診療科・担当医紹介
産婦人科
産婦人科Webサイト 当科では産婦人科全般にわたって専門的かつ一貫した治療方針に基づく治療が行なわれています。婦人科救急に関しては全例、産科救急は妊娠34週以降の未熟児治療を伴わないものであればすべて受け入れており地域住民から極めて厚い信頼を得ています。2015年の手術件数は産科・婦人科合わせて535件、年間分娩総数は249件でした。
 当科は内視鏡下手術(腹腔鏡・子宮鏡)をいち早く千葉県内でスタートさせた病院です。内視鏡手術技術認定医の資格を有する梁教授・林病院教授をはじめとして、医局員全員がこの手術を行うことができます。開院以来の内視鏡手術例数は腹腔鏡・子宮鏡を合わせて2400症例を超えており、ここ数年は年間の手術実績は200例近くにおよびます。最近では卵巣疾患のみならず子宮筋腫・子宮内膜症の症例が急激に増えてきており、全良性疾患の7割が内視鏡で行われています。また、2015年から子宮体がんに対する内視鏡手術の施設基準も満たして厚生労働省からの認定を得ることができました。適応さえ満たせばこの疾患でも内視鏡手術で行っています。このため、房総地区はもとより県内全域から患者さんはいらっしゃっています。
 伝統的に評判の高い内視鏡手術分野に加えて、梁教授・林病院教授はさらに婦人科腫瘍専門医・がん治療認定医も資格を有していることもあり、近年は子宮癌・卵巣癌などの悪性腫瘍治療も患者数が急増しています。2015年は新規の悪性腫瘍患者数は78例(子宮頸癌25例、子宮体癌/子宮肉腫28例、卵巣・卵管・腹膜癌13例、その他の癌1例)を数え、積極的な手術療法・化学療法・放射線療法を組み合わせた治療により良好な成績を収めています。
 内分泌・不妊部門では特に日本生殖医学会認定の生殖医療専門医である五十嵐病院教授が中心です。特に子宮内膜症に関しては日本でも有数の研究者あり、この疾患に対する先進治療に力を入れています。ホルモン剤を用いた薬物治療や腹腔鏡下手術での病巣除去はもちろん重症例・難治症例でも症例に応じた治療を選択しています。不妊症患者に対しては子宮卵管造影検査・ホルモン検査・精液検査・ヒューナー検査等を行い症例に応じた排卵誘発や人工授精を行っています。残念ながらIVF-ET、ICSI等の生殖補助技術は、歴史的には早くにスタートさせたものの人員の関係で現在は休止しており、これらの技術を介さない自然妊娠の成立に力を注いでいます。
 腟式手術も積極的に行っており、特に性器脱手術では従来法である子宮全摘、前後腟壁形成術に加えて、最近急速に広がっているメッシュ手術も提供しています。特にこの分野は梁教授(従来法担当)と五十嵐病院教授(メッシュ手術担当)が中心です。これら性器脱手術は年間で15~20例あり、ここ15年で250例程度の実績があります。
 周産期部門では合併症妊娠などのハイリスク妊娠は全体の2割強におよび35歳以上の高齢妊娠が全体の4割強を占めています。このため、2015年度の帝切率は30.3%でした。それでも、原則的に自然陣発による分娩をめざし、分娩進行中は常に助産師が1対1で対応するきめ細かい看護が評判となり最近では正常妊娠も増加してきました。もちろん夫の立会い分娩は原則的に可能です。また、助産師による産後外来が週一日木曜午後に開設されており分娩後の育児・授乳相談等。栄養部の協力による妊娠中の個別栄養指導も随時行なわれています。
 このように産婦人科全分野にわたって質の高い医療を提供しています。特に内視鏡手術、婦人科悪性腫瘍、生殖医療に関してはそれぞれの学会の認定施設あるいは修練施設の認定を受けており、これらの技術を習得しようと集まってきた精鋭医師が誠意をもって全力で医療に取り組んでいます。
担当医
教授 梁 善光
出身大学東京大学 昭和58年卒 医学博士
専門分野婦人科内視鏡下手術
悪性腫瘍
生殖内分泌
専門医等日本産科婦人科学会専門医・指導医
日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医(産婦人科)
日本生殖医学会生殖医療専門医
日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本性感染症学会認定医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
