診療科・担当医紹介
内科(呼吸器)
呼吸器の領域は気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患のほかにも肺炎や気管支拡張症、結核などの感染症、肺癌、間質性肺疾患、肺血栓塞栓症などの重要疾患が数多く、呼吸器は極めて重要な臓器といえます。当科では、問診、診察、CTや気管支鏡などの各種検査により迅速で正確な診断と治療により、患者さんのQOL(生活の質)を高めるべく努力しております。国内では、呼吸器内科医の数はまだまだ少ない状態で、千葉県内でも呼吸器内科専門医は少ないのですが、専門的で良質な医療を提供できるよう日々の診療をおこなっております。
担当医
山口 正雄
教授 山口 正雄
出身大学 東京大学 昭和62年卒 医学博士
専門分野 喘息及び呼吸器疾患全般、アレルギー疾患
専門医等 日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
日本呼吸器学会専門医・指導医
日本アレルギー学会専門医・指導医
気管支鏡専門医・指導医
萩谷 政明
准教授 萩谷 政明
出身大学 福井医科大学 平成元年卒 医学博士
専門分野 気管支喘息、呼吸器内科学全般
専門医等 日本呼吸器学会専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医
総合内科専門医
感染制御医(ICD)
會田 啓介
助手 會田 啓介
出身大学 帝京大学 平成19年卒
専門分野 慢性閉塞性肺疾患、呼吸器内科一般
専門医等 日本内科学会認定内科医
助手 山本 藍
非常勤 白神 梨沙
出身大学 帝京大学 平成20年卒
専門分野 呼吸器内科一般
専門医等 総合内科専門医
日本外科学会専門医

~2020年度~
診療実績

入院症例数
 肺炎:26件
 間質性肺炎:11件
 肺癌:106件
 慢性閉塞性肺疾患:11件
 気管支喘息:2件
 膿胸:2件
 慢性呼吸不全:5件
 胸部異常陰影:3件
 その他:92件

教育について
学生教育、大学院教育における活動内容
  • 医学部学生講義(リモートを含む)
     医学部2年生 臨床推論1:息切れ、呼吸困難、異常呼吸(山口)。2020年11月。
     医学部3年生 臨床医学統合講義(呼吸器):(4)肺の構造・機能、(8)呼吸調節とガス交換、(10)呼吸不全、(22)肺の感染防御機構(山口);(16)肺抗酸菌症、(24)肺炎(萩谷)。2020年5-6月。
     医学部5年生 BSL:臨床指導・クルズス(山口、萩谷、會田、白神)
     医学部6年生 総合講義(呼吸器):総論:肺の構造と機能、各論:免疫学的肺疾患(山口);各論:感染性呼吸器疾患(萩谷)。2020年7-9月。
  • 医療技術学部講義(リモートを含む)
     看護学科 疾病治療論Ⅱ内科系:(3)呼吸器感染症、(10)アレルギー疾患(山口)。2020年4-5月。
     視能矯正学科 臨床医学Ⅰ内科:(7)呼吸器、(8)アレルギー(山口)。2020年9-12月。
  • 東京大学講義(リモートを含む)
     薬学部「臨床薬理学」・薬学大学院「クリニカルサイエンス特論」講義。アレルギー疾患と薬物アレルギー(山口)。2020年6月。
     医学部5年生アレルギー・リウマチ内科BSLクルズス。「アレルギー疾患の概説」(山口)。2020年6月、10月、2021年1月。

研究について
論文と著者名
  • 東名史憲、小林このみ、斉藤光次、田中 篤、山口正雄、長瀬洋之。ペムブロリズマブとST合剤使用中に難治性肝障害を呈した肺癌症例。日呼吸誌。9(2):99-103,2020.
  • 白神梨沙、本間敏明。簡易型高炭酸ガス換気応答装置のレビー小体型認知症への応用。帝京医学雑誌 43(5):155-162,2020.
  • 會田啓介、上遠野賢之助、白神梨沙、田中 健、萩谷政明、本間敏明。経皮的炭酸ガス分圧測定装置の睡眠時無呼吸症候群における臨床的有用性の検討。日本臨床生理学会雑誌 50(5):141-146,2020.
  • 立澤直子、玉井大地、竹内愼哉、西 竜一、寺倉守之、佐川俊世、長瀬洋之、山口正雄、坂本哲也。帝京大学病院救急科における成人アナフィラキシー症例の検討。アレルギー 69(9):900-908,2020.
  • Thong BY, Lucas M, Kang HR, Chang YS, Li PH, Tang MM, Yun J, Fok JS, Kim BK, Nagao M, Rengganis I, Tsai YG, Chung WH, Yamaguchi M, Rerkpattanapipat T, Kamchaisatian W, Leung TF, Yoon HJ, Zhang L, Latiff AHA, Fujisawa T, Thien F, Castells MC, Demoly P, Wang JY, Pawankar R. Drug hypersensitivity reactions in Asia: regional issues and challenges. Asia Pac Allergy 10(1):e8,2020.
  • Dobashi K, Usami A, Yokozeki H, Tsurikisawa N, Nakamura Y, Sato K, Okumura J, Yamaguchi M; Committee for Japanese Guideline for Diagnosis and Management of Occupational Allergic Disease; Japanese Society of Allergology. Japanese guidelines for occupational allergic diseases 2020. Allergol Int 69(3):387-404,2020.
  • Nakamura Y, Tamaoki J, Nagase H, Yamaguchi M, Horiguchi T, Hozawa S, Ichinose M, Iwanaga T, Kondo R, Nagata M, Yokoyama A, Tohda Y, the Japanese Society of Allergology. Japanese guidelines for adult asthma 2020. Allergol Int 69(4):519-548,2020.
  • Tang MM, Fok JS, Thong BY, Yun J, Li PH, Kang HR, Thien F, Yamaguchi M, Lucas M, Chang YS, Kim BK, Nagao M, Rengganis I, Tsai YG, Chung WH, Rerkpattanapipat T, Kamchaisatian W, Leung TF, Ho JY, Zhang L, Latiff AHA, Fujisawa T, Castells MC, Demoly P, Wang JY, Pawankar R. Diagnostic procedures & practices in drug allergy/ hypersensitivity: A survey of 13 Asian countries. Asia Pac Allergy 10(4):e36,2020.
  • 西村善博、山口正雄、堀田麻里子、林 暢哉、坂本 慶、時本敏充、東田有智。ヒト化抗インターロイキン5受容体αモノクローナル抗体製剤ベンラリズマブの特定使用成績調査:中間報告。Therapeutic Research 41(9):747-759,2020.
  • Toyota H, Sugimoto N, Kobayashi K, Suzuki Y, Takeshita Y, Ito A, Ujino M, Tokyo F, Sakasegawa H, Koizumi Y, Kuramochi M, Yamaguchi M, Nagase H. Comprehensive analysis of allergen-specific IgE in COPD: Mite-specific IgE specifically related to the diagnosis of asthma-COPD overlap. Allergy Asthma Clin Immunol 17(1):13,2021.
  • Suzuki Y, Yamaguchi M, Mori M, Sugimoto N, Suzukawa M, Iikura M, Nagase H, Ohta K. Enhancement of human basophil mediator release by eotaxin (CCL11). Allergy, in press.

