診療科・担当医紹介
内科(呼吸器)
 現在、呼吸器の領域は各種肺炎や気管支拡張症、結核などの感染症、慢性閉塞性肺疾患、肺癌、気管支喘息、各種間質性肺疾患、肺血栓塞栓症などの肺血管障害など、全世界規模での重大疾患が数多く、呼吸器は最も重要な臓器の一つとなっております。最近結核非常事態宣言が出たり、まだまだ喫煙の習慣はなくならないところを見る限り、呼吸器内科の需要はなくなりません。当科では、問診、診察、CTや気管支鏡などの各種検査により迅速で正確な診断と治療により、患者さんのQOL(生活の質)を高めるべく努力いたしております。日本国内では、呼吸器内科医の数はまだまだ少ない状態で、千葉県内でも呼吸器内科専門医は少ないのですが、できるだけ専門的で良質な医療を提供できるよう日々の診療をおこなっております。
担当医
本間 敏明
教授 本間 敏明
出身大学筑波大学 昭和55年卒 医学博士
専門分野慢性閉塞性肺疾患、呼吸器内科学全般
専門医等日本呼吸器学会専門医
日本呼吸器学会指導医
日本内科学会認定内科医
萩谷 政明
准教授 萩谷 政明
出身大学福井医科大学 平成元年卒 医学博士
専門分野気管支喘息、呼吸器内科学全般
専門医等日本呼吸器学会専門医
日本呼吸器内視鏡学会専門医
日本内科学会専門医
感染制御医(ICD)
田中 健
助手 田中 健
出身大学帝京大学 平成20年卒
専門分野肺癌、呼吸器内科一般
専門医等日本内科学会認定内科医
日本禁煙学会認定指導医
日本呼吸器学会専門医
會田 啓介
助手 會田 啓介
出身大学帝京大学 平成19年卒
専門分野慢性閉塞性肺疾患、呼吸器内科一般
専門医等日本内科学会認定内科医
助手 白神 梨沙
出身大学帝京大学 平成20年卒
専門分野呼吸器内科一般
専門医等日本外科学会専門医