日本女性医学会暫定指導医
母体保護法指定医師
病院教授 五十嵐 敏雄
出身大学群馬大学 平成2年卒 医学博士
専門分野子宮内膜症
生殖内分泌
専門医等日本産科婦人科学会専門医・指導医
日本生殖医学会生殖医療専門医
母体保護法指定医師
講師 鶴賀 哲史
出身大学東京医科歯科大学 平成14年卒 医学博士
専門分野婦人科悪性腫瘍
専門医等日本産科婦人科学会専門医
日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
助教 中村 泰昭
出身大学帝京大学 平成16年卒
専門分野産婦人科一般
内視鏡手術
専門医等日本産科婦人科学会専門医・指導医
日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
日本周産期・新生児医学会認定新生児蘇生法「専門」コース インストラクター
助教 神尊 貴裕
出身大学長崎大学 平成19年卒 医学博士
専門分野婦人科悪性腫瘍
専門医等日本産科婦人科学会専門医
助手 中村 寛江
出身大学筑波大学 平成20年卒 医学博士
専門分野婦人科悪性腫瘍
専門医等日本産科婦人科学会専門医
助手 森岡 将来
出身大学帝京大学 平成21年卒
専門分野産婦人科一般
専門医等麻酔科標傍医
助手 草本 朱里
出身大学日本医科大学 平成26年卒
専門分野産婦人科一般

~2015年度~
診療実績

 分娩数:249件
 手術数:535件

教育について
医学部学生講義
 4年生系統講義 梁 1コマ
          五十嵐 2コマ
医学部学生実習
 BSL(4年生見学実習)   産婦人科外来・手術実習+クルズス(梁・林・五十嵐・鶴賀・中村)
帝京平成看護短大・専攻科
 特別講義 梁 1コマ
 実習 2名 受け入れ(9月~12月)
幕張総合高校看護科・専攻科講義
 専攻科1年 母性病態学・成人病態学講義
  梁 2コマ、林 1コマ、五十嵐 1コマ、鶴賀 1コマ、中川 1コマ、中村 2コマ
研究について
  • 原著論文・症例報告・総説(英文)
  • 1.平成27年5月 Nagasaka K, Kawana K, Tomio K, Tsuruga T, Mori-Uchino M, Miura S, Tanikawa M, Miyamoto Y, Ikeda Y, Sone K, Adachi K, Matsumoto Y, Arimoto T, Oda K, Osuga Y, Fujii T: Positive peritoneal cytology at interval surgery is a poor prognostic factor in patients withstage T3c advanced ovarian carcinoma: A retrospective study.
    J Obstet Gynaecol Res. 2015 May;41(5):755-62.1
  • 2.平成27年7月 Arimoto T, Kawana K, Adachi K, Ikeda Y, Nagasaka K, Tsuruga T, Yamashita A, Oda K,Ishikawa M, Kasamatsu T, Onda T, Konishi I,Yoshikawa H, Yaegashi N: Minimization of curative surgery for treatment of early cervical cancer: a review. Gynecologic Cancer Study Group of the Japan Clinical Oncology Group.
    Jpn J Clin Oncol. 2015 Jul;45(7):611-6
  • 3.平成27年7月 Sumiyo Adachi, Kazuto Yamasaki, Shan-Guang Liang, Yasuo Ishida: Primary uterine diffuse large B-cell lymphoma involving the urinary bladder with urinary cytology mimicking carcinomas : A case report.
