診療科・担当医紹介
内科(循環器)
 24時間体勢で救急疾患に対応すると共に、最先端の医療機器による診断と治療、最新の医学情報に基づく科学的医療、何よりも心のこもった医療が必要だと心得て、スタッフ全員が努力しています。循環器専門医研修施設、日本心血管インターベンション学会認定研修施設です。
 虚血性心疾患の治療の基本はあくまで徹底した薬物治療ですが、薬物治療のみで病状の改善と安定が得られない例では、生命予後の改善、狭心症症状の消失、生活の質の向上を考えた上で、冠動脈インターベンション(PCI)や冠動脈バイパス手術(CABG)などの血行再建術を選択しています。
 2011年度の年間検査件数は、総心臓カテーテル件数、953件、PCI295件、ペースメーカー植え込み術38件、カテーテル焼灼術約5件。特にカテーテル検査は開院以来13,000件を超えるデータが集約されています。診断心臓カテーテル、PCI共に橈骨(手首の脈の触れるところ)アプローチを第一選択とし、より低侵襲の診断・治療をこころがけています。また、局所の治療にとどまらず冠血管死を阻止するため、健診センターや内分泌内科と協力し、喫煙習慣、高血圧、肥満、耐糖能異常、などの危険因子の早期発見、コントロールに努めています。
 医療設備は、ICU・CCU(12床)、心臓カテーテル装置(バイプレインフラットパネル)、MDCT、心臓超音波、ホルター心電図、睡眠ポリグラフィー、トレッドミル、負荷心筋シンチ、MRI、IABP、PCPSなどです。
担当医
中村 文隆
教授 中村 文隆
出身大学東京大学 昭和59年卒 医学博士
専門分野循環器疾患一般・高血圧・カテーテルインターベンション
専門医等日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本脈管学会認定脈管専門医
日本心血管インターベンション治療学会指導医・名誉専門医
日本臨床栄養学会認定臨床栄養指導医
日本臨床検査学会臨床検査管理医
日本医師会認定産業医
日本医師会認定健康スポーツ医
人間ドック健診専門医・指導医・情報管理指導士
日本抗加齢医学会専門医
天木 幹博
准教授 天木 幹博
出身大学東京大学 平成7年卒 医学博士
専門分野循環器疾患一般
カテーテルインターベンション
専門医等日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本脈管学会認定脈管専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
助教 吹野 恵子
出身大学東京大学 平成7年卒 医学博士
専門分野循環器疾患一般
専門医等日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本脈管学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
日本医師会認定産業医
後期研修医 栗原 尚裕
出身大学東京大学 平成26年卒
非常勤医師 中津 裕介
出身大学東京大学 平成11年卒
専門分野循環器疾患一般
カテーテルインターベンション
専門医等日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
日本医師会認定産業医
日本医師会認定健康スポーツ医
非常勤医師 篠原 宏樹
出身大学群馬大学 平成23年卒
専門分野循環器疾患一般

~2017年度~
診療実績

年間入院患者数:890名
ICU・CCU入院患者数:253名
急性心筋梗塞患者数:77名
心不全入院患者数:193名
急性大動脈解離数:12名
ペースメーカ植え込み術:45件

研究について
英文原著
  • Nakamura F, Amaki T, Fukino K.:Clinical Outcomes After Treatment with ELCA for In-Stent Restenosis of DES. Int Heart J. 2018;59(1):1-2. doi: 10.1536/ihj.17-693.
  • Nakajima T, Koide S, Yasuda T, Hasegawa T, Yamasoba T, Obi S, Toyoda S, Nakamura F, Inoue T, Poole DC, Kano Y.:Muscle hypertrophy following blood flow-restricted, low-force isometric electrical stimulation in rat tibialis anterior: role for muscle hypoxia. J Appl Physiol (1985). 2018 Jul 1; 125(1) : 134-145. doi:

学会発表
1.木村豊、久保島瑠菜、高師紀子、山本祐子、平野映里佳、小川優子、林真希、後藤光、小川優、中村文隆:冠動脈疾患リスク評価におけるCAVIおよびbaPWVの比較 第58回日本脈管学会総会 2017.10.18 名古屋
2.吹野恵子、中村文隆:急性心不全におけるトルバプタン投与の臨床的意義の検討 第5回房総心不全研究会 2017.11.16 市原
3.後藤耕策、栗原尚裕、吹野恵子、天木幹博、中村文隆、篠原宏樹:Basedow病のコントロール中にも関わらず突然心機能低下をきたしたBasedow心の一例 第247回日本循環器学会関東甲信越地方会 2018.2.10 東京
4.栗原尚裕:CABG後に判明したRITA入口部の狭窄に対し、PCIを施行した一例 第3回Chiba Cardiovascular Intervention Conference 2018.2.17 千葉
5.中村文隆:入退院時支援モデル事業報告 千葉県脳卒中等連携の会 2018.2.18 千葉
6.吹野恵子:Clinical Impact of Additional Tolvaptan to Conventional Diuretic Therapy in Hospitalized Patients with Acute Heart Failure and Impaired Renal Function 第82回日本循環器学会学術集会 2018.3.23 大阪

特別講演(招待・教育講演)
1.中村文隆:心血管イベント抑制を目指した糖尿病治療~循環器専門医の立場から~ 千葉市糖尿病懇話会 2017.4.6 千葉
2.中村文隆:積極的資質低下療法の意義 第23回南房総心臓病Conference 2017.5.30 木更津
3.中村文隆:ワルファリンコントロールの現状と課題、吹野恵子:静脈血栓塞栓症の話題 若手医師の会 2017.9.29 市原
4.中村文隆:市原保健医療圏域退院支援ルールについて 千葉県市原地域リハビリテーション広域支援センター講演会 2017.10.21 市原
5.中村文隆:Closing Remarks 配合剤への期待 市原市糖尿病講演 2017.10.31 市原
6.中村文隆:心房細動患者における抗凝固療法 千葉循環器疾患懇話会 2017.11.2 千葉
7.中村文隆:就業制限の考え方―循環器疾患― 日医認定産業医研修会 2017.11.11 千葉
8.吹野恵子:不安定プラークに対する治療戦略 Total Vascular Management Lecture 2017.11.22 君津
9.中村文隆:生活習慣病 日医かかりつけ医機能研修制度応用研修会 2017.11.26 千葉
10.中村文隆:AFにおける治療戦略 The future of antithrombotic drugs 2018.1.23 千葉
11.中村文隆:市原保健医療圏域退院支援ルールについて 千葉県市原地域リハビリテーション広域支援センター平成 29年度連絡協議会 2018.2.23 市原
12.中村文隆:抗血栓療法の最近の話題 姉ヶ崎地区医師の会 2018.3.15 市原

教育について
3年生 3コマ
6年生 1コマ
BSL BSC 実習
大学院生 1コマ
卒業試験問題作成
市原看護専門学校 16コマ
認定医・専門医取得プログラム
 内科学会認定内科認定医試験 後藤耕策
このページのトップへ