診療科・担当医紹介
内科(循環器)

24時間体勢で救急疾患に対応すると共に、最先端の医療機器による診断と治療、最新の医学情報に基づく科学的医療、何よりも心のこもった医療が必要だと心得て、スタッフ全員が努力しています。循環器専門医研修施設、日本心血管インターベンション学会認定研修施設です。

虚血性心疾患の治療の基本はあくまで徹底した薬物治療ですが、薬物治療のみで病状の改善と安定が得られない例では、生命予後の改善、狭心症症状の消失、生活の質の向上を考えた上で、冠動脈インターベンション(PCI)や冠動脈バイパス手術(CABG)などの血行再建術を選択しています。

2011年度の年間検査件数は、総心臓カテーテル件数、953件、PCI295件、ペースメーカー植え込み術38件、カテーテル焼灼術約5件。特にカテーテル検査は開院以来13,000件を超えるデータが集約されています。診断心臓カテーテル、PCI共に橈骨(手首の脈の触れるところ)アプローチを第一選択とし、より低侵襲の診断・治療をこころがけています。また、局所の治療にとどまらず冠血管死を阻止するため、健診センターや内分泌内科と協力し、喫煙習慣、高血圧、肥満、耐糖能異常、などの危険因子の早期発見、コントロールに努めています。

医療設備は、ICU・CCU(12床)、心臓カテーテル装置(バイプレインフラットパネル)、MDCT、心臓超音波、ホルター心電図、睡眠ポリグラフィー、トレッドミル、負荷心筋シンチ、MRI、IABP、PCPSなどです。


担当医
中村 文隆
教授 中村 文隆
出身大学東京大学 昭和59年卒 医学博士
専門分野循環器疾患一般・高血圧・カテーテルインターベンション
専門医等 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本脈管学会認定脈管専門医
日本心血管インターベンション治療学会指導医・名誉専門医
日本臨床検査医学会臨床検査管理医
日本臨床栄養学会認定臨床栄養指導医
日本医師会認定産業医
日本医師会認定健康スポーツ医
人間ドック健診専門医・指導医・情報管理指導士
日本抗加齢医学会専門医
天木 幹博
准教授 天木 幹博
出身大学 東京大学 平成7年卒 医学博士
専門分野 循環器疾患一般
カテーテルインターベンション
専門医等 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本脈管学会認定脈管専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
助教 吹野 恵子
出身大学 東京大学 平成7年卒 医学博士
専門分野 循環器疾患一般
専門医等 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本脈管学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
日本医師会認定産業医
ICLSディレクター
JMECCインストラクター
日本DMAT隊員
助教 武田 悦寛
出身大学 横浜市立大学 平成23年卒 医学博士
専門分野 循環器疾患一般
専門医等 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
助手 栗原 尚裕
出身大学 東京大学 平成26年卒
非常勤医師 中津 裕介
出身大学 東京大学 平成11年卒
専門分野 循環器疾患一般
カテーテルインターベンション
専門医等 日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
日本医師会認定産業医
日本医師会認定健康スポーツ医

~2019年度~
診療実績

年間入院患者数:857名
平均在院日数:12.4日
急性心筋梗塞患者数:77名
心不全入院患者数:143名
急性大動脈解離数:6名
循環器入院中死亡数:49名
総PCI :200件
 待機:124件、緊急:76件