    Journal of Cytology 32: 181-183,201
  • 4.平成28年1月 Sato M, Arimoto T, Kawana K, Miyamoto Y, Ikeda Y, Tomio K, Tanikawa M, Sone K, Mori-Uchino M, Tsuruga T, Nagasaka K, Adachi K, Matsumoto Y, Oda K, Osuga Y, Fujii T: Measurement of endometrial thickness by transvaginal ultrasonography to predict pathological response to medroxyprogesterone acetate in patients with grade 1 endometrioid adenocarcinoma.
    Mol Clin Oncol. 2016 Apr;4(4):492-496. Epub 2016 Jan 28
  • 5.平成28年3月 Au Yeung CL, Co NN, Tsuruga T, Yeung TL, Kwan SY, Leung CS, Li Y, Lu ES, Kwan K,Wong KK4, Schmandt R, Lu KH, Mok SC: Exosomal transfer of stroma-derived miR21 confers paclitaxel resistance in ovarian cancer cells through targeting APAF1.
    Nat Commun. 2016 Mar 29;7:11150
  • 原著論文・症例報告・総説(和文)
  • 1.平成27年7月 五十嵐敏雄、馬場聡、中林正雄、青墳愛理、古村絢子、杉原武、中村泰昭、鶴賀哲史、中江華子、梁善光:妊娠につながる子宮内膜症治療を目指して
    日本エンドメトリオーシス学会会誌 36:157-160, 2015
  • 2.平成27年12月 蛭田健夫、中江華子、佐川義英、古村絢子、鮫島大輝、寺田光二郎、落合尚美、中村泰昭、中川圭介、五十嵐敏雄、梁善光:初回手術後5年目にリンパ節転移再発をきたしたSex cord tumor with annular tubulesの一例
    関東連合産科婦人科学会誌 52(4):663-668, 2015
  • 3.平成27年5月 青墳愛理、中江華子、中林正雄、古村絢子、杉原武、中村泰昭、五十嵐敏雄、梁善光:腟原発性明細胞腺癌の一例
    関東連合産科婦人科学会誌 52(4):747-752, 2015
  • 著書(和文)
  • 1.平成27年4月 梁善光(分担執筆)
    卵巣がん治療ガイドライン2015年版(金原出版) 第2章卵巣癌 総説およびCQ5
  • 2.平成27年9月 五十嵐敏雄
    薬学生のための新臨床医学(廣川出版) 市田公美 細山田真 編集 第II編 疾患と薬物、第15章 産科・婦人科疾患「子宮内膜症」p734-738
  • 講演(国際学会)
  • 1.平成27年4月 Toshio Igarashi, Aeri Aotsuka, Masao Nakabayashi, Ayako Komura, Takeru Sugihara, Yasuaki Nakamura, Hanako Nakae, Shan-Guang Liang: Succesful control and prevention of giant peri-placental hematoma and chronicabruption-oligohydroamnios (CAOS) using prednisolone in a TPO-antibody-positive patient with recurrent fetal loss.
    IFFS/JSRM International Meeting 2015 (Yokohama)
  • 2.平成27年5月 Toshio Igarashi, Masaki Morioka, Masao Nakabayashi, Satoshi Baba, Ayako Komura, Takeru Sugihara, Yasuaki Nakamura, Tetsushi Tsuruga, Masaru Hayashi, Shan-Guang Liang: Administration dministration of epinastine may contribute to early natural conception in the women with endometriosis following laparoscopic surgery.
    The 1st Congress of the Society of Endometriosis and Uterine Disorders (SEUD) in Paris (Paris)
  • 3.平成27年11月 Shan-Guang Liang: The tips of Total Laparosopic Surgery.
