E-newsletter


    帝京SPHは100名以上の在学生・卒業生・教員から構成される1つのチームであり、お互いを知る機会を多く設けています。
    その機会のひとつとして、2019年4月から、毎月を目標にe-newsletterが配信されることになりました。在校生や卒業生、教員間のコミュニケーションのための場として既存のSPHメンバー専用メーリングリスト、オリジナルサイト、Facebook等だけでなく、このe-newsletterもぜひ活用してください。
    積極的な情報提供や企画の提案などお待ちしています。

  • No. 6

    2019年9月20日発行
    ▼新着ニュース
    ▼MPH9期生 野村洋介さん(薬剤師)がアスヤクLaboからキャリアに関するインタビューを受けました。
    https://asuyaku.jp/pharmacist/interview/detail25/
    ----------------------------------------------------------------

    ▼MPH6期修了生 藤本健一さんが、崎坂香屋子准教授、谷原真一客員教授の指導のもと、「アレルギーの臨床」に寄稿。
    テーマは我が国における花粉症の有病率と経済損失に関する研究の現状と課題。
    http://hokuryukan-ns.co.jp/cms/books/%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%82%ae%e3%83%bc%e3%81%ae%e8%87%a8%e5%ba%8a%e3%80%802019%e5%b9%b48%e6%9c%88%e5%8f%b7/
    ----------------------------------------------------------------

    ▼MPH4期修了生 和田真一さんが「主体性回復を促す周囲のかかわり方」の論文を発表。
    当該論文: http://square.umin.ac.jp/jjcrs/2019_e.html
    解説記事: http://aoikaimoriyamarehab.blog.jp/archives/20018667.html
    ----------------------------------------------------------------

    ▼DrPH2年生天野方一さん(医師)が雇用形態により体内のアディポネクチン値が異なることを報告。
    共同研究者はMPH6期修了生 白川良美さん。
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31358891
    ----------------------------------------------------------------


    ◇◆SPHの実践・社会活動(2019年8月)◇◆

    ▼2019年8月31日(土) 、高橋謙造教授が大会長として第3回日本国際小児保健学会を開催。
    http://jicha.jp/
    ----------------------------------------------------------------

    ▼2019年8月30日(金) 、福田吉治教授・研究科長が長崎県保険者協議会による令和元年度「標準的な健診・保健指導プログラム」に関する研修会にて講演。
    テーマは効果的な保健指導のための行動変容の理論と実際について。
    ----------------------------------------------------------------

    ▼2019年8月22日(木)、福田吉治教授・研究科長が令和元年度第1回「ME-BYOサミット神奈川」実行委員会にて講演。
    テーマは健康づくりにおける行動経済学の応用。
    http://www.pref.kanagawa.jp/docs/mv4/prs/r9764071.html
    ----------------------------------------------------------------

    ▼2019年8月13日(火)〜16日(金)、矢野栄二客員教授・初代研究課長がタイ・チュラロンコン大学大学院において基礎疫学の講義とセミナーを実施。
    ----------------------------------------------------------------

    ▼2019年8月4日(日) 、福田吉治教授・研究科長が大阪大学で開催された公衆衛生セミナーにて健康格差と健康行動について講義を担当。
    ----------------------------------------------------------------

    ▼2019年6月15日(土)、福田吉治教授・研究科長が2019年度産業医科大学 産業医科基本講座(東京開催)において、社会的決定要因に関する講義を担当。
    同講座において、桑原恵介講師が7月30日(火)に疫学の講義、8月3日(土)に疫学の実習を担当。
    ----------------------------------------------------------------


    ◇◆ハーバード大学留学記◇◆

    DrPH2年生の天野方一と申します。この度、2018年9月から2019年8月までの約1年間、米国Massachusetts州Bostonにあります Harvard T.H. Chan School of Public Healthのイチロー・カワチ先生の下で研究留学をさせていただきました。 研究では「ワークエンゲージメント」つまり従業員の仕事に対する充実感や就業意欲の向上に着目しました。その結果、Harvard T.H. Chan School of Public Healthにおける研究で、「ワークエンゲージメントを上げることで、仕事の成果のみならず、従業員の健康をも向上しうる」ことを発見いたしました。従業員の充実感・就業意欲を上げることが、彼らの健康にも繋がるとしたら、これほどの好循環はありません。
    アメリカ生活の開始当初は戸惑いの連続ではありましたが、この1年間は私にとってかけがえのない経験や糧を得ることができた期間でありました。
    (文責:DrPH2年生 天野方一)
    ※10月3日(木)12:15〜13:00開催のドクターズセミナーで留学報告を行います。
    ----------------------------------------------------------------

