教育Education


こちらのページでは、帝京大学大学院公衆衛生学研究科の教育についてご紹介します。
本研究科は、京都大学、九州大学、東京大学に続く日本で4校目の公衆衛生専門職大学院であり、日本ではじめての、医学研究科から独立した公衆衛生大学院です。

人々の健康・生命にかかわる仕事に携わる方たちの実務能力の向上を主眼とした教育をおこなっており、社会人の方が働きながら学べることに配慮したカリキュラム構成にしています。板橋キャンパスの校舎は新しく、明るい雰囲気の中、多くの仲間とともに学ぶことができます。

例年、さまざまな年齢、立場の方が入学し、働きながら通学する社会人の方も多く在籍しています。卒後は進路状況で示すとおり、国内外の多様なフィールドで活躍しています。

(1) 帝京大学SPHが大切にする3つの教育


帝京大学SPHでは、世界の公衆衛生専門職教育に準じた教育を推進しており、公衆衛生における
主要5分野を体系的に学べる教育コンピテンシー基盤型教育問題解決アプローチ、この3つを重視しています。

本校では、人々の安全と健康を守り、支えるプロフェッショナルとして、コミュニケーション能力やリーダーシップ、システム思考などを駆使し、人や組織、社会を動かしていくことで、積極的に健康問題を解決していってほしいと考えています。

詳しくはこちらをご覧ください。

(画像をクリックすると教育の詳細ページに移動します)




(2) 公衆衛生の核となる5分野をカバーした授業構成

帝京大学SPHでは、公衆衛生教育のグローバルスタンダードに準じて、以下に示す公衆衛生の主要5分野を網羅した授業をおこなっています。このような授業を通じて、人々の健康に関わる世界の全体像を体系的に見渡せるようになってほしいと考えています。

1. 疫学
健康や生命にかかわる問題を解決していくためには、原因と思われる要因を特定し、対策を考えていく必要があります。疫学では、集団を対象とした健康事象の現状や原因を明らかにし、原因に介入するための研究手法や、データの解釈に影響する要因について学ぶことを通じて、因果関係の推測のための論理的な思考能力などを培います。
- 主な科目:基礎疫学、臨床疫学、スタディクリティーク、質的研究など
- 2017年度MPHシラバス:PDF

2. 生物統計学
健康問題やその原因との関係を定量的に評価していくことで、客観的に対策を考えていくことができます。生物統計学では、健康・医療のデータ分析に関する講義や演習を通じて、データサイエンスの素養を養います。
- 主な科目:基礎生物統計学、データ解析演習など
- 2017年度MPHシラバス: PDF

3. 保健政策・医療管理学
健康・医療にかかわる問題を解決していくためには、組織や世の中の仕組みを理解する必要があります。保健政策・医療管理学では、人々の健康に直結する医療システムや保健政策を中心に学びを深めます。
- 主な科目:保健政策・医療管理概論、医療経済学、地域保健学、国際保健学、ヘルスデータ分析入門、リーダーシップ・マネジメント論など
- 2017年度MPHシラバス:PDF

4. 社会行動科学
問題を解決する糸口が見えてきたら、実際に個人や組織、あるいは社会を動かし、改善を図っていくことが求められます。社会行動科学では、人々の健康に関わる行動を変えていくための理論や実践について学びます。
- 主な科目:健康行動学概論、健康教育学、社会疫学など
- 2017年度MPHシラバス:PDF

5. 環境産業保健学
どのような現場でも、働く人々の安全や健康を良好に保つことが重要となります。環境産業保健学では、労働環境をはじめ、環境からの健康影響やその対策などについて学びます。近年問題となっている職場のメンタルヘルスやマネジメントについても学ぶことができます。
- 主な科目:産業環境保健学概論、産業看護マネジメント論、産業精神保健学演習など
- 2017年度MPHシラバス:PDF


6. その他(共通科目)
上記以外にも、様々な分野からの入学生に配慮し、医学や研究に関する基礎的な知識を獲得するための講義があります。また、専門職大学院での体系的な学びの集大成として、課題研究(博士課程では特殊研究)を行います。国内外のフィールドでのインターンシップもあります。
- 主な科目:公衆衛生倫理学、医学基礎・臨床医学入門、調査・研究法概論、課題研究など
- 2017年度MPHシラバス:PDF


* 2017年度 専門職学位課程(MPH)の全科目シラバス:PDF (約5 MB)
* 2017年度 博士後期課程(DrPH)の全科目シラバス:PDF (約4 MB)

* 2017年度 DrPH 科目別・分野別シラバス
- 共通科目シラバス:PDF (約4 MB)
 公衆衛生の主要5分野や医学、倫理等の基礎知識を中心に学びます。
- 疫学・生物統計学分野シラバス:PDF (約2 MB)
- 産業環境保健学分野シラバス:PDF (約1 MB)
- 保健政策・医療管理学分野シラバス:PDF (約1 MB)

2017年度授業時間割(年間)
- 専門職学位課程(MPH):PDF
- 博士後期課程(DrPH): PDF



(3) 健康・生命に関わる現場での Change Agentとは

人々の健康・生命を守るために、現場を改善できるChange Agentとして活動することが専門職には求められます。
帝京SPHスタッフも社会のためにChange Agentとして活動しており、本サイトのニュースや業績ページにてその一端を紹介していますが、ここでは具体例をご紹介する予定です。


(4) 在校生の年間スケジュール例

専門職学位課程(MPH)と博士後期課程(DrPH)学生は、年間を通じてさまざまな講義や実習、イベントに参加することができます。
2017年度研究科パンフレットにて簡単に年間スケジュールの概要を示していますが、ここではその一例をご紹介する予定です。


帝京大学大学院公衆衛生学研究科

〒173-8605
東京都板橋区加賀2-11-1
TEL 03-3964-1211(内線:46210)
FAX 03-3964-1058






研究紹介

学生からのメッセージ

進路状況

帝京国際サマースクール

帝京-ハーバードプログラム

ハーバード特別講義

TSPH ニュースレター