診療科・担当医紹介
放射線科
 放射線科は、画像診断を主に行う診断部門、放射線医薬品(ラジオアイソトープ)を扱う核医学部門、放射線治療を行う治療部門の3つの診療部門からなり、放射線部所属の診療放射線技師と協力しながら、診療に取り組んでいます。
 診断部門では、X線写真、CT(コンピュータ断層撮影)、MRI(磁気共鳴画像)、血管造影などの画像診断を担当し、診断報告書を作成しています。診断報告書は内科・外科など診療各科の担当医の元に送られ、診療に役立てられています。また、診断部門では、画像診断の技術を用いて治療的手技を行うIVR(インターベンショナルラジオロジー)も行っており、カテーテルを用いた血管内治療や治療用カテーテル埋め込みなどで実績を上げています。
 核医学部門では、放射線医薬品の体内分布を画像化できる核医学検査を用いて、病気の有無や進行度、各種の臓器の機能評価を行い、診断部門と同様に診断報告書を作成しています。核医学検査では非侵襲的に各臓器の生化学的・生理学的情報を得ることができます。
 治療部門では、患者さんの病気とその進行度に応じて最適な治療計画を立て、放射線を用いた治療を行っています。あまり体に負担をかけることなく、臓器の機能や形態を温存しながら、様々な悪性腫瘍に対して治療を行うことができます。
 放射線科スタッフは病院教授2名、後期研修医1名の常勤医師のほか、6名の非常勤医師により構成されています。頭部や体幹部など各分野の専門に精通した医師により、大学病院としてレベルの高い医療を行っています。また、他科とのカンファレンス(症例に関する検討会)も行い、診療レベルの向上に努めています。さらに近隣の医療機関との連携を重視しており、画像診断のご依頼やご相談についても積極的にお受けしています。

 日本医学放射線学会 放射線科専門医修練機関
 日本核医学会 専門医教育病院


担当医
病院教授 横川 徳造
出身大学日本大学 昭和62年卒 医学博士
専門分野放射線治療
専門医等日本医学放射線学会治療専門医
医学物理士
放射線治療品質管理士
日本核医学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
検診マンモグラフィ読影認定医
第1種放射線取扱主任者
日本医学放射線学会研修指導者
病院教授 林 敏彦
出身大学日本医科大学 平成5年卒 医学博士
専門分野放射線診断学
専門医等日本医学放射線学会放射線科診断専門医
検診マンモグラフィ読影認定医

~2016年度~
診療実績

CT(コンピュータ断層撮影):14,657件
MRI(磁気共鳴画像):6,890件
放射線科施行血管造影(IVR含む):9件
核医学:841件

教育について
研修医
 画像診断学の基礎を身につけ、指導医のもと画像診断を通じて患者の病態を把握できるようにする
 ・検査法の指示(検査技術やプロトコール)や処置(造影剤注射や血管造影手技など)を指導医と
  ともに行う
 ・画像上の異常所見を検出解析し、指導医のもとで読影報告書を作成
 ・各診療科とのカンファレンスに積極的に参加

研究中のテーマ
  • 3T MRIによる側頭葉内側部のMR spectroscopyの精神疾患診断への応用
このページのトップへ