    ◇◆学生活動報告◇◆

    ▼Nudge遠足

    2019年8月26日(日)、Nudge遠足を開催しました。
    Nudge遠足とは帝京SPHのメンバーを中心に医療者のみならず、非医療者も含めた多職種で行動経済学的なアプローチを、あらゆるフィールドで探索し、発見された事案から医療やヘルスケア、公衆衛生の場面にて活かせるナッジ(行動経済学的なアプローチ)を考案する取り組みです。
    今回は、都内某テーマパークで「子どもの視点からのナッジ」をテーマに実施しました。この日も、子どもの心を動かすナッジが数多く発見され、見つけたナッジから、あらゆる環境で活かせるナッジが創りだされました。
    (文責:MPH1年生 野村洋介)
    https://www.facebook.com/teikyoSPH/posts/933965363604796
    ----------------------------------------------------------------

    ◇◆学会参加報告◇◆

    ▼第3回日本国際小児保健学会 学術大会

    8月31日(土)、帝京大学板橋キャンパスにて「第3回日本国際小児保健学会学術大会」(大会長:高橋謙造教授)が開催されました。
    今回のテーマは「子どもの権利条約と国際小児保健」でした。

    本学の高橋謙造教授の基調講演「SDGsの時代:誰一人取り残さないための、小児保健の役割」で開幕し、子どもの権利条約を再考することの重要性について述べられました。

    午後のシンポジウムでは、子どもの権利条約の4要因:生きる権利、育つ権利、守られる権利、参加する権利、について具体的なお話を聞くことができました。
    (文責:MPH1年生 水谷真一郎)
    https://www.facebook.com/teikyoSPH/posts/930180660649933
    ----------------------------------------------------------------

    ▼第20回運動疫学セミナー
    8月31日(土)〜9月2日(月)、帝京大学箱根セミナーハウスにて、日本運動疫学会主催「第20回運動疫学セミナー」が開催されました。全国から受講生と講師合わせて51名が集いました。帝京SPHからは、桑原恵介講師とMPH2年の山田卓也が会場係として参加しました。様々なバックグランドの方々が身体活動の計測方法や疫学研究の進め方を座学やグループワークをとおして学びました。
    (文責:MPH2年生 山田卓也)
    https://www.facebook.com/teikyoSPH/posts/928137807520885
    ----------------------------------------------------------------


    ◇◆SPHの新着論文◇◆
    ▼東京都心部の大規模な鉄道駅に位置するクリニックにおける小児患者の特徴(高橋謙造教授の共同研究。2019年8月出版)
    Demographic and geographical characteristics of pediatric patients presenting to a convenient clinic at a large railway station in a metropolitan area of Tokyo.

    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31415398

    ----------------------------------------------------------------

    ▼小児ネフローゼ症候群の非侵襲的代用マーカーとしてのプロスタグランジンE尿中主要代謝物(松浦正明教授の共同研究。2019年8月出版)
    Prostaglandin E-major urinary metabolite as a noninvasive surrogate marker for infantile necrotizing enterocolitis.
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30291024
    ----------------------------------------------------------------

    ◇◆今後のイベント・お知らせ◇◆

    ▼帝京大学医学総合図書館主催 医中誌Web/EndNote利用講習会
    ----------------------------------------------------------------

    ▼第6回地域保健研究会
     日時:2019年9月23日(月・祝)12:30〜昼食、13:00〜発表
    場所:帝京大学板橋キャンパス大学棟本館6階公衆衛生集会室
    ----------------------------------------------------------------

    ▼講演会「米国における初期のAIDS史からの教訓」
    日時:2019年9月27日(金)12:20〜13:20
    場所:帝京大学大学棟本館5階504教室(薬学セミナー室)
    講師:Dr James W. Curran (エモリ―大学公衆衛生大学院・院長)
    主催:帝京大学大学院公衆衛生学研究科

    ▼GLOBAL FESTA JAPAN 2019
     日時:2019年9月28 日(土)〜9月29日(日)10:00〜17:00
    場所:お台場センタープロムナード  主催:グローバルフェスタJAPAN2019実行委員会
     http://www.gfjapan2019.jp/
    昨年度の様子:https://www.teikyo-u.ac.jp/campus_news/itabashi/2018/1006_7726.html

    ----------------------------------------------------------------

    ▼第2回SPH入学説明会
     日時:2019年12月7日(土)9:30〜12:30
     場所:板橋キャンパス大学棟本館5階504教室(薬学セミナー室)
    ----------------------------------------------------------------

    ▼第2回SPHホームカミングデー
     日時:2019年12月21日(土)15:00〜17:00
     場所:板橋キャンパス大学棟本館5階504教室(薬学セミナー室)
    ----------------------------------------------------------------

