業 績Publication


2019年
- 論文(欧文)
- 論文(邦文)
- 総説論文(邦文)
- 著書(欧文)
- 著書(邦文)
- 研究報告・翻訳など(邦文)
- 学会発表(国際学会)
- 学会発表(国内学会)
- 外部資金(代表)

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年
  

2019年(論文[欧文])

Goto E, Ishikawa H, Okuhara T, Kiuchi T.

Relationship of health literacy with utilization of health-care services in a general Japanese population.
Preventive Medicine Reports, in press [More information]

Hu H, Nakagawa T, Honda T, Yamamoto S, Okazaki H, Yamamoto M, Miyamoto T, Eguchi M, Kochi T, Shimizu M, Murakami T, Tomita K, Ogasawara T, Sasaki N, Uehara A, Kuwahara K, Kabe I, Mizoue T, Sone T, Dohi S for the Japan Epidemiology Collaboration on Occupational Health Study Group.

Low serum creatinine and risk of diabetes: the Japan Epidemiology Collaboration on Occupational Health Study.
Journal of Diabetes Investigation, in press [More information]

Hu H, Tomita K, Kuwahara K, Yamamoto M, Uehara A, Kochi T, Eguchi M, Okazaki H, Hori A, Sasaki N, Ogasawara T, Honda T, Yamamoto S, Nakagawa T, Miyamoto T, Imai T, Nishihara A, Nagahama S, Murakam T, Shimizu M, Akter S, Kashino I, Yamaguchi M, Kabe I, Mizoue T, Sone T, Dohi S on behalf of the Japan Epidemiology Collaboration on Occupational Health Study Group.

Obesity and risk of hearing loss: A prospective cohort study.
Clinical Nutrition, in press [More information]

Ishiguro A, Inoue M, Fisher J, Inoue M, Matsumoto S, Yamaoka K.

Gender-based risk and protective factors for psychological distress in the mid-term recovery period following the Great East Japan Earthquake.
Disaster Medicine and Public Health Preparedness, in press [More information]

Konishi KI, Yoshida M, Nakao A, Tsuchiya K, Tsurisawa C, Ichiki K, Takeda T, Hisaeda Y, Hirota A, Amagata S, Odashima T, Yokomori K, Ishida K, Matsuura M, Ito S, Fujiwara M, Nakahara S.

Prostaglandin E-major urinary metabolite as a noninvasive surrogate marker for infantile necrotizing enterocolitis.
Journal of Pediatric Surgery, in press [More information]

Nakata Y, Watanabe Y, Narimatsu H, Yoshimura T, Otake H, Sawa T.

Japanese surgical resource utilization in 2016.
International Journal of Health Care Quality Assurance, in press

Okuhara T, Ishikawa H, Okada M, Kato M, Kiuchi T.

Japanese anti- versus pro-influenza vaccination websites: a text mining analysis.
Health Promotion International, in press [More information]


- - -

Haque SE, Sakisaka K, Rahman M.

Examining the relationship between socioeconomic status and the double burden of maternal over and child under-nutrition in Bangladesh.
European Journal of Clinical Nutrition. 73(4):531-540, 2019 (Apr) [More information]

Kuwahara K, Miyamoto T, Yamamoto S, Honda T, Nakagawa T, Mizoue T; Japan Epidemiology Collaboration on Occupational Health Study Group.

Patterns of changes in overtime working hours over 3 years and the risk for progression to type 2 diabetes in adults with pre-diabetes.
Preventive Medicine. 121: 18-23, 2019 (Apr) [More information]

Hu H, Sasaki N, Ogasawara T, Nagahama S, Akter S, Kuwahara K, Kochi T, Eguchi M, Kashino I, Murakam T, Shimizu M, Uehara A, Yamamoto M, Nakagawa T, Honda T, Yamamoto S, Hori A, Nishiura C, Okazaki H, Imai T, Nishihara A, Miyamoto T, Tomita K, Kabe I, Mizoue T, Kunugita N, Dohi S for the Japan Epidemiology Collaboration on Occupational Health Study Group.