    16th Annual Congress of Asia Pacific Association of Gynecologic Endoscopy and Minimally Invasive Surgery (Beijing)
  • 講演(国内学会)指定演題
  • 1.平成27年9月 五十嵐敏雄:子宮内黄体ホルモン放出システム(ミレーナR)使用に関する『あるある』―適切な症例選択と使用上の注意点―
    東京都城東女性医療フォーラム(東京)
  • 2.平成27年10月 五十嵐敏雄:子宮内黄体ホルモン放出システム(ミレーナR)使用に関する『あるある』―適切な症例選択と使用上の注意点―
    湘南産婦人科研究会(平塚)
  • 3.平成27年10月 梁善光:教育講演 一目でわかる腟・外陰疾患
    千葉県産科婦人科医学会平成27年度秋季学術研修会(千葉)
  • 4.平成27年10月 林正路:ランチョンセミナー 子宮体癌手術におけるSafety Managemet
    第130回関東連合産科婦人科学会学術集会(千葉)
  • 5.平成27年10月 五十嵐敏雄:ランチョンセミナー 子宮内黄体ホルモン放出システム(ミレーナR)使用に関する『あるある』―適切な症例選択と使用上の注意点―
    第130回関東連合産科婦人科学会 学術集会(千葉)
  • 6.平成27年11月 梁善光:特別講演 最近の婦人科性感染症に関するトピックス
    市原市若手医師の会学術講演会(市原)
  • 7.平成28年2月 五十嵐敏雄:子宮内黄体ホルモン放出システム(ミレーナR)使用に関する『あるある』―適切な症例選択と使用上の注意点―
    横須賀産婦人科研究会(横須賀)
  • 8.平成28年3月 林正路:特別講演 私が帝京大学ちば総合医療センターで行っている腹腔鏡手術について―TLHを中心に―
    第5回千葉産婦人科内視鏡手術研究会
  • 講演(国内学会)一般演題
  • 1.平成27年4月 Takeru Sugihara, Shunsuke Nakagawa, Yuko Sasajima, Takayuki Ichinose, Shigeki Takeshita, Eiji Ryo, Shan-Guang Liang, Takuya Ayabe: Interactioin of Hippo pathway due to loss of cell polarity determinants expression has a critical role in development of undifferentiated endometrial cancer.
    第67回日本産科婦人科学会(横浜)
  • 2.平成27年4月  中林正雄、杉原武、青墳愛理、古村絢子、中村泰昭、中江華子、五十嵐敏雄、梁善光:子宮体部漿液性腺癌の生物学的特徴に基づいた臨床病理学的因子および予後に関する研究
    第67回日本産科婦人科学会(横浜)
  • 3.平成27年4月 一瀬隆之、中川俊介、杉原武、瀬戸理玄、櫻井理奈、松本泰弘、竹下茂樹、梁栄治、梁善光、綾部琢哉:卵巣癌における腫瘍随伴性血小板増多症は血栓予知に有用である
    第67回日本産科婦人科学会(横浜)
  • 4.平成27年4月 中江華子、青墳愛理、中林正雄、古村絢子、杉原武、中村泰昭、五十嵐敏雄、梁善光:当院における腹腔鏡下子宮体癌手術の導入
    第67回日本産科婦人科学会(横浜)
  • 5.平成27年4月 中村泰昭、中林正雄、青墳愛理、古村絢子、杉原武、中江華子、五十嵐敏雄、梁善光:腹腔鏡下子宮筋腫核出術における回収袋内筋腫細切による筋腫細片飛散および遺残予防の有用性について