    ==== 就職関連情報 ====================================

    ==== 研究助成 ========================================

    ━【関連団体などからのお知らせ・イベント】━━━━━━━━━━━━━━━━

  • No. 5

    2019年8月16日発行
    ▼新着ニュース
    7月30日(火)、国際保健学概論にて世界保健機関 医官(Medical officer, World Health Organization, Switzerland) 錦織信幸先生がご登壇。
    前月の6月25日(火)には国立国際医療研究センター小玉千織先生が世界の感染症対策についてフィールドでの健康危機管理のご経験に基づきご講演。
    ----------------------------------------------------------------

    ▼7月20〜21日、日本災害医療薬剤師学会第8回学術大会において、2018年度MPH修了生 桑名由佳さん(薬剤師)がシンポジウムを企画。
    シンポジストとしても登壇。
    MPH課題研究の結果を中心にまとめた報告書「薬剤師職能に期待される災害時避難所の衛生管理に関する研究」を崎坂香屋子准教授との共著で発行、会場にて配布。
    ----------------------------------------------------------------

    ▼7月14〜18日、ベルギーで開催されたThe 40th Annual Conference of the International Society for Clinical Biostatisticsにおいて、2018年度MPH修了生 小林康磨さん(麻酔科医)がMPH課題研究で得られた成果の一部を発表。

    Kobayashi Y, Yamaoka K.
    An epidemiological study of the effect of Intraoperative Hypotension on Postoperative Acute Kidney Injury.
    The 40th Annual Conference of the International Society for Clinical Biostatistics, Leuven (Belgium), 14-18, July, 2019
    ----------------------------------------------------------------

    ▼6月29〜30日、MPH7期修了生 小笠原佑吏さんが東京大学で開催された第28回日本健康教育学会学術大会において発表。
    内容は大腸がん検診受診率向上のための健康メッセージに関するクラスター無作為化比較試験の成果。
    共同演者はDrPH2年生 天野方一さん・小川留奈さんと福田吉治教授・研究科長。
    ----------------------------------------------------------------

    ▼7月2日、保健政策学特論にて総合診療ERセンター 金城 謙太郎教授が総合診療と地域包括ケアについて、これからの医療の在り方という視点からご講演。
    ----------------------------------------------------------------

    ◇◆SPHの実践・社会活動(2019年7月)◇◆

    ▼7月31日(水)、福田吉治教授・研究科長が長野県自治会館で開催された長野県保険者協議会トップセミナーで「データヘルス時代に向けて医療保険者に求められるもの」をテーマに講演。
    ----------------------------------------------------------------

    ▼7月13日〜15日、2019年度東京都医師会・帝京大学医師会 産業医研修会(基礎コース)が開催。
    福田吉治教授・研究科長、矢野栄二客員教授、高橋謙造教授、津田洋子講師が認定産業医を希望する医師を対象に研修。
    ----------------------------------------------------------------

    ▼7月20日〜24日、博士後期課程3年生 尾崎章彦さんが、災害の健康影響に関して英国エジンバラ大学社会政治学教室の教員Abeysinghe先生らと打ち合わせ。
    今年12月11〜13日に、災害の健康影響に関する国際会議をエジンバラ大学で開催予定。
    ----------------------------------------------------------------

    ◇◆SPHの新着論文◇◆

    ▼アジア地域における地球温暖化と都市化による日本脳炎の流行域拡大と予防接種プログラム普及の必要性について(高橋謙造教授の共同研究。2019年7月出版)。
    Flourishing Japanese Encephalitis, Associated with Global Warming and Urbanisation in Asia, Demands Widespread Integrated Vaccination Programmes
    https://www.annalsofglobalhealth.org/articles/10.5334/aogh.2580/
    ----------------------------------------------------------------

    ▼2016年の日本の手術における資源利用状況について
    (中田善規教授、MPH4期生渡邉雄一さん、成松宏人非常勤講師、大嶽浩司客員教授の共同研究。2019年7月出版)。
    Japanese surgical resource utilization in 2016
    https://www.emerald.com/insight/content/doi/10.1108/IJHCQA-07-2018-0170/full/html
    ----------------------------------------------------------------

    ▼日本の2型糖尿病患者におけるヘルスリテラシーレベルと患者報告アウトカムとの関連
    (石川ひろの教授の共同研究。2019年7月出版)。
    The association between health literacy levels and patient-reported outcomes in Japanese type 2 diabetic patients
    https://journals.sagepub.com/doi/full/10.1177/2050312119865647
    ----------------------------------------------------------------

