診療科・担当医紹介
内科(消化器)
 現在、日本人の死亡原因の第1位は悪性腫瘍です。その中でも胃癌・大腸癌・肝臓癌などの消化器系悪性腫瘍が大きな割合を占めます。消化器内科ではこれらの疾患群を扱い、早期胃・大腸癌の内視鏡治療、肝臓癌の経皮ラジオ波治療を積極的におこなっています。
 また、手術不能の進行癌に対しては全身状態にあわせて、より期待のできる抗癌剤を選択し、治療効果をあげています。
担当医
小尾 俊太郎
病院教授 小尾 俊太郎
出身大学帝京大学 平成3年卒 医学博士
専門医等日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
東京大学医学部非常勤講師
香川大学医学部非常勤講師
佐藤 隆久
講師 佐藤 隆久
出身大学名古屋市立大学 平成13年卒 医学博士
専門医等日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医
日本肝臓学会専門医
後期研修医 矢原 良子
出身大学帝京大学 平成28年卒

~2015年度~
診療実績

内視鏡検査における処置件数
 ・上部:4,758件
 ・下部:1,978件

研究について
  • 論文・雑誌
  • Shigetaka Tounou, et al.
    : Continuous aspirin use does not increase post-endoscopic dissection bleeding risk for gastric neoplasms in patients on antiplatelet therapy.
    Endoscopy International Open 2015; 3(1): E31-E38
  • Shigetaka Tounou, et al.
    : Endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer without interruption of warfarin and aspirin.
    Endoscopy International Open. 2015 3(4):E307-10
  • Minoru Kato, Tomoki Michida, et al.
    : Safety and short-term outcomes of endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer in elderly patients.
    Endoscopy International Open 2016; 04: E1–E6
  • Yoshiki Tsujii, Tomoki Michida, et al.
    : Clinical outcomes of endoscopic submucosal dissection for superficial esophageal neoplasms: a multicenter retrospective cohort study.
    Endoscopy 2015; 47: 775-783
  • Tsutomu Nishida, Tomoki Michida, et al.
    : Endoscopic submucosal dissection in early gastric cancer in elderly patients and comorbid conditions.
    World J Gastrointestinal Endoscopy 7(5) 524-531, 2015
  • Katsumi Yamamoto, Tomoki Michida, et al.
    : Effective application of the “clip-flap method” to difficult case in the endoscopic submucosal dissection for superficial gastric tumor around the lesser curvature of the gastric body.
    Endoscopy 47; E318-E319, 2015
  • Katsumi Yamamoto, Tomoki Michida, et al.
    : Colorectal endoscopic submucosal dissection: Recent technical advances for safe and successful procedures.
    World J Gastrointestinal Endoscopy, 7(14), 1114-1128, 2015
  • Kang YK, Obi S, et al.
    : Randomized phase II study of axitinib versus placebo plus best supportive care in second-line treatment of advanced hepatocellular carcinoma.
    Ann Oncol. 2015 Dec; 26(12):2457-63
  • Obi S, Sato S, et al.
    : Current Status of Hepatic Arterial Infusion Chemotherapy.
    Liver Cancer. Sep; 4(3):188-99, 2015
  • Kawai T, Obi S et al.
    : Emergency endoscopic variceal ligation following variceal rupture in patients with advanced hepatocellular carcinoma and portal vein tumor thrombosis: a retrospective study.
    World J Surg Oncol. 2016 Feb 24; 14(1):52
  • 道田知樹
    内視鏡的切除術
    今日の治療指針2017年版、医学書院
  • 道田知樹
    高カロリー輸液
    今日の治療指針2016年版、医学書院
  • 加藤穣、道田知樹
    術中出血
    症例で身につける消化器内視鏡シリーズ 食道・胃ESD。小野裕之編 羊土社。P259-262、2015
  • 池澤賢治、道田知樹
    後出血
    症例で身につける消化器内視鏡シリーズ 食道・胃ESD。小野裕之編 羊土社。P263-266、2015
  • 道田知樹
    ESD(ブレード系)べからず集
    消化器内視鏡27(2), 226-227, 2015
  • 小尾俊太郎 他
    進行肝細胞癌に対する動注化学療法の適応と成績
    臨床消化器内科 2015; 30(8):1059-1063
  • 小尾俊太郎 他
    5FU-インターフェロン療法