Smoking, Smoking Cessation, and the Risk of Hearing Loss: Japan Epidemiology Collaboration on Occupational Health Study.
Nicotine & Tobacco Research. 21(4):481-488, 2019 (Apr) [More information]

Nomura K, Karita K, Araki A, Nishioka E, Muto G, Iwai-Shimada M, Nishikitani M, Inoue M, Tsurugano S, Kitano N, Tsuji M, Iijima S, Ueda K, Kamijima M, Yamagata Z, Sakata K, Iki M, Yanagisawa H, Kato M, Yokoyama K, Koizumi A, Otsuki T.

For making a declaration of countermeasures against the falling birth rate from the Japanese Society for Hygiene: Summary of discussion in the working group on academic research strategy against an aging society with low birth rate.
Environmental Health and Preventive Medicine. 24(1): 14, 2019 (Mar) [More information]

Miki T, Eguchi M, Kuwahara K, Kochi T, Akter S, Kashino I, Hu H, Kurotani K, Kabe I, Kawakami N, Nanri A, Mizoue T.

Breakfast consumption and the risk of depressive symptoms: the Furukawa Nutrition and Health Study.
Psychiatry Research. 273: 551-558, 2019 (Mar) [More information]

Horiuchi S*, Ozaki A*, Inoue M, Aida J, Yamaoka K. *Co-first authors.

Relation of High Social Capital to Preferable Emotional Response to News Media Broadcasting of Natural Disasters: A Nationwide Cross-Sectional Study in Japan.
The Tohoku Journal of Experimental Medicine. 247(2): 129-137, 2019 (Feb) [More information]

Sugaya N, Shirasaka T, Takahashi K, Kanda H.

Bio-psychosocial factors of children and adolescents with internet gaming disorder: A systematic review.
BioPsychoSocial Medicine. 13: 3, 2019 (Feb) [More information]

Endo M, Haruyama Y, Mitsui K, Muto G, Nishiura C, Kuwahara K, Wada H, Tanigawa T.

Durations of first and second periods of depression-induced sick leave among Japanese employees: The Japan sickness absence and return to work (J-SAR) study.
Industrial Health. 57(1): 22-28, 2019 (Feb) [More information]

Kikuchi H, Kuwahara K, Kiyohara K, Villalonga-Olives E, Brewer N, Aman-Oloniyo A, Aggarwal P, Restrepo-Mendez MC, Hara A, Kakizaki M, Akiyama Y, Onishi K, Kurotani K, Haseda M, Amagasa S, Oze I.

Perceived barriers to career progression among early-career epidemiologists: report of a workshop at the 22nd World Congress of Epidemiology.
Journal of Epidemiology. 29(1): 38-41, 2019 (Jan) [More information]

Konishi Y, Nakata Y, Nemoto A, Ushijima M, Matsuura M.

The preoperative risk factors of postoperative self-extubation in elderly patients.
International Journal of Risk & Safety in Medicine. 30(1): 9-18, 2019 [More information]


2019年(総説[欧文])


2019年(論文[邦文])


2019年(総説論文[邦文])

野村恭子, 苅田香苗, 荒木敦子, 西岡笑子, 武藤剛, 岩井美幸, 錦谷まりこ, 井上まり子, 鶴ヶ野しのぶ, 北野尚美, 辻真弓, 飯島佐知子, 上田佳代, 上島通浩, 山縣然太郎, 坂田清美, 伊木雅之, 横山和仁, 小泉昭夫, 大槻剛巳.

日本衛生学会における少子化対策提言に向けて 日本衛生学会少子化対策ワーキンググループによるとりまとめ.
日本衛生学雑誌, in press [More information]


山本秀樹.

超高齢社会を生きる学び:少子高齢社会と公民館―「薬のむより公民館」の意味するところ.
月刊社会教育. 63(2): 14-22, 2019 (Feb)



2019年(著書[欧文])


2019年(著書[邦文])


2019年(研究報告・翻訳など[邦文])


桑原恵介.