    第67回日本産科婦人科学会(横浜)
  • 6.平成27年4月 古村絢子、中林正雄、青墳愛理、杉原武、中村泰昭、中江華子、五十嵐敏雄、梁善光:ジェノゲストによる卵巣チョコレート嚢胞壁の上皮細胞PR発現のダウンレギュレーション
    第67回日本産科婦人科学会(横浜)
  • 7.平成27年6月 渡邉孝子、小山芳徳、安達純世、豊永安洋、山本善也、師岡恭之、常世田岬、山崎一人、梁善光、石田康生:腹水細胞診におけるPAX8免疫染色の有用性の検討
    第56回日本臨床細胞学会総会(春期大会)
  • 8平成27年6月 馬場聡、中林正雄、古村絢子、杉原武、中村泰昭、鶴賀哲史、五十嵐敏雄、梁善光:合併症により外科的治療が困難な過多月経の患者に対し、子宮内黄体ホルモン放出システムが著効した一例(優秀演題賞候補)
    第129回関東連合産科婦人科学会(東京)
  • 9.平成27年7月 五十嵐敏雄、森岡将来、馬場聡、佐川義英、古村絢子、中村泰昭、鶴賀哲史、林正路、梁善光:子宮内膜症性卵巣嚢胞摘出術後の自然妊娠に寄与する因子についての検討
    第149回関東生殖医学会(東京)
  • 10.平成27年7月 馬場聡、中林正雄、中村泰昭、梁善光:34週以降に抜管した予防的頸管縫縮術後妊娠における分娩時期への影響因子に関する検討
    第51回日本周産期・新生児医学会学術集会(福岡)
  • 11.平成27年8月 鶴賀哲史、中林正雄、馬場聡、古村絢子、杉原武、中村泰昭、五十嵐敏雄、梁善光:治療開始前に腸閉塞をきたした子宮体部浸潤を伴う子宮頚部扁平上皮癌の一例
    第57回日本婦人科腫瘍学会(盛岡)
  • 12.平成27年8月 Takeru Sugihara, Shunsuke Nakagawa, Takayuki Ichinose, Yasuaki Nakamura, Tetsushi Tsuruga, Yasuhiro Matsumoto, Shigeki Takeshita, Kazuto Yamazaki, Yuko Sasajima, Eiji Ryo, Shan-Guang Liang, Takuya Ayabe: Impact of body mass index on clinicopathological characteristics of endometrial cancer.
    第57回日本婦人科腫瘍学会(盛岡)
  • 13.平成27年9月 馬場聡、林正路、森岡将来、佐川義英、古村絢子、中村泰昭、鶴賀哲史、五十嵐敏雄、梁善光:成熟嚢胞性奇形腫に対する腹腔鏡下卵巣嚢腫核出術後に化学性腹膜炎を生じ、寛解再燃を繰り返し治療に難渋した一例
    第55回日本産科婦人科内視鏡学会(横浜)
  • 14.平成27年9月 馬場聡、林正路、森岡将来、佐川義英、古村絢子、中村泰昭、鶴賀哲史、五十嵐敏雄、梁善光:腹腔鏡下卵巣成熟嚢胞性奇形腫核出術を破綻なく行うためには―産婦人科専攻医が行った術中破綻例と非破綻例の比較検討―
    第55回日本産科婦人科内視鏡学会(横浜)
  • 15.平成27年9月 中村泰昭、森岡将来、馬場聡、佐川義英、古村絢子、鶴賀哲史、中川圭介、五十嵐敏雄、林正路、梁善光:肥満合併症例に対する腹腔鏡下手術成績に関する検討
    第55回日本産科婦人科内視鏡学会(横浜)
  • 16.平成27年10月 森岡将来、五十嵐敏雄、馬場聡、佐川義英、古村絢子、中村泰昭、鶴賀哲史、林正路、梁善光:造腟術後癒着予防に使用したIUD留置中に放線菌症を発症した真性腟欠損の一例
    第130回関東連合産科婦人科学会(千葉)
