診療科・担当医紹介
内科(循環器)
 24時間体勢で救急疾患に対応すると共に、最先端の医療機器による診断と治療、最新の医学情報に基づく科学的医療、何よりも心のこもった医療が必要だと心得て、スタッフ全員が努力しています。循環器専門医研修施設、日本心血管インターベンション学会認定研修施設です。
 虚血性心疾患の治療の基本はあくまで徹底した薬物治療ですが、薬物治療のみで病状の改善と安定が得られない例では、生命予後の改善、狭心症症状の消失、生活の質の向上を考えた上で、冠動脈インターベンション(PCI)や冠動脈バイパス手術(CABG)などの血行再建術を選択しています。
 2011年度の年間検査件数は、総心臓カテーテル件数、953件、PCI295件、ペースメーカー植え込み術38件、カテーテル焼灼術約5件。特にカテーテル検査は開院以来13,000件を超えるデータが集約されています。診断心臓カテーテル、PCI共に橈骨(手首の脈の触れるところ)アプローチを第一選択とし、より低侵襲の診断・治療をこころがけています。また、局所の治療にとどまらず冠血管死を阻止するため、健診センターや内分泌内科と協力し、喫煙習慣、高血圧、肥満、耐糖能異常、などの危険因子の早期発見、コントロールに努めています。
 医療設備は、ICU・CCU(12床)、心臓カテーテル装置(バイプレインフラットパネル)、MDCT、心臓超音波、ホルター心電図、睡眠ポリグラフィー、トレッドミル、負荷心筋シンチ、MRI、IABP、PCPSなどです。
担当医
中村 文隆
教授 中村 文隆
出身大学東京大学 昭和59年卒 医学博士
専門分野循環器疾患一般・高血圧・カテーテルインターベンション
専門医等日本内科学会専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本脈管学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会名誉専門医
日本臨床栄養学会指導医
日本臨床検査学会臨床検査管理医
日本医師会認定産業医
日本医師会認定健康スポーツ医
人間ドック健診情報管理指導士
日本抗加齢医学会専門医
日本人間ドック学会専門医
天木 幹博
准教授 天木 幹博
出身大学東京大学 平成7年卒 医学博士
専門分野循環器疾患一般
カテーテルインターベンション
専門医等日本内科学会専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本脈管学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
助教 吹野 恵子
出身大学東京大学 平成7年卒 医学博士
専門分野循環器疾患一般
専門医等日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本脈管学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
日本医師会認定産業医
後期研修医 栗原 尚裕
出身大学東京大学 平成26年卒
後期研修医 後藤 耕策
出身大学東京大学 平成27年卒
非常勤医師 中津 裕介
出身大学東京大学 平成11年卒
専門分野循環器疾患一般
カテーテルインターベンション
専門医等日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
日本医師会認定産業医
日本医師会認定健康スポーツ医
非常勤医師 篠原 宏樹
出身大学群馬大学 平成23年卒
専門分野循環器疾患一般

~2015年度~
診療実績

入院患者数:1,236例
 心カテ 952例
 PCI 284例

教育について
3年生:3コマ
5年生:BSL・BSC実習
6年生:1コマ
大学院生:1コマ
卒業試験問題作成
市原看護専門学校:16コマ
認定医・専門医取得プログラム

研究について
  • 英文原著
  • Keiko Fukino, Junpei Ishiwata, Hiroki Shinohara, Tsukasa Oshima, Tsunashi Kozaki, Masayasu Ikutomi, Toshihiro Amaki, Fumitaka Nakamura.
    : Noncompaction of the Ventricular Myocardium and Polycystic Kidney Disease: A Case Report.
    American Journal of Kidney Diseases 02/2016; DOI:10.1053/j.ajkd.2015.12.031
  • Masayasu Ikutomi, Makoto Sahara, Toshiaki Nakajima, Yoshiyasu Minami, Toshihiro Morita, Yasunobu Hirata, Issei Komuro, Fumitaka Nakamura, Masataka Sata.
    : Diverse Contribution of Bone Marrow-derived Late-outgrowth Endothelial Progenitor Cells to Vascular Repair under Pulmonary Arterial Hypertension and Arterial Neointimal Formation.
    Journal of Molecular and Cellular Cardiology 07/2015; 86. DOI:10.1016/j.yjmcc.2015.07.019
  • Mitsunobu Kitamura, Noritake Hata, Tadateru Takayama, Atsushi Hirayama, Masashi Ogawa, Akira Yamashina, Hisaaki Mera, Hideaki Yoshino, Fumitaka Nakamura, Yoshihiko Seino.
    : Different characteristics of cardiac biomarkers to decide and predict the culprit lesions in patients with suspicious acute coronary syndrome.
    Heart and Vessels 06/2015; DOI:10.1007/s00380-015-0698-5
  • 英文著書
  • Takanobu Tomaru, Fumitaka Nakamura, Yoshiharu Fujimori, Yasumi Uchida.
    : Dye-Staining Coronary Angioscopy and Cardioscopy.
    Coronary Angioscopy, 01/2015: pages 31-45; , ISBN: 978-4-431-55545-2
  • Takanobu Tomaru, Kazuhiro Shimizu, Takeshi Sakurai, Kei-ichi Tokuhiro, Fumitaka Nakamura, Toshihiro Morita, Yasumi Uchida.
    : Other Vessels.
    Coronary Angioscopy, 01/2015: pages 131-141; , ISBN: 978-4-431-55545-2
このページのトップへ