特集:喫煙のサイエンスV. 喫煙による聴力障害-知られざる問題と新知見-.
THE LUNG perspectives. 27(1): 36-38, 2019 (Mar) [More information]

石川ひろの.

連載:患者とのコュニミケーション困難事例と対処法. 治療や検査を拒否する患者さんに出会ったら.
日経メディカル, 2019 (Feb) [More information]

石川ひろの.

連載:患者とのコュニミケーション困難事例と対処法. 不合理・不条理な要求をする「難しい患者さん」.
日経メディカル, 2019 (Jan) [More information]



2019年(学会発表[国際学会])


2019年(学会発表[国内学会])

錦谷まりこ, 井上まり子, 鶴ケ野しのぶ, 矢野栄二.

不安定就労世帯 健康と幸福度.
第89回日本衛生学会学術総会, 名古屋, 2月, 2019.

渡邉純子, 渡辺満利子, 山岡和枝, 安達美佐, 根本明日香, 丹後俊郎.

M市域における中学生の性別体格と食事摂取等ライフスタイルとの関連性.
第29回日本疫学会学術総会, 東京, 2月, 2019.

山口美輪, 桑原恵介, イスラム ズバイダ, 溝上哲也.

スリランカの青少年クラブ員を推進役とした、地域住民の心血管疾患リスク低減に関する介入プログラムの効果.
第29回日本疫学会学術総会, 東京, 2月, 2019.

桑原恵介, 中川徹, 山本修一郎, 本多融, 林剛司, 溝上哲也.

通勤手段の変化と内臓脂肪の変化-5年間の観察研究の結果から-.
第29回日本疫学会学術総会, 東京, 2月, 2019.

Chen S, Akter S, Kuwahara K, Matsushita Y, Nakagawa T, Konishi M, Honda T, Yamamoto S, Hayashi T, Noda M, Mizoue T.

Serum amino acid profiles and risk of type 2 diabetes in Japanese adults.
第29回日本疫学会学術総会, 東京, 2月, 2019.

Hu H, Mizoue T, Kuwahara K, Nanri A, Konishi M, Kabe I, Dohi S.

Prediabetes and cardiovascular disease risk: a nested case-control study.
第29回日本疫学会学術総会, 東京, 2月, 2019.

矢野栄二.

学会等連携推進委員会企画. 日本疫学会・禁煙推進学術ネットワーク共催シンポジウム. 保健医療系学会とタバコ産業からの研究資金.
第29回日本疫学会学術総会, 東京, 1月, 2019.

顧艶紅, 鄭萍, 牛嶋大, 松浦正明, 張霆.

神経管閉鎖障害における妊婦血中甲状腺ホルモンと総ホモシスチン:効果指標の修飾と生物学的相互作用.
第29回日本疫学会学術総会, 東京, 1月, 2019.

Islam Z, Akter S, Kochi T, Hu H, Eguchi M, Yamaguchi M, Kuwahara K, Kabe I, Mizoue T.

Association of social jetlag with metabolic syndrome among Japanese working population.
第29回日本疫学会学術総会, 東京, 1月, 2019.

Fukunaga A, Hu H, Kuwahara K, Miki T, Kurotani K, Nanri A, Mizoue T.

Prospective study on the association between adherence to healthy lifestyles and depressive symptoms.
第29回日本疫学会学術総会, 東京, 1月, 2019.

根本明日香, 岩井裕美.

高齢者の多剤併用における処方の適正化を目的とした介入方法で使われていた行動変容テクニックの分析.
日本臨床試験学会 第10回学術集会総会, 東京, 1月, 2019.




2019年(外部資金[代表])


石川ひろの.

ヘルスコミュニケーション学から取り組むヘルスリテラシーの課題と持続可能な改善.
日本学術振興会. 科学研究費補助金 基盤研究(B). 2016.4-2020.3.

石川ひろの.

高齢者の診察でのコミュニケーションと付添家族の役割:患者参加と自己管理への影響.
日本学術振興会. 科学研究費補助金 挑戦的研究(萌芽). 2017.4-2020.3.

山岡和枝.