  • 17.平成27年10月 馬場聡、鶴賀哲史、森岡将来、佐川義英、古村絢子、中村泰昭、五十嵐敏雄、林正路、梁善光:重症妊娠高血圧症候群の妊娠性肝内胆汁うっ滞を合併した一例
    第130回関東連合産科婦人科学会(千葉)
  • 18.平成27年10月 馬場聡、鶴賀哲史、森岡将来、佐川義英、古村絢子、中村泰昭、五十嵐敏雄、林正路、梁善光:外陰癌術後再発時に子宮頸癌を併発した異時性重複癌の一例
    第53回日本癌治療学会(京都)
  • 19.平成27年10月 鶴賀哲史、川名敬、藤本麻葉、三浦紫保、森繭代、足立克之、長阪一憲、有本貴英、堀江弘二、織田克利、荷見よう子、喜納奈緒、八杉利治、横田治重、藤井知行:子宮頸癌手術に傍大動脈リンパ節廓清は不要か?IB2,IIA2,IIB期308例の後方視的検討
    第53回日本癌治療学会(京都)
  • 20.平成27年12月 馬場聡、鶴賀哲史、森岡将来、佐川義英、古村絢子、中村泰昭、五十嵐敏雄、林正路、梁善光:クラミジア感染の有無は異所性妊娠時の症状や検査結果、周術期の短期予後に影響を与えるか
    日本性感染症学会第28回学術大会
  • 21.平成28年1月 五十嵐敏雄、森岡将来、馬場聡、佐川義英、古村絢子、中村泰昭、鶴賀哲史、林正路、梁善光:子宮内膜症性卵巣嚢胞の術後自然妊娠に寄与する因子についての検討
    第37回日本エンドメトリオーシス学会(熊本)
  • 22.平成28年1月 五十嵐敏雄、五十嵐茂雄、安部由美子、梁善光、五十嵐正雄:卵巣チョコレート嚢胞内3EP(CD44とTenascinのインヒビター)注入療法
    第37回日本エンドメトリオーシス学会(熊本)
  • 23.平成28年1月 五十嵐正雄、五十嵐敏雄、五十嵐茂雄、安部由美子、梁善光、峯岸敬、石本一也:新しく究明した子宮内膜症の原因物質CD44とTenascinを抑制する新しい子宮内膜症治療薬 3-Ethylpyridine(3EP)の発見
    第37回日本エンドメトリオーシス学会(熊本)
  • 24.平成28年1月 馬場聡、森岡将来、佐川義英、古村絢子、中村泰昭、鶴賀哲史、五十嵐敏雄、林正路、梁善光:子宮内膜症性嚢胞による尿管狭窄に対して尿路変更術を施行するも再狭窄をきたした一例
    第37回日本エンドメトリオーシス学会(熊本)
  • 25.平成28年2月 佐川義英、中村泰昭、森岡将来、馬場聡、古村絢子、鶴賀哲史、五十嵐敏雄、林正路、梁善光:ロミプロスチムを使用したITP合併妊娠の一例
    千葉県産科婦人科医学会平成27年度冬期学術講演会(千葉)
  • 26.平成28年2月 森岡将来、五十嵐敏雄、馬場聡、佐川義英、古村絢子、中村泰昭、鶴賀哲史、林正路、梁善光:当院における肥満妊婦の分娩予後に関する検討―平急速遂娩必要例と不要例との違い―
    千葉県産科婦人科医学会平成27年度冬期学術講演会(千葉)
  • 27.平成28年2月 馬場聡、森岡将来、佐川義英、古村絢子、中村泰昭、鶴賀哲史、五十嵐敏雄、林正路、梁善光:当院における出血を主訴とした産褥搬送受け入れの予後に関する検討
    千葉県産科婦人科医学会平成27年度冬期学術講演会(千葉)
  • 28.平成28年3月 鶴賀哲史、林正路、馬場聡、森岡将来、佐川義英、古村絢子、中村寛江、中村泰昭、五十嵐敏雄、梁善光:帝王切開瘢痕部妊娠に対してメソトレキサート全身投与後に腹腔鏡下手術を行った一例
    第5回千葉産婦人科内視鏡手術研究会(千葉)
  • 29.平成28年3月 中村泰昭、林正路、馬場聡、森岡将来、佐川義英、古村絢子、中村寛江、鶴賀哲史、五十嵐敏雄、梁善光:腹腔鏡下手術におけるLigaSureTM Marylandの使用経験
    第5回千葉産婦人科内視鏡手術研究会(千葉)
このページのトップへ