診療科・担当医紹介
小児科
●患者さん・ご家族の方へ
 当院は昭和61年の開院以来、市原市及び近隣の市町、医療圏である長生・夷隅地区の地域小児医療の中心的な役割を果たしてまいりました。近年には市原市・市原市医師会のご協力も得て、千葉ろうさい病院、千葉県循環器病センターとともに小児二次救急の輪番制を施行し、より充実した小児医療の提供のため努力しております。2018年7月からは千葉市内2病院にも加わっていただいています。
 当院に限ったことではありませんが、小児科外来を受診される患者さんの多くがいわゆる「かぜ症候群」をはじめとする感染症です。そのため、午前中の外来を「一般外来」として、どちらかといえば感染症などの急性疾患を中心とした患者さんのための外来を行っています。
 午後は「専門外来」あるいは「特殊外来」として、特に感染症に弱い患者さんの治療、乳児健診、予防接種などにあてております。もちろん容態が急に変わった場合などではこの限りではありませんので、ご連絡をください。
 土曜日の外来は完全予約制としておりましたが、平成29年度からは平成27年度以前のように予約名なしでも受け付ける体制といたしました。ただ、平日より人員の少ない状況での診療となりますので、急な容態の変化の時以外はできるだけ平日の診療を受けるようにお願いいたします。
 時間外(救急外来)は前述のとおり、千葉ろうさい病院、千葉県循環器病センター、千葉県こども病院、千葉市立海浜病院とともに小児二次救急の輪番制を行っておりますので、それに従って輪番病院を受診していただくことになります。
 小児科の受診に紹介状は必須ではありませんが、他院ですでに診療を受けられている場合には、診療内容のわかるもの(紹介状・処方内容・検査結果など)があると助かります。
 入院が必要となった場合、原則として小児病棟(5B病棟)に入院いただいております。入院患者さんの多くは喘息、肺炎、尿路感染症などの呼吸器系疾患あるいは感染症の患者さんであり、近隣の開業の先生方からのご紹介も多数受け入れさせていただいております。さらに、より専門的な医療を必要とする白血病などの血液疾患、小児糖尿病などの内分泌疾患、てんかんなどの神髄疾患、細菌性髄膜炎や脳炎などの重傷感染症などに対しそれぞれの専門医を中心に積極的に診療させていただいております。ご家族の付き添いにつきましては、ご家族の事情などに配慮し、できるだけご希望にそうようにしてまいりますので、ご相談ください。

●小児科医師の皆様へ
 当院は、ほぼ常時小児科常勤医師を募集しております。初期研修を終えて小児科医となることを目指していらっしゃる方、小児科専門医・学位の取得を目指していらっしゃる方、専門医資格や学位など取得済みで腰を落ち着けて小児医療をやっていきたい方、などそれぞれのニーズに合わせたやり方を提供あるいは提案させていただきます。科長(太田)までご気軽にご相談ください。
担当医
太田 節雄
教授 太田 節雄
出身大学 群馬大学 1984年 医学博士
専門分野 小児科一般
小児血液腫瘍
専門医等 日本小児科学会専門医
日本血液学会認定医・指導医
小児血液がん専門医・指導医
骨髄移植推進財団調整医師
感染制御医(ICD)
日本がん治療認定医機構暫定教育医
南谷 幹史
助教 南谷 幹史
出身大学 千葉大学 1989年卒 医学博士
専門分野小児科一般
小児内分泌学
甲状腺疾患
骨カルシウム代謝疾患
専門医等日本小児科学会専門医
日本内分泌学会内分泌代謝専門医・指導医
日本甲状腺学会専門医
成長科学協会軟骨異栄養症専門委員
成長科学協会地区委員
病院教授 青木 孝浩
出身大学 千葉大学 2008年卒 医学博士
専門分野 小児科一般
小児血液腫瘍
専門医等 日本小児科学会専門医・指導医
日本血液学会専門医
日本小児血液・がん専門医
日本がん治療認定医
日本造血細胞移植認定医
助手 奧主 朋子
出身大学福井大学 平成20年卒
専門分野 小児科一般
小児血液
小児がん
専門医等小児科専門医
助手 小泉 歩
出身大学 帝京大学 2015年卒
専門分野 小児科一般
後期研修医 吉村 健多
出身大学 帝京大学 2016年卒