    Pharma Medica 2015;33(1):43-46
  • 小尾俊太郎 他
    肝がん診療ガイドライン:どうする治療選択
    肝胆膵 2015 71 (2): 273-277
  • 学会発表
  • 深澤弘行、東納重隆、鍋谷雅史、東郷剛一、道田知樹
    内視鏡的切除を行った十二指腸乳頭部神経内分泌腫瘍(カルチノイド)の一例
    第112回日本内科学会総会(4.10 京都)
  • 深澤弘行、東納重隆、道田知樹
    Usefulness and complications of cold forceps polypectomy for colorectal polyps using jumbo forceps(パネルディスカッション)
    第23回日本消化器関連学会週間(10.10 東京)
  • 落合彩子、深澤弘行、村木洋介、東納重隆、道田知樹
    閉塞症状を呈し、内視鏡的粘膜下層剥離術にて切除した十二指腸球部原発の巨大Brunner腺腫の一例
    第101回日本消化器内視鏡学会関東地方会(12.12 東京)
  • Y. Tokuda, T. Michida, et al.
    : LONG-TERM OUTCOMES OF ENDOSCOPIC SUBMUCOSAL DISSECTION(ESD) FOR EARLY GASTRIC CANCER(EGC):A PROSPECTIVE STUDY OF ITS EXPANDED INDICATION.
    United European Gastroenterological Week 2015, Barcelona, 10/26
  • Yamamoto, T. Michida, et al.
    : THE EFFICACY AND SAFETY OF ENDOSCOPIC SUBMUCOSAL DISSECTION USING THE “CLIP-FLAP METHOD” FOR LARGE SUPERFICIAL COLORECTAL TUMORS K.
    United European Gastroenterological Week 2015, Barcelona, 10/26
  • A. Kusakabe, T. Michida, et al.
    : Long-term outcomes of endoscopic submucosal dissection(ESD) for gastric cancer invaded to the submucosa: a result of a prospective study of the expanded indication of ESD.
    United European Gastroenterological Week 2015, Barcelona, 10/26
  • Lecture, Shuntaro Obi, Shinpei Sato, Takahisa Sato, Toshihiro Kawai, Takafumi Sugimoto, Miho Kanda.
    : Satellite 3 Locoregional and Radiation Therapy. Hepatic Arterial Infusion Chemotherapy.
    7/03-05, The 6th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting. Osaka, JAPAN
  • Shuntaro Obi, Shinpei Sato, Takahisa Sato, Toshihiro Kawai, Miho Kanda.
    : Neutrophil-to-Lymphocyte Ratio(NLR) is predictive factor for survival in patients with advanced HCC treated by Sorafenib.
    2015/09/04 International Liver Cancer Association Paris, France
  • Lecture, Shuntaro Obi, Shinpei Sato, Takahisa Sato, Toshihiro Kawai, Takafumi Sugimoto, Miho Kanda.
    : Hepatic Arterial Infusion Chemotherapy.
    2016/02/22 Asian Pacific Study of The Liver Tokyo, JAPAN
  • S. Obi, et al.
    : Hyponatremia is prognosis factor of refractory ascites. Asian Pacific Study of The Liver Tokyo 2/22
  • S. Obi, et al.
    : NLR is predictive factor for survival in patients with advanced HCC treated by Sorafenib.
    Asian Pacific Study of The Liver Tokyo 2/22
  • 小尾俊太郎 他
    Neutrophil-to-Lymphocyte Ratioは肝細胞癌に対するSorafenibの予後予測因子である
    日本癌治療学会
  • 杉本貴史、小尾俊太郎 他
    当院で化学療法を施行した原発性十二指腸・小腸癌5例の検討 日本消化器病学会(2015.03)
  • 石井政嗣、小尾俊太郎 他
    膵頭十二指腸切除後の肝転移に対するラジオ波焼灼療法
    日本消化器病学会(2015.03)
  • 小尾俊太郎 他
    Sorafenib後治療はT.Bilに依存する
    日本消化器病学会(2015.03)
  • 河井敏宏、小尾俊太郎 他
    門脈腫瘍塞栓合併肝癌症例における静脈瘤破裂に対する緊急EVLの治療成績の検討
    肝臓学会
  • 佐藤新平、小尾俊太郎 他
    肝細胞癌に対する “静脈麻酔併用RFA” と様々な工夫
    肝臓学会
  • 小尾俊太郎 他
    Intermediate stage以後および肝機能不良の肝癌の治療選択と予後 Intermediate stage以後および肝機能不良の肝がんに対する動注化学療法の予後 Child Pugh Score何点までが治療対象か?奏効予測因子は?
    肝臓学会
  • 山本克己、道田知樹
    クリップフラップ法を用いた大腸ESDとデバイスの使い分け
    第11回日本消化管学会総会(2/13東京)
  • 松村有記、道田知樹 他
    早期胃癌に対するESDの長期成績 適応拡大前向き研究より
    日本胃癌学会(3.17大分)
  • 日下部瑛、道田知樹 他
    早期胃SM癌に対するESDの長期成績
    日本胃癌学会(3.17大分)
このページのトップへ