    ▼本人のヘルスリテラシーレベルと家族のヘルスリテラシーレベルの関連
    (石川ひろの教授の共同研究。2019年7月出版)。
    Association of Health Literacy Levels Between Family Members
    https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fpubh.2019.00169/full
    ----------------------------------------------------------------
    ▼スリランカにおいて、青少年クラブのメンバーを地域の健康を推進する担い手として育成し、地域住民の生活習慣に1年間介入してもらった結果
    (桑原恵介講師の共同研究。2019年7月出版)。
    The effect of youths as change agents on cardiovascular disease risk factors among adult neighbours: a cluster randomised controlled trial in Sri Lanka
    https://bmcpublichealth.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12889-019-7142-1
    ----------------------------------------------------------------

    ▼ハイリスクグループを対象とした生活習慣変容プログラムの2型糖尿病発症予防効果に関するネットワークメタアナリシス
    (山岡和枝教授、根本明日香講師、丹後俊郎客員教授の共同研究。2019年7月出版)。
    Comparison of the Effectiveness of Lifestyle Modification with Other Treatments on the Incidence of Type 2 Diabetes in People at High Risk: A Network Meta-Analysis
    https://www.mdpi.com/2072-6643/11/6/1373
    ----------------------------------------------------------------

    ▼性別にみた東日本大震災後の心理的ストレスに関連する要因
    (井上まり子准教授、山岡和枝教授、DrPH修了生松本祥子さんらが加わった共同研究。2019年7月出版)。
    Gender-based risk and protective factors for psychological distress in the mid-term recovery period following the Great East Japan Earthquake
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30152310
    ----------------------------------------------------------------

    ▼若手疫学者のためのネットワークの世界的な現状やその活動内容の実態調査結果 (桑原恵介講師の共同研究。2019年7月出版)。
    Networks for early career epidemiologists around the world: the current status and future directions
    https://academic.oup.com/ije/article/48/3/1021/5475783
    ----------------------------------------------------------------

    ▼HPVワクチン問題が日本で生じた前後の新聞記事の比較
    (石川ひろの教授の共同研究。2019年7月出版)。
    Newspaper coverage before and after the HPV vaccination crisis began in Japan: a text mining analysis
    https://bmcpublichealth.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12889-019-7097-2
    ----------------------------------------------------------------

    ▼インフルエンザワクチン反対派・賛成派のウェブサイトの比較
    (石川ひろの教授の共同研究。2019年7月出版)。
    Japanese anti- versus pro-influenza vaccination websites: a text mining analysis.
    https://academic.oup.com/heapro/article/34/3/552/4951811 ----------------------------------------------------------------


    ◇◆今後のイベント・お知らせ◇◆

    ▼第2回帝京大学研究交流シンポジウム
     日時:2019年8月27日(火)
     場所:板橋キャンパス
    ----------------------------------------------------------------

    ▼第3回日本国際小児保健学会 学術大会
     テーマ:子どもの権利条約と国際小児保健
     日時:2019年8月31日(土)10:00〜17:00  場所:板橋キャンパス大学棟本館2階201教室
    http://www.jicha.jp/
    ----------------------------------------------------------------

    ▼2019年度特別公開講義 疫学に関する学術論文の書き方のポイント 基礎編
    日程:2019年9月7日(土)09:00〜17:00
    場所:板橋キャンパス大学棟本館2階201教室
    共催:日本疫学会疫学の未来を語る若手の会
    http://www.med.teikyo-u.ac.jp/~tsph/public_lecture_series.html
    ----------------------------------------------------------------

    ▼第6回地域保健研究会
     日時:2019年9月23日(月・祝)12:30〜昼食、13:00〜発表
    場所:帝京大学板橋キャンパス大学棟本館6階公衆衛生集会室
    ----------------------------------------------------------------

    ▼(出展予定)GLOBAL FESTA JAPAN 2019
     日時:2019年9月28 日(土)〜9月29日(日)10:00〜17:00
    場所:お台場センタープロムナード  主催:グローバルフェスタJAPAN2019実行委員会
     http://www.gfjapan2019.jp/
    昨年度の様子:https://www.teikyo-u.ac.jp/campus_news/itabashi/2018/1006_7726.html

    ----------------------------------------------------------------

    ▼第2回SPHホームカミングデー
     日時:2019年12月21日(土)15:00〜17:00
     場所:板橋キャンパス大学棟本館5階504教室(薬学セミナー室)
    ----------------------------------------------------------------

    ==== 就職関連情報 ====================================

    ==== 研究助成 ========================================

    ━【関連団体などからのお知らせ・イベント】━━━━━━━━━━━━━━━━

  • No. 4

    2019年7月19日発行
    ▼ニュース
    ▼第22回日本運動疫学会学術総会(小熊祐子 大会長)において、桑原講師らの発表が最優秀演題賞に選出。
    http://jaee.umin.jp/meeting.html
    ----------------------------------------------------------------