執筆原稿など(2020年以降)
  • 山口正雄。薬剤アレルギー:個別医療の考え方で患者に接する必要がある。Hospitalist. 8(1):151-159,2020.
  • 山口正雄。専門家による私の治療 アナフィラキシー。日本医事新報。4994号p39, 2020.(2020年1月)
  • 山口正雄。気管支喘息の最新の診断と治療。日本内科学会雑誌。109(3):496-500,2020.
  • 山口正雄。造影剤でのアナフィラキシーショックへの対応。日獨医報。64(2):110-116,2020.
  • 薮内由季菜、石川武子、立澤直子、佐川俊世、山口正雄。【フレッシャーズ特集:ひとりでできる当直マニュアル】一人当直で困ったときに乗りきれるマニュアル 急に唇が腫れて息苦しい感じがします! Visual Dermatology 19(4):376-380,2020. 学研メディカル秀潤社
  • 山口正雄。薬剤によるアナフィラキシーの新たな知見。臨床免疫・アレルギー科。74(2):146-150,2020.
  • 山口正雄。アレルギー性喘息のオーダーメイド診療。呼吸器内科。38(3):226-229,2020.
  • 山口正雄。脱感作への対応。アレルギーの臨床。40(11):890-893,2020.
  • 山口正雄。巻頭言:あらゆる臨床分野で薬剤アレルギーは重要である。アレルギーの臨床。40(11):866,2020.
  • 山口正雄。長期処方時代の薬物療法を支える薬剤師になるための慢性疾患治療薬の使い分けと患者モニタリング:気管支喘息。調剤と情報。じほう。p136-143. 2020年11月臨時増刊号
  • 山口正雄。薬剤アレルギー(SJS、TEN、DIHS、血清病を含む)。今日の小児治療指針 第17版。p308-310。医学書院。2020年11月。
  • 山口正雄。喘息。診療ガイドラインup-to-date 2020-2021。メディカルレビュー社。p100-105. 2020年。
  • 山口正雄。アナフィラキシー。新臨床内科学 第10版(監修 矢崎義雄)。第12章アレルギー疾患。p1682-1686。医学書院。2020年。
  • 山口正雄、萩谷政明。アミロイドーシス。最新ガイドラインに基づく呼吸器疾患診療 最新ガイドライン 2021-2022。p258-264。総合医学社。2020年。
  • 分担執筆(山口正雄):アレルギー膠原病感染症。系統看護学 成人看護学11。p16-56。医学書院。2020年。
  • 分担執筆(山口正雄):アレルギー膠原病感染症。系統看護学 成人看護学11。p16-55。医学書院。2021年。
  • 山口正雄。薬剤アレルギー。medicina。58(2):223-227,2021.
  • 山口正雄。ケーススタディ:COPD診断をきっかけに禁煙に成功した症例。スズケンメディカル。2021;24(1):1-3.
  • 萩谷政明。禁煙治療とは。スズケンメディカル。2021;24(1):15.
  • 山口正雄。COPD診断をきっかけに禁煙に成功した症例。スズケンファーマ。2021;24(1):1.
  • 萩谷政明。禁煙治療のくすり。スズケンファーマ。2021;24(1):7.
  • 山口正雄。専門医のためのアレルギー講座 薬物アレルギーへの対応と対策:最近の展開。アレルギー 2021;70(2):75-79.
  • 山口正雄。新型コロナワクチンのアレルギー性副作用について。アレルギー友の会 あおぞら 593号 2021年4月1日発行。HP公開
  • 山口正雄。ガイドラインのワンポイント解説:喘息予防・管理ガイドライン2018−2021年版発刊に向けた期待−。アレルギー。70(4):271-273,2021.
  • 山口正雄。IgE、IgE抗体。日本医師会雑誌150巻特別号(1)(生涯教育シリーズ100) 臨床検査を使いこなす。S211-S212。2021年6月。
  • 山口正雄。新型コロナワクチンのアレルギー性副作用について。センターニュース115号(院内広報)。2021年4月発行。
  • 山口正雄 監修。健やか豆知識第27回 守っていますか?調理粉の保存方法。高田製薬。日本経済新聞2021年6月8日。
このページのトップへ