診療科・担当医紹介
内科(消化器)
 現在、日本人の死亡原因の第1位は悪性腫瘍です。その中でも胃癌・大腸癌・肝臓癌などの消化器系悪性腫瘍が大きな割合を占めます。消化器内科ではこれらの疾患群を扱い、早期胃・大腸癌の内視鏡治療、肝臓癌の経皮ラジオ波治療を積極的におこなっています。
 また、手術不能の進行癌に対しては全身状態にあわせて、より期待のできる抗癌剤を選択し、治療効果をあげています。
担当医
小尾 俊太郎
病院教授 小尾 俊太郎
出身大学帝京大学 平成3年卒 医学博士
専門医等日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
東京大学医学部非常勤講師
香川大学医学部非常勤講師
佐藤 隆久
講師 佐藤 隆久
出身大学名古屋市立大学 平成13年卒 医学博士
専門医等日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医
日本肝臓学会専門医

~2017年度~
診療実績

内視鏡検査における処置件数
 上部:4,050件
 下部:1,675件

教育について
学生:5年生BSL(臨床実習)
院内:前期研修でのローテート
院外:内視鏡セミナーやESDハンズオン(国内・海外)
   市民公開講座(学会主催)

研究について
論文
再発を繰返したアメーバ性大腸炎のパロモマイシンによる1治療例
 Author:坪川大悟(北里大学医学部寄生虫学), 高山陽子, 東納重隆, 道田知樹, 石田康生,
 八田岳士, 橘裕司, 辻尚利
  Source:Clinical Parasitology (1341-5190)28巻1号 Page80-83(2017.12)
当院におけるLECSの治療現況と早期胃癌に対する新たな試み
 Author:森幹人(帝京大学ちば総合医療センター外科), 首藤潔彦, 道田知樹, 松原久裕, 幸田圭史
  Source:Progress of Digestive Endoscopy (1348-9844)91巻1号 Page57-61,1(2017.12)
Facial flushing after alcohol intake as a predictor for a high risk of synchronous or metachronous cancer of the upper gastrointestinal tract.
 Harada H, Shinohara S, Takebayashi S, Kikuchi M, Fujiwara K, Michida T, Yamamoto R,
 Hayashi K, Saida K, Naito Y.
  Jpn J Clin Oncol. 2017 Dec 1;47(12):1123-1128.
Peritoneal Seeding after Gastric Perforation during Endoscopic Submucosal Dissection for Gastric Cancer.
 Hirao M, Yamada T, Michida T, Nishikawa K, Hamakawa T, Mita E, Mano M, Sekimoto M.
  Dig Surg. 2017 Nov 8.
Endoscopic Resection of Ampullary Neuroendocrine Tumor.
 Fukasawa H, Tounou S, Nabetani M, Michida T.
  Intern Med. 2017;56(5):499-503.
Asia-Pacific clinical practice guidelines on the management of hepatocellular carcinoma: a 2017 update.
 Omata M, Cheng AL, Kokudo N, Kudo M, Lee JM, Jia J, Tateishi R, Han KH, Chawla YK,
 Shiina S, Jafri W, Payawal DA, Ohki T, Ogasawara S, Chen PJ, Lesmana CRA, Lesmana LA,
 Gani RA, Obi S, Dokmeci AK, Sarin SK.
  Hepatol Int. 2017 Jul;11(4):317-370.
Ramucirumab as second-line treatment in patients with advanced hepatocellular carcinoma: Japanese subgroup analysis of the REACH trial.
 Kudo M, Hatano E, Ohkawa S, Fujii H, Masumoto A, Furuse J, Wada Y, Ishii H, Obi S,
 Kaneko S, Kawazoe S, Yokosuka O, Ikeda M, Ukai K, Morita S, Tsuji A, Kudo T, Shimada M,
 Osaki Y, Tateishi R, Sugiyama G, Abada PB, Yang L, Okusaka T, Zhu AX.
  J Gastroenterol. 2017 Apr;52(4):494-503.
Sorafenib plus low-dose cisplatin and fluorouracil hepatic arterial infusion chemotherapy versus sorafenib alone in patients with advanced hepatocellular carcinoma (SILIUS): a randomised, open label, phase 3 trial.
 Kudo M, Ueshima K, Yokosuka O, Ogasawara S, Obi S, Izumi N, Aikata H, Nagano H,
 Hatano E, Sasaki Y, Hino K, Kumada T, Yamamoto K, Imai Y, Iwadou S, Ogawa C,
 Okusaka T, Kanai F, Akazawa K, Yoshimura KI, Johnson P, Arai Y; SILIUS study group.
  Lancet Gastroenterol Hepatol. 2018 Jun;3(6):424-432.

学会
Optical Enhancement (OE) for Imaging the Upper GI tract. T Michida. New Horizons in Image Enhanced Endoscopy 2017 (Gold Coast, 22-23 April. 2017).
Diagnosis and treatment of early cancer in the upper GI tract. T Michida Fellowship Weekly Conference Gastroenterology, Hepatology and Nutrition, UT Health Science Center, (Houston 5.5. 2017)
2017年06月09日 第53回日本肝臓学会総会(広島)小尾俊太郎
 肝細胞癌治療後症例におけるDAAウィルス駆除成績と肝癌再発要因―肝癌再発を抑止できるか―
2017年07月06日 第53回日本肝癌研究会(東京)小尾俊太郎
 症例検討会司会として参加
2017年09月02日 第42回」リザーバー研究会(高野山)小尾俊太郎
 肝細胞癌におけるIVR治療とTKI治療のこれまでとこれから(ランチョンセミナー座長)
2017年12月02日 第347回日本消化器病学会関東支部例会(東京)矢原良子
 多岐にわたる合併症を有した高齢者に発症した再発性十二指腸性潰瘍の一例
2017年12月02日 第347回日本消化器病学会関東支部例会(東京) 福村幸代
 潰瘍を伴う大腸炎を内視鏡で観察しえたサルモネラ腸炎の一例

研究中のテーマ
  • 消化器癌に対する内視鏡手術や経カテーテル治療
このページのトップへ