    ◇◆SPHの実践・社会活動(2019年6月)◇◆

    ▼2019年6月26日付の読売新聞に福田吉治教授・研究科長によるナッジ理論に関するコメントが掲載。
    https://www.yomiuri.co.jp/life/20190625-OYT8T50101/
    ----------------------------------------------------------------

    ▼博士後期課程3年生 尾崎章彦さんらが、今年4月にエジンバラの社会学者と開催したイベントでの議論についてまとめた成果がQJMに掲載。
    https://academic.oup.com/qjmed/advance-article-abstract/doi/10.1093/qjmed/hcz165/5523863
    ----------------------------------------------------------------

    ▼堀内清華 前助教(現 DrPH3年生)が世界保健機関(WHO)と国際連合児童基金(UNICEF)が共同で組織する子どもの健康指標改定のための技術諮問グループにアジアからの数少ない専門家の一人として参画。
    2018年11月にジュネーブで開催されたその第1回会議の報告書が公開。
    https://www.who.int/data/maternal-newborn-child-adolescent/chat
    https://www.who.int/docs/default-source/mca-documents/advisory-groups/chat/meeting-report-chat-2018-meeting-1--final.pdf
    ----------------------------------------------------------------

    ▼2019年6月12日(水)、福田吉治教授・研究科長、滋賀県国保・保健事業担当課(係)長・保健師合同研修会において、保健事業を効果的にするための評価の考え方と実際について講演。
    ----------------------------------------------------------------

    ▼2019年6月1日(土)、福田吉治教授・研究科長が、長崎県市町村保健師会の主催する令和元年度長崎県市町村保健師会研修会において、ナッジ理論に基づいた行動変容のためのアプローチについて講演。
    ----------------------------------------------------------------

    ◇◆SPHの新着論文◇◆

    ▼日本人におけるヘルスリテラシーと保健医療サービス(健康診断やがん検診など)利用との関連に関する実態調査。(石川ひろの教授の共同研究。2019年6月出版)。
    https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2211335519300099
    ----------------------------------------------------------------

    ◇◆今後のイベント・お知らせ◇◆

    ▼第3回帝京国際サマースクール
    1)Healthcare Management
      2019年7月19日(金)〜22日(月)
      板橋キャンパス大学棟本館3階308教室、2階208教室
    2)Universal Health Coverage & Aging Society
      2019年7月22日(月)〜27日(土)
      板橋キャンパス大学棟本館1階101教室、5階504教室
      http://www.med.teikyo-u.ac.jp/~tsph/summer_school_2019.html
    ----------------------------------------------------------------

    ▼第3回地域保健研究会主催 第3回視察旅行
     日時:2019年7月28日(日)〜29日(月)
    集合場所:都内(他は要相談)
    行先:福島県浪江町
    テーマ:福島第一原子力発電所見学
    ----------------------------------------------------------------
    ▼2019年度MPH課題研究 研究計画・中間報告会
     日時:2019年8月1日(木)終日
     場所:板橋キャンパス大学棟本館5階504教室(薬学セミナー室)
    ----------------------------------------------------------------

    ▼第2回帝京大学研究交流シンポジウム
     日時:2019年8月27日(火)
     場所:板橋キャンパス
    ----------------------------------------------------------------

    ▼第3回日本国際小児保健学会 学術大会
     テーマ:子どもの権利条約と国際小児保健
     日時:2019年8月31日(土)10:00〜17:00
     場所:板橋キャンパス大学棟本館2階201教室
     http://www.jicha.jp/
    ----------------------------------------------------------------

    ▼2019年度特別公開講義 疫学に関する学術論文の書き方のポイント 基礎編
     日程:2019年9月7日(土)09:00〜17:00
     場所:板橋キャンパス大学棟本館2階201教室
     共催:日本疫学会疫学の未来を語る若手の会
     http://www.med.teikyo-u.ac.jp/~tsph/public_lecture_series.html
    ----------------------------------------------------------------

    ▼第6回地域保健研究会
     日時:2019年9月23日(月・祝)12:30〜昼食、13:00〜発表
    場所:帝京大学板橋キャンパス大学棟本館6階公衆衛生集会室
    ----------------------------------------------------------------

    ▼第2回SPHホームカミングデー
     日時:2019年12月21日(土)15:00〜17:00
     場所:板橋キャンパス大学棟本館5階504教室(薬学セミナー室)
    ----------------------------------------------------------------

    ▼就職関連情報

    ▼研究助成

    ▼関連団体のイベント

  • No. 3

    2019年6月25日発行
    ▼ニュース
    ▼第2回JUAA公衆衛生大学院ワークショップにパネリストとして福田吉治教授・研究科長が参加。帝京SPHのブースも出展。
    https://www.juaa.or.jp/news/detail_590.html
    ----------------------------------------------------------------

