診療科・担当医紹介
外科(乳腺・甲状腺)
乳腺・甲状腺外科Webサイト 乳腺・甲状腺疾患では、(以下は現在のHPの引用です)画像診断(マンモグラフィ、超音波、CT、MRI)と細胞診、組織診によって総合的に診断します。
 特にCTの3次元画像構築を駆使した診断に力を入れています。治療には局所治療(手術治療、放射線治療)と全身治療(薬物治療)があります。手術治療は乳房温存手術が主流となっています。以前は乳房温存手術の適応とならなかった大きいしこりの場合でも、術前に化学療法(抗がん剤治療)を行ってしこりを小さくしてから温存手術を行うことがあります。
 乳房切除術が必要な場合には形成外科による乳房再建も行っています。また、センチネル(見張り)リンパ節生検という、がんが最初に転移するリンパ節(センチネルリンパ節)を見つける検査を行っています。センチネルリンパ節に転移が無い場合にはリンパ節郭清(かくせい:腋の下のリンパ節を切除する手術)を省略することができます。それによって術後の回復が早くなり、手術した側の腕にリンパ浮腫(むくみ)が起きる可能性がほとんど無くなります。
 全身治療(薬物治療)には化学療法(抗がん剤治療)と内分泌治療(ホルモン治療)、分子標的治療があります。腫瘍の病理組織検査(顕微鏡検査)の結果によってその人に合った治療法を行います。基本的に世界標準のガイドラインに沿った治療を行っています。
乳腺疾患  詳細説明 
 悪性 ……乳癌、悪性葉状腫瘍、その他
 良性 ……乳腺症、嚢胞、乳腺炎、
   良性腫瘍(線維腺腫、葉状腫瘍、乳管内乳頭腫、嚢胞内腫瘍、過誤腫、その他)
甲状腺疾患
 悪性・良性の甲状腺腫瘍

担当医
宮澤 幸正
教授 宮澤 幸正
出身大学千葉大学 昭和60年卒 医学博士
専門分野乳腺・甲状腺外科
専門医等日本外科学会専門医・指導医
日本乳がん学会専門医・指導医
日本がん治療認定機構暫定教育区医
マンモグラフィ読影認定医
日本消化器外科学会認定医
このページのトップへ