~2017年度~
診療実績

入院患者総数:619名

教育について
学生教育
 医学部実習:BSLちばマイナー実習、BSC小児科実習
 医学部講義:4年生2コマ(太田、南谷)
 PBLチュートリアルのための医学教育FDメンバー(南谷)

研究について
  • 研究
  • 日本小児白血病リンパ腫研究グループ(JPLSG)、東京小児がん研究グループ(TCCSG)などのメンバーとして、白血病その他の悪性腫瘍疾患の研究を行う。各プロトコール治療研究などに積極的に登録、参加し、日本全体における白血病、リンパ腫などの標準治療の確立に協力する。(太田、奥主)
  • 成長決定遺伝子の検討、バセドウ病難治例の浸潤リンパ球を用いた遺伝子発現の検討、中枢性先天性甲状腺機能低下症の責任遺伝子の検討、骨形成不全症のビスフォスフォネート治療の効果の検討などの計画を進めていく。東日本大震災小児甲状腺疾患診療プロジェクトチームメンバーとして、千葉県内の避難児の甲状腺検査に協力。(南谷)
  • その他、細菌性髄膜炎・敗血症などの小児感染症の研究も継続する。また、貴重な症例の経験や累積から一般小児科に関する臨床的研究も行う。 (太田、南谷 他全員)
  • 論文、著書、学会発表
  • Ihara K., Minamitani K. et al: FUT2 non-secretor status is associated with Type 1 diabetes susceptibility in Japanese children. Diabet Med
  • Minamitani K. et al: Guidelines for the treatment of childhood-onset Graves' disease in Japan, 2016. Clin Pediatr Endoclinol
  • Nagasaki K., Minamitani K. et.al: Clinical characteristics of septo-optic dysplasia accompanied by congenital central hypothyroidism in Japan. Clin Pediatr Endoclinol
  • 南谷幹史:ミニ特集 知って得する小児内分泌代謝領域の話題1.甲状腺-「小児期発症バセドウ病診療ガイドライン2016」改訂のポイント-、小児科臨床
  • 南谷幹史:特集 小児内分泌アドバンス[各論] 橋本病、小児内科
  • 南谷幹史:【小児領域の甲状腺疾患のUpdate】「小児期発症バセドウ病診療のガイドライン2016」の解説、日本甲状腺学会雑誌
  • 戸石悟司、太田節雄他:パリビズマブ投与児に対するワクチン同時接種の安全性、日本小児科学会雑誌
  • 山本仁美、南谷幹史 他:実践報告 平成元年度から平成25年度までの間に千葉県で出生した新生児を対象として実施した先天性副腎過形成症の検査結果についての検討、調査研究ジャーナル
  • 長崎啓祐、南谷幹史他:先天性中枢性甲状腺機能低下症の診療状況の全国調査、日本マス・スクリーニング学会誌
  • 南谷幹史:【ここがポイント-小児診療ガイドラインの使い方】内分泌・代謝疾患「小児期発症バセドウ病診療のガイドライン2016」の概説、小児科臨床
  • 南谷幹史:【そうだったのか!今すぐ役立つ小児内分泌のコツ】ここをおさえれば怖くない問診・理学的所見・初診時検査のコツ 甲状腺腫大、小児科診療
  • 南谷幹史:【甲状腺ホルモンと関連疾患】甲状腺ホルモンと小児科領域-精神・神経発達障害(精神・知的活動の低下)-、日本甲状腺学会雑誌
  • 斐牧子、石井崇浩他:Glycogenic Hepatopathyを合併した血糖コントロール不良1型糖尿病の1例、小児科臨床
このページのトップへ