    ▼MPH4期修了生 和田真一さん(リハビリテーション科医)が在学中に遂行した、中途障害者の主体性回復に関する研究成果がJapanese Journal of Comprehensive Rehabilitation Scienceに掲載。
    http://square.umin.ac.jp/jjcrs/2019_e.html

    和田さんによる解説。
    http://aoikaimoriyamarehab.blog.jp/archives/18217503.html
    ----------------------------------------------------------------

    ▼福田吉治教授・研究科長、加藤美生助教、DrPH2年生 小川留奈さん(医療ライター)が、東京都国民健康保険団体連合会主催 第1回保健事業支援研修会において、「受診率アップ! 成果につながる受診勧奨通知の作り方」と題して講演。
    同研修会のグループワークでは、小川さんが主となってグループワークをマネジメント。
    ----------------------------------------------------------------

    ▼桑原講師が第92回日本産業衛生学会にて第4回若手論文賞を受賞。
    http://johrn.net/previous_winners
    受賞論文
    https://www.jstage.jst.go.jp/article/jea/28/7/28_JE20170024/_article/-char/en
    ----------------------------------------------------------------

    ▼卒業生メッセージとしてMPH2018年度修了生 美ア 定也さん、春日 聖未さんからのメッセージを追加。
    http://www.med.teikyo-u.ac.jp/~tsph/message.html
    ----------------------------------------------------------------

    ▼SPHの実践・社会活動
    ▼福田吉治研究科長・教授による健康づくりにおける行動経済学の応用についての連載と、MPH修了生 村山洋史さんによるつながりと健康に関する連載の5月掲載記事。
    http://www.health-net.or.jp/syuppan/kenkozukuri/saishin_pdf/kenkozukuri201905.pdf
    ----------------------------------------------------------------

    ▼石川ひろの教授の患者とのコミュニケーション困難事例と対処法に関する長期連載の最終回が日経メディカルに掲載。
    https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/series/badcomi/201905/560734.html
    https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/series/badcomi/201905/560948.html
    ----------------------------------------------------------------


    ▼SPHの研究(3月〜4月)
    ▼岡山県における5歳未満の子どもの不慮の事故による死亡の実態(山本秀樹教授の共同研究。2019年4月出版)。
    http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/ja/journal/amo/73/2/article/56647
    ----------------------------------------------------------------

    ▼将来の2型糖尿病発症に関連する血中アミノ酸は何か。(桑原講師の共同研究。2019年5月出版)。
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31065046
    ----------------------------------------------------------------

    ▼新入生メッセージ

    ▼今後のイベント・お知らせ
    ▼第5回地域保健研究会
    日時:2019年6月30日(日) 12:30〜
    場所:板橋キャンパス大学棟本館6階
    ----------------------------------------------------------------

    ▼SPH入試説明会
    日時:2019年7月6日(土)09:30〜12:30
    場所:板橋キャンパス大学棟本館5階504教室(薬学セミナー室)
    ----------------------------------------------------------------

    ▼第3回帝京国際サマースクール
    1)Healthcare Management
    2019年7月19日(金)〜22日(月)
    板橋キャンパス大学棟本館2階208教室
    2)Universal Health Coverage & Aging Society
    2019年7月22日(月)〜27日(土)
    板橋キャンパス大学棟本館
    http://www.med.teikyo-u.ac.jp/~tsph/summer_school_2019.html
    ----------------------------------------------------------------

    ▼第3回地域保健研究会修学旅行
     日時:2019年7月28日(日)〜29日(月)
    集合場所:都内(他は要相談)
    行先:福島県浪江町
    テーマ:相馬野馬追を見学し、日本のエネルギー政策を考える
    ----------------------------------------------------------------

    ▼2019年度MPH課題研究 研究計画・中間報告会
      日時:2019年8月1日(木)
    ----------------------------------------------------------------

    ▼就職関連情報

    ▼研究助成

    ▼関連団体のイベント

  • No. 2

    2019年5月17日発行
    ▼ニュース
    ▼2019年5月から、渋谷 克彦先生(前 LINE株式会社産業医)が、講師として着任。
    ----------------------------------------------------------------

    ▼MPH修了生 森岡沙代子さんとMPH・DrPH修了生 磨田百合子それぞれが日本産業看護学会 福田笑子研究助成基金の2019年度研究助成を獲得。
    http://www.jaohn.com/fukudaemikokikin
    ----------------------------------------------------------------

