置、タッチパネル式高次脳機能訓練装置、
     体圧分布測定器重心動揺計

  • 5.その他
     特殊外来として、特別に装具診(火曜日午前)、義肢診(水曜日午前)を設けており、呼吸器内科と協力した呼吸リハビリテーションを行っています。認知症や軽度認知障害を有する患者の家族に対して、物忘れ外来での診療や嚥下障害を有す患者に対する嚥下内視鏡造影検査も行っております。外来診療は予約制ですので、電話でリハビリ外来受付にご予約ください。

~2015年度~
診療実績

処方数
 入院 2,469件
 外来 322件
 合計 2,791件
教育について
リハビリテーション科:整形外科BSL2週間のうち半日
リハビリテーション部:帝京関連リハビリテーション養成校から年間9名、その他見学実習7名
研究について
  • 学会発表
  • 1.村上峰子:当院リハビリテーション部における高齢者の退院支援の現状と課題~地域包括ケアシステム構築の観点から~
    日本リハビリテーション医学会学術集会
  • 2.蒲池美貴子:在宅酸素療法導入による患者の社会参加の変化
    千葉県作業療法学会
  • 3.水野陽仁腱板断裂手術例における中高年のスポーツ再開時期に関わる因子の検討
    日本作業療法学会

研究中のテーマ
  • 肝腫瘍切除後のリハビリテーションによる身体状況の変化
  • 腱板断裂手術例における中高年のスポーツ再開時期に関わる因子の検討
  • 慢性閉塞性肺疾患患者の機能低下因子の検討
  • 座面センサを用いた褥瘡リスクの検討
このページのトップへ