診療科・担当医紹介
神経内科
 当科は、房総地区の唯一の大学病院神経内科として昭和61年、帝京大学ちば総合医療センターの設立と同時に開設されました。神経内科は日本神経学会より専門医制度における教育施設として認定されております。
 当科は主に、脳血管障害、筋萎縮性側索硬化症、パーキンソン病、脊髄小脳変性症など、脳、神経筋疾患をもつ患者さんの診断と治療をおこなっており、最先端の診断や治療を行うことをモットーとしております。入院患者さんは疾患別にみてみますと、脳血管障害が40%を占め、次いで変性疾患(運動ニューロン疾患、脊髄小脳変性症、パーキンソン病、アルツハイマー病など)、炎症(脳炎、髄膜炎、ギラン・バレー症候群など)、筋疾患(重症筋無力症、筋炎、筋ジストロフィー症など)がそれぞれ約10%、中毒や代謝性疾患、多発性硬化症、脳・脊髄腫瘍、てんかん、頸椎症などに伴う神経疾患がこれに次いでおります。救急の患者さんも積極的に受け入れており、良好な治療成績をおさめております。血漿交換、血液吸着、緊急MRI検査も可能であります。重篤な症状であったにもかかわらず、治療とリハビリテーションが功を奏し、ほとんど後遺症なく社会復帰した患者様も多数おられます。また、有効な治療方法のない疾患でも、機能維持、対症療法を行い、病気を抱えつつ前向きに生活できている患者さんも多数おられます。頭痛、めまいなど日常よくみられる疾患にもよく対処し、診断・治療を行っております。
 当科は特に筋萎縮性側素硬化症、パーキンソン病、脊髄小脳変性症などの神経難病を抱える患者さん方が安心して在宅治療ができるよう、地域の診療所、訪問看護センターと密接な連携を取り、急な病状悪化にも対応できる診療体制を整えております。また、胃瘻や人工呼吸器を装着している一部の重症患者さんには、神経内科スタッフが定期的な訪問診察を行っています。さらに、介護するご家族の負担を少しでも軽減するため、患者さんに短期間病院に入院していただき、全身状態のチェックや胃瘻交換を行うとともに、その間にご家族に休憩していただくショートステイシステムを確立しており、市原地区の神経難病の患者さんおよびそのご家族より厚い信頼を集めています。
担当医
栗田 正
教授 栗田 正
出身大学東京慈恵会医科大学医学部 昭和55年卒 医学博士
専門分野神経内科学
専門医等日本内科学会認定医
日本神経学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本頭痛学会専門医
日本臨床神経生理学会脳波・筋電図認定医
病院准教授 鈴木 仁
出身大学帝京大学 平成元年卒 医学博士
専門分野神経内科学
専門医等日本内科学会認定医
日本神経学会専門医
石川 広明
助手 石川 広明
出身大学帝京大学 平成19年卒 医学博士
専門分野神経内科学
専門医等日本内科学会認定医
助手 関 香奈子
出身大学帝京大学 平成19年卒 医学博士
専門分野神経内科学
専門医等日本内科学会認定医
東田 和博
助手 東田 和博
出身大学帝京大学 平成22年卒 医学博士
専門分野神経内科学
助手 月江 友美
出身大学帝京大学 平成22年卒 医学博士
専門分野神経内科学
客員教授 尾野 精一
出身大学東京医科歯科大学医学部 昭和54年卒 医学博士
専門分野神経内科学
専門医等日本内科学会認定医
日本神経学会専門医
非常勤医師 三上 裕嗣
出身大学帝京大学 平成12年卒 医学博士
専門分野神経内科学
大学院生 藤倉 幹生
出身大学帝京大学 平成24年卒
専門分野神経内科学
修練医 山野 敬彦
出身大学帝京大学 平成5年卒 医学博士
専門分野神経内科学