    ▼台北医学大学の教員・学生一団と帝京大学大学院公衆衛生学研究科教員・学生が交流。
    https://www.teikyo-u.ac.jp/campus_news/itabashi/2019/0415_8187.html
    ----------------------------------------------------------------
    ▼SPHの実践・社会活動
    ▼2019年4月15〜17日、DrPH3年生 尾崎章彦さんが中心となり、英国の研究者を福島県に招いて、災害研究に関する3日間にわたるワークショップが開催。
    http://www.med.teikyo-u.ac.jp/~tsph/
    ----------------------------------------------------------------

    ▼メディアと医療をつなぐ会世話人代表の加藤美生助教がコーディネートした、日本放送作家協会主催「作家のマナビバ〜医療編」に渡邊清高准教授(兼担)が腫瘍内科医として講演。
    https://www.hosakkyo2012.jp/放作協-特別セミナー-new/4-13がんと向き合うときドラマが始まる/
    ----------------------------------------------------------------

    ▼学部新入生に対する喫煙防止教育(福田吉治教授・研究科長担当)で、DrPH学生の齋藤宏子さん、小川留奈さん、MPH学生の鈴木健太さんが健康教育の実践トレーニングとしてたばこについての講話を担当。
    ----------------------------------------------------------------

    ▼福田吉治教授・研究科長が、行動経済学の観点から考えた健康無関心層へのアプローチについて講演。
    https://seminar.jpc-net.jp/detail/mhr/seminar009621.html
    ----------------------------------------------------------------

    ▼公益財団法人 健康・体力づくり事業財団の広報誌 月刊「健康づくり」平成31年4月号から、福田吉治研究科長・教授による健康づくりにおける行動経済学の応用についての連載記事が掲載。また、同誌にMPH修了生 村山洋史さんによるつながりと健康に関する記事も掲載。
    http://www.health-net.or.jp/syuppan/kenkozukuri/backnumber/r01.html
    ----------------------------------------------------------------

    ▼SPHの研究(3月〜4月)
    ▼バングラデシュにおける社会経済要因と母親の過剰栄養および児の低栄養との断面的な関連について(崎坂香屋子准教授の共同研究。2019年4月出版)。
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29691487
    ----------------------------------------------------------------

    ▼糖尿病予備群の労働者18,172名における3年間の残業時間のパターンと糖尿病発症リスク(桑原講師の共同研究。2019年4月出版)。
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30742872
    ----------------------------------------------------------------

    ▼日本の労働者50,195名における喫煙および禁煙と聴力低下リスクとの関連について(桑原講師の共同研究。2019年4月出版)。
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29547985
    ----------------------------------------------------------------

    ▼ミャンマーにおける保健医療分野の人材の現状と課題(崎坂香屋子准教授の共同研究。2019年3月出版)。
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30976678
    ----------------------------------------------------------------

    ▼新入生メッセージ

    ▼今後のイベント・お知らせ
    ▼第2回JUAA公衆衛生大学院ワークショップ
    テーマ:健康開発人材の育成―公衆衛生系専門職大学院は社会の要請にどう応えるか?
    日時:2019年5月31日(金)13:00〜17:00
    場所:東京大学医学部鉄門講堂(東京大学本郷キャンパス医学教育研究棟14階)
    https://www.juaa.or.jp/news/detail_590.html

    ▼第2回SPHキャリアセミナー
    タイトル:ワクチンヘジテンシーにどのように向き合うか
    日時:2019年5月30日(木)16:30-17:45
    場所:大学棟本館 5階 薬学セミナー室
    講師:藤森 誠(藤森小児科 院長、東京女子医科大学八千代医療センター小児科 非常勤医師、2016年度MPH修了生)

    第3回帝京国際サマースクール開催予定(準備中)
      日程:2019年7月下旬(予定)
    http://www.med.teikyo-u.ac.jp/~tsph/summer_school.html
    ----------------------------------------------------------------

    2019年度MPH課題研究 研究計画・中間報告会
      日時:2019年8月1日(木)
    ----------------------------------------------------------------

    ▼第2回帝京大学研究交流シンポジウム
     日時:2019年8月27日(火)
     場所:板橋キャンパス
    ----------------------------------------------------------------

    ▼就職関連情報

    ▼研究助成

    ▼関連団体のイベント

  • No. 1

    2019年4月19日発行
    ▼ニュース
    ▼SPHの実践・社会活動
    SPH地域保健研究会 第2回浪江スタディツアー開催(2019年3月16〜17日)。
    ----------------------------------------------------------------

    福田吉治教授・研究科長が、プラチナ社会研究会 レガシー共創協議会による『2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会レガシー』に関する提言に向けて、学識経験者として健康分野における行動経済学アプローチについて情報提供。
    https://www.mri.co.jp/opinion/legacy/uploadfiles/201903report.pdf
    ----------------------------------------------------------------