多変量ネットワークメタ分析による非感染性疾患リスク測定法のイノベーション健康評価.
日本学術振興会. 科学研究費補助金 基盤研究(C). 2017.4-2020.3.

松浦正明.

個別化医療のための人工知能・深層学習に対する統計学的評価法の開発.
日本学術振興会. 科学研究費補助金 基盤研究(B). 2019.4-2022.3.

松浦正明.

ヒト臨床データを用いた疾患サブタイプ判別法の性能向上.
島津製作所.

松浦正明.

予測医学の実現に向けたオミックスデータに基づく統計学的方法の開発.
日本学術振興会. 科学研究費補助金 基盤研究(B). 2015.4-2019.3.

内田俊也.

低カリウム野菜の慢性腎臓病患者における満足度および有用性の検討.
日本学術振興会. 科学研究費補助金 基盤研究(C). 2016.4-2019.3.

谷原真一.

ソーシャルキャピタルと地域住民の健康寿命及び医療費の関連についての実証分析.
日本学術振興会. 科学研究費補助金 基盤研究(C). 2016.4-2019.3.

福田吉治.

行動経済学の健康増進及び疾病予防への応用に関する基礎的研究.
日本学術振興会. 科学研究費補助金 基盤研究(C). 2016.4-2019.3.

中田善規.

診療報酬改定による医療生産性・効率性向上に関する研究
日本学術振興会. 科学研究費補助金 基盤研究(C). 2017.4-2020.3.

高橋謙造.

日本の乳幼児死亡率等改善の歴史を活用した国際保健教材の開発.
日本学術振興会. 科学研究費補助金 基盤研究(C). 2018.4-2021.3.

井上まり子.

クラウドワーカーの健康管理に関する基礎研究:新しい就業形態と健康の実態解明.
日本学術振興会. 科学研究費補助金 基盤研究(C). 2019.4-2022.3.

井上まり子.

多様な働き方に即した産業衛生制度再構築のための国際比較研究.
日本学術振興会. 科学研究費補助金 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化). 2017.5-2019.3.

井上まり子.

女性の就業率上昇に向けた健康に働ける社会づくりのための実証研究.
日本学術振興会. 科学研究費補助金 基盤研究(C). 2015.4-2019.3.

崎坂香屋子.

震災後の災害弱者の保護救援にソーシャル・キャピタルが与える影響に関する実証研究.
日本学術振興会. 科学研究費補助金 基盤研究(C). 2017.4-2020.3.

根本明日香.

母集団薬物動態解析の個人差を考慮した解析法の拡張と試験計画法.
日本学術振興会. 科学研究費補助金 基盤研究(C). 2017.4-2020.3.

桑原恵介.

運動と内臓脂肪が糖尿病発症に及ぼす影響と内臓脂肪の影響要因の解明:コホート研究.
日本学術振興会. 科学研究費補助金 基盤研究(C). 2019.4-2022.3.

桑原恵介.

長期の健康的な生活習慣パターンと前糖尿病・2型糖尿病発症:職域コホート研究.
日本学術振興会. 科学研究費補助金 若手研究(B). 2016.4-2019.3.

堀内清華.

西太平洋地域において質の高い早期必須新生児ケアを維持する新規体制構築のための研究.
日本学術振興会. 科学研究費補助金 研究活動スタート支援. 2017.8-2019.3.

加藤美生.

患者アドボカシー団体とグローバル製薬・バイオ医薬品企業との関係.
日本学術振興会. 科学研究費補助金 基盤研究(C). 2018.8-2021.3.

加藤美生.

健康課題へのエンターテイメント・エデュケーションの効果検証と教育プログラム開発.
日本学術振興会. 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究. 2016.4-2019.3.


バナースペース

帝京大学大学院公衆衛生学研究科

〒173-8605
東京都板橋区加賀2-11-1
TEL 03-3964-1211(内線:46210)
FAX 03-3964-1058




  • ENGLISH


研究紹介

学生からのメッセージ

進路状況

帝京国際サマースクール

ハーバード特別講義

帝京-ハーバードプログラム

TSPH ニュースレター