~2015年度~
診療実績

外来患者数:14,984名
入院患者数:422名

教育について
第2学年 統合講義(神経)
 栗田教授:1コマ
 鈴木病院准教授:2コマ
第5学年 BSL講義、訪問診療
第6学年 BSC、訪問診療、病棟実習
初期研修医クルズス
シリーズ神経症候の診かた
(神経学的診察、めまい、歩行障害)
研究について
  • 原著論文・著書
  • 月江友美
    紀伊半島筋萎縮性側索硬化症(ALS)における皮膚膠原線維の研究
    帝京医学雑誌 38(5): 145-153, 2015
  • 栗田正
    意識障害・失神。看護学生のための神経内科学〔平田幸一 編著〕
    中外医学社 東京、2016年2月15日発行、pp65-71
  • 尾野精一
    筋強直性ジストロフィー。神経疾患最新の治療 2015-2017〔小林祥泰、水澤英洋、山口修平 編〕
    南光堂 東京、2015 pp244-245
  • 全国学会発表
  • 東田和博、栗田正
    筋生検上神経原性変化を呈したリウマチ性多発筋痛症の臨床的検討
    第56回日本神経学会総会学術大会 新潟 5/20 2015
  • 鈴木仁、月江友美、東田和博、桶田善彦、安井香奈子、石川広明、野村誠、三上裕嗣、栗田正、尾野精一
    糖尿病合併慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチーについての臨床的検討
    第56回日本神経学会総会学術大会 新潟 5/21 2015
  • 月江友美、鈴木仁、栗田正
    腎細胞癌術後に認めた脊髄髄内転移で治療が奏功した48歳男性例
    第33回日本神経治療学会総会 名古屋 11/26 2-15
  • 野村誠、藤倉幹生、月江友美、東田和博、石川広明、安井香奈子、三上裕嗣、鈴木仁、栗田正、尾野精一
    偽性外転神経麻痺を呈した視床傍正中部梗塞の一例
    第33回日本神経治療学会総会 名古屋 11/26 2015
  • 地方学会発表
  • 藤倉幹生、東田和博、月江友美、関香奈子、石川広明、野村誠、鈴木仁、栗田正
    ステロイド抵抗性の中枢性限局性血管炎にインフリキシマグが著効したHLAB51陽性の60歳代男性例
    第213回日本神経学会関東・甲信越地方会 東京 6/6 2015
  • 月江友美、藤倉幹夫、東田和博、石川広明、関香奈子、三上裕嗣、鈴木仁、栗田正
    頸髄より腰髄に至る硬膜外膿瘍と細菌性髄膜炎を認めた50歳女性の一例
    第215回日本神経学会関東・甲信越地方会 東京 12/5 2015
  • 関香奈子、藤倉幹生、月江友美、東田和博、石川広明、鈴木仁、栗田正
    粟粒結核に結核性髄膜炎を併発しLemierre症候群を呈した39歳男性の一例
    第621回日本内科学会関東地方会 2/13 2016
  • 月江友美、藤倉幹生、東田和博、石川広明、関香奈子、三上裕嗣、鈴木仁、栗田正
    亜急性の異常眼球運動と体幹失調で発症し、後に前立腺癌が発見された76歳男性例
    第216回日本神経学会関東・甲信越地方会 東京 3/5 2016
  • 研究会発表
  • 藤倉幹生、月江友美、東田和博、関香奈子、石川広明、三上裕嗣、鈴木仁、栗田正、尾野精一
    特発性てんかんで発症し慢性硬膜下血腫をきっかけに局在関連性てんかんを呈した43歳男性の一例
    第1回ICHIHARA Neurology Conference 市原 7/30 2015
  • 生方翔子、関香奈子、藤倉幹生、月江友美、東田和博、石川広明、鈴木仁、栗田正
    Isolated neck extensor myopathyと診断した63歳女性の一例
    第2回南房総パーキンソン病研究会 市原 9/10 2015
  • シンポジウム・講演・その他
  • 栗田正
    片頭痛の頓挫治療
    日本頭痛協会千葉支部主催「頭痛を学ぶ<鴨川>セミナー」 鴨川 8/30 2015
  • 栗田正
    レビー小体型認知症について
    市原多職種連携セミナー 市原 9/3 2015
  • 栗田正
    パーキンソン病における幻視と視覚情報処理障害
    第22回関東パーキンソン病勉強会 東京 9/19 2015
  • 山﨑幹大、谷口洋、栗田正、井口保之、福田隆浩
    全経過が6年で晩期に自律神経障害を呈した家族性脊髄小脳変性症の63歳男性剖検例
    第24回Neuro CPC 東京 9/25 2015
  • 栗田正
    パーキンソン病とどう向き合うか-初期から進行期までの問題と対応-
    パーキンソン病講演会(市原健康福祉センター主催) 市原 11/13 2015
  • 栗田正
    糖尿病性神経障害の痛み、しびれをどうするか?-最近の薬物療法-
    室蘭「痛み」学術講演会 室蘭医師会共催 室蘭 11/19 2015
  • 栗田正
    脳機能の生理学的診断-脳波・事象関連電位から幻視の研究へ-
    第16回溝口病院脳卒中センターカンファレンス 川崎 2/12 2016

研究中のテーマ
  • 孤発性筋萎縮性側索硬化症(ALS)の皮膚の免疫組織化学的研究
  • 紀伊半島筋萎縮性側索硬化症(ALS)の皮膚の超微形態学的研究
  • 家族性筋萎縮性側索硬化症(ALS)の遺伝子および中枢神経病理の研究
  • パーキンソン病の幻視に関する大脳生理学的研究
このページのトップへ