    山本秀樹教授が副理事長として関わるNPO法人みんなのたすけあいセンターいたばしによる「誰も取り残さない」支え合いのネットワークを地域で作るための「担い手」づくり連続講座報告書が刊行。
    http://www.zaitakuiryo-yuumizaidan.com/data/file/data2_20190329094413.pdf
    ----------------------------------------------------------------

    崎坂香屋子准教授がアドバイザリーボードとして関わった、日本財団いのち支える自殺対策プロジェクト『日本財団第3回自殺意識調査』報告書が公開。
    https://www.nippon-foundation.or.jp/app/uploads/2019/03/wha_pro_sui_mea_11-1.pdf
    ----------------------------------------------------------------

    堀内清華助教が、日本小児科学会からの推薦で、パナマ共和国で開催された29th International Pediatric Association CongressでのEmerging Leaders Programに参加。
    https://www.ipa2019congress.com/
    ----------------------------------------------------------------
    2013年度MPH修了生 橋永知さんへのインタビュー記事が、JICA海外協力隊のパンフレット「クロスロード」2019年3月号に掲載。
    https://www.jica.go.jp/volunteer/outline/publication/pamphlet/crossroad/201903/pickup_03_26/index.html
    ----------------------------------------------------------------

    マヒドン大学のアセアン保健開発研究所(ASEAN Institute for Health Development)と帝京大学との学術交流に関するに関する会合に高橋謙造教授と博士後期課程修了生須藤恭子さんが参加。
    https://mahidol.ac.th/2019/aihd-teikyo/
    ----------------------------------------------------------------

    山岡和枝教授が医学統計学研究センター平成30年度第6回セミナー「ロジスティック回帰分析の基礎−SASを利用した統計解析の実際−」に講師として参加。
    http://medstat.jp/seminarinfo/seminar6h30.pdf
    ----------------------------------------------------------------

    MPH2年コース2018年度修了生 桑名 由佳さん(薬剤師)が講師として日本災害医療薬剤師学会 第15回災害医療支援薬剤師研修コースに参加。
    http://saigai-pharma.jp/info/03_19fukuoka_report/
    http://saigai-pharma.jp/wp-content/uploads/2019/02/2019.03.02-03program.pdf
    ----------------------------------------------------------------

    ▼SPHの研究(2月〜3月)
    日本衛生学会による日本の出生率低下に対する解決策の提案(井上まり子准教授の共同研究。2019年3月出版)。
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30836940
    ----------------------------------------------------------------

    喫煙および禁煙と聴力低下リスクとの関連について。日本の労働者約5万名での検証結果(桑原講師の共同研究。2019年3月出版)。
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29547985
    ----------------------------------------------------------------

    朝食を毎日摂取する人は抑うつ症状の発症リスクが低い。日本の労働者716名での検証結果(桑原講師の共同研究。2019年3月出版)。
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30710811
    ----------------------------------------------------------------

    子どものインターネットゲーム障害についてどこまで明らかになっているか。(高橋謙造教授の共同研究。2019年2月出版)。
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30809270
    ----------------------------------------------------------------

    自然災害のニュースに対して抱く感情は、本人のソーシャルキャピタルの状態によって変わるか?(堀内清華助教による報告。山岡和枝教授による「社会調査データ解析特論」での授業の成果を発展させてとりまとめたもの。2019年2月出版)
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30799327
    ----------------------------------------------------------------

    日本の労働者におけるうつ病による1回目と2回目の病休日数の実態と2回目の病休日数が長いことに関連する要因(桑原講師の共同研究。2019年2月出版)。
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30101896
    ----------------------------------------------------------------

    ▼新入生メッセージ

    ▼今後のイベント・お知らせ
    第4回SPH地域保健研究会
    日時:2019年4月30日(火・祝) 09:30-12:00
    場所:板橋キャンパス大学棟本館6階公衆衛生集会室
    連絡先:MPH5期生 櫻井純子さん jsakura2@yahoo.co.jp
    ----------------------------------------------------------------

    第3回帝京国際サマースクール開催予定(準備中)
      日程:2019年7月下旬(予定)
    http://www.med.teikyo-u.ac.jp/~tsph/summer_school.html
    ----------------------------------------------------------------

    2019年度MPH課題研究 研究計画・中間報告会
      日時:2019年8月1日(木)
    ----------------------------------------------------------------

    ▼就職関連情報





帝京大学大学院公衆衛生学研究科

〒173-8605
東京都板橋区加賀2-11-1
TEL 03-3964-1211(内線:46210)
FAX 03-3964-1058





 
Follow us on Twitter & FB


研究紹介

学生からのメッセージ

進路状況

帝京国際サマースクール

ハーバード特別講義

帝京-ハーバードプログラム

TSPH ニュースレター