研究について
英文・和文原著
  • Tatsuya Sawaguchi, Toshiaki Nakajima, Akiko Haruyama, Takaaki Hasegawa, Ikuko Shibasaki, Takafumi Nakajima, Hiroyuki Kaneda, Takuo Arikawa, Syotaro Obi, Masashi Sakuma, Hironaga Ogawa, Yuusuke Takei, Shigeru Toyoda, Fumitaka Nakamura, Shichiro Abe, Hirotsugu Fukuda, Teruo Inoue : Association of serum leptin and adiponectin concentrations with echocardiographic parameters and pathophysiological states in patients with cardiovascular disease receiving cardiovascular surgery.
    PloS one 14(11) e0225008 2019年
  • Toshiaki Nakajima, Ikuko Shibasaki, Tatsuya Sawaguchi, Akiko Haruyama, Hiroyuki Kaneda, Takafumi Nakajima, Takaaki Hasegawa, Takuo Arikawa, Syotaro Obi, Masashi Sakuma, Hironaga Ogawa, Shigeru Toyoda, Fumitaka Nakamura, Shichiro Abe, Hirotsugu Fukuda, Teruo Inoue :Growth Differentiation Factor-15 (GDF-15) is a Biomarker of Muscle Wasting and Renal Dysfunction in Preoperative Cardiovascular Surgery Patients.
    Journal of clinical medicine 8(10) 2019年10月1日
  • 後藤 耕策, 栗原 尚裕, 篠原 宏樹, 吹野 恵子, 天木 幹博, 中村 文隆:甲状腺機能が正常化した後に頻脈性心房細動誘発性心不全を発症したバセドウ病の1例  心臓
    51(6) 631 - 637 2019年6月

学会・研究会発表
  1. 吹野恵子:当院におけるVA-ECMO実施成績と心臓血管外科との連携で救命し得たタコつぼ型心筋症による心破裂の症例 第16回千葉心不全治療研究会 2019.4.12 千葉
  2. 栗原尚裕:比較的良好な危険因子のコントロールにもかかわらず急性冠症候群を繰り返し発症した患者の一例 第27回南房総心臓病Conference 2019.5.29 木更津
  3. 栗原尚裕:陳旧性心筋梗塞でCABG施行後、残存狭窄の進行及びグラフト狭窄の出現によりPCIを施行し、ステント内再狭窄を繰り返した維持透析患者の一例 第6回Chiba Cardiovascular Intervention Conference 2019.7.27 千葉
  4. 栗原尚裕:抗ミトコンドリア抗体陽性の劇症型心筋炎の一例 第255回日本循環器学会関東甲信越地方会 2020.2.22 東京

特別講演(招待・教育講演)
  1. 吹野恵子:虚血性心疾患を合併した心房細動のマネージメント~抗血小板剤と抗凝固薬の併用をどうするか? エリキュースインターネットシンポジウム 2019.5.17 市原
  2. 吹野恵子:当院における心房細動の治療戦略~虚血性心疾患との合併例において抗血小板剤と抗凝固薬の併用をどうするか?~ 血栓塞栓症治療を考える会 2019.5.23 市原
  3. 吹野恵子:循環器疾患に対する緩和ケア 第3回市原市の循環器疾患の連携を考える会 2019.5.24 市原
  4. 中村文隆:心不全患者に対するカリウムモニタリングの重要性-最近の話題を含めて- Esaxerenone Hypertension Forum 2019.6.27 市原
  5. 吹野恵子:血栓塞栓症の考え方と治療戦略~動脈血栓と静脈血栓ってどう違うの??~ ファーマシーセミナー 2019.6.27 市原
  6. 天木幹博:帝京大学ちば総合医療センターにおけるPCIの現状について AF-PCI~抗血栓療法Up to date~ 2019.7.30 市原
  7. 中村文隆:最近の循環器疾患の治療について 鎌ヶ谷市医師会学術講演 2019.9.17 鎌ヶ谷
  8. 中村文隆:地域連携 東京大学「経営のできる大学病院幹部養成プログラム」2019.9.21 東京
  9. 中村文隆:働く人の高齢化と循環器疾患 千葉県医師会日医認定産業医研修会 2019.11.16 千葉
  10. 中村文隆:ガイドラインに基づいた心不全治療~心不全パンデミックに備えて~ 第32回上総いちはら臨床薬学セミナー 2019.12.4 市原

教育について
3年生統合講義:中村 3コマ
6年生統合講義:中村 1コマ

BSL BSC実習
中村:クルズス 1コマ、 天木:クルズス 1コマ、 吹野:学生担当

大学院生講義:中村 1コマ
卒業試験問題作成:中村担当
市原看護専門学校講義:中村 9コマ
認定医・専門医取得プログラム:内科学会認定内科専門医 武田悦寛(2019年度取得)

賞罰
千葉県功労者表彰・健康福祉功労 受賞:中村文隆
冲永荘一学術文化功労賞 受賞:中村文隆
このページのトップへ