~2015年度~
診療実績

入院患者数:315名
気管支鏡検査:81名
在宅酸素療法患者数:38名
在宅人工呼吸療法患者数:7名

教育について
医学部学生講義
 呼吸不全(3年生統合講義)本間 2015年6月1日
 慢性閉塞性肺疾患(3年生統合講義)本間 2015年6月11日
 各論・気管支肺疾患(6年生)本間 2015年6月18日
 各論・感染性肺疾患(6年生)萩谷 2015年6月19日
 呼吸器感染症(3年生統合講義)萩谷 2015年7月17日
 肺抗酸菌症(3年生統合講義)萩谷 2015年7月22日
5年生 BSL、外来実習担当
5年生 講義「呼吸器学的問題解決法」
研究について
  • 論文と著者名
  • 本間敏明
    QUESTION BANK 2015
    岡庭豊 発行 メデイックメデイア pp.96-100, 2015
  • 白神梨沙、本間敏明
    重複癌の診療
    Medical Practice vol.32, No.7:1224, 2015
  • 本間敏明
    QUESTION BANK CBT 2016
    岡庭豊 発行 メデイックメデイア pp.200-205, 2015
  • 田中健、本間敏明
    ジェネリック医薬品の使い分け
    Medical Practice vol.33, No.1:134, 2016
  • 学会発表
  • 田中健、白神梨沙、會田啓介、多田智、河野めぐみ、萩谷政明、本間敏明
    パルスオキシ・カプノメーターを用いた呼気終末炭酸ガス分圧測定有用性の検討
    第55回日本呼吸器学会学術講演会 2015.4.17. 東京
  • 會田啓介、上遠野賢之助、多田智、河野めぐみ、白神梨沙、田中健、萩谷政明、本間敏明
    経皮的炭酸ガス分圧測定装置有用性の睡眠時無呼吸症候群における臨床的検討
    第55回日本呼吸器学会学術講演会 2015.4.19. 東京
  • 田中健、白神梨沙、會田啓介、多田智、河野めぐみ、萩谷政明、本間敏明
    パルスオキシ・カプノメーターによる呼気終末炭酸ガス分圧測定の臨床的検討
    第25回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 2015.10.16. 千葉
  • 會田啓介、上遠野賢之助、多田智、河野めぐみ、白神梨沙、田中健、萩谷政明、本間敏明
    睡眠時無呼吸症候群での経皮的炭酸ガス分圧測定有用性の臨床的検討
    第52回日本臨床生理学会学総会 2015.11.1. 大宮
  • 蒲池三貴子、須藤和晃、多田智、本間敏明
    在宅酸素療法導入による患者の社会参加の変化
    第17回千葉県作業療法士学会 2016.3.13. 八千代
  • 講演会など
  • COPDの病態と治療(萩谷)
    Meiji Seikaファルマ社員教育研修 2015.4.7. 千葉
  • 喘息治療の実際(萩谷)
    君津木更津呼吸器疾患勉強会 2015.6.23. 木更津
  • 慢性閉塞性肺疾患の総合的理解(本間)
    アステラス社員教育研修 2015.9.11. 千葉
  • 気管支喘息の吸入指導について(萩谷)
    千葉県病院薬剤師会南部支部・県薬剤合同研修会 2015.9.15. 木更津
  • COPDの呼吸リハビリテーション(本間)
    OTS勉強会 2015.10.19. 市原
  • COPDの病態と最新治療(萩谷)
    内房COPD懇話会 2015.11.18. 木更津
  • COPDの統合的理解と酸素(本間)
    日本ベーリンガーインゲルハイム社員教育研修 2015.11.19. 千葉
  • 呼吸器領域からみた抗潰瘍薬のポイント(萩谷)
    武田薬品工業社員教育研修 2015.12.1. 千葉
  • 酸素の基礎知識(本間)
    フクダライフテック常葉社員教育研修 2015.12.3. 千葉
  • 気管支喘息吸入療法の重要性(本間)
    ノバルティスファーマ社員教育研修 2015.12.4. 千葉
  • COPDを診る(本間)
    市原市医師会講演会 2016.1.14. 五井
  • COPDについて。喫煙との関連を中心に(萩谷)
    持田製薬社員教育研修 2016.1.15. 千葉
  • 酸素療法(本間)
    武田薬品工業社員教育研修 2016.1.22. 千葉
  • 酸素 温故知新(本間)
    帝人在宅医療(株)教育研修 2016.2.15. 千葉
  • 喘息治療 Expert workshop 2016 in 千葉(萩谷、本間)
    喘息コントロール状態を考慮した今後の喘息治療の方向性を考える 2016.2.22. 千葉
  • 肺結核症 見逃さないために(萩谷)
    玄々堂君津病院 感染症研修会 2016.3.25. 君津
  • 講演会座長
  • スピオルトレスピマット発売記念講演会
    総合座長 2016.3.2. 五井 千葉
  • Included in (Toshiaki Homma)
  • “THE Asia 500” (the American Biographical Institute) 2015.
  • “The contemporary Who's Who” (the American Biographical Institute, USA) 2015/2016.
  • “Who's Who in the World” (A. N. Marquis, USA) 2015.
  • “Who's Who in Science and Engineering” (A. N. Marquis, USA) 2015.
  • “Who's Who in Medicine and Healthcare” (A. N. Marquis, USA) 2015.
  • “Top 100 Health Professionals 2013” (International Biographical Centre) 2015.
  • “International Health Professional of The year” (International Biographical Centre) 2015.
  • “Man of the year in Medicine & Healthcare” (the American Biographical Institute, USA) 2015.

研究中のテーマ
  • 在宅酸素導入後の慢性閉塞性肺疾患患者における肺機能の推移
  • 慢性閉塞性肺疾患患者の栄養状態と肺機能の関係
  • 慢性呼吸不全症例の在宅における諸問題の検討
  • 慢性閉塞性肺疾患における高炭酸ガス血症とその対策ならびに治療効果に対する研究
  • 肺胞低換気症候群における高炭酸ガス血症とその対策ならびに治療効果に対する研究
  • 簡易型高炭酸ガス換気応答検査測定器によるレビー小体型認知症の診断の有用性についての検討(特許申請中)
  • 切除不能進行期または再発非小細胞肺癌の1次抗癌治療へのa-Galactosylceramideパルス樹状細胞(Teikyo-NKT)を用いた免疫細胞治療
このページのトップへ