診療科・担当医紹介
外科(乳腺・甲状腺)
乳腺・甲状腺外科Webサイト 乳腺・甲状腺疾患では、(以下は現在のHPの引用です)画像診断(マンモグラフィ、超音波、CT、MRI)と細胞診、組織診によって総合的に診断します。
 特にCTの3次元画像構築を駆使した診断に力を入れています。治療には局所治療(手術治療、放射線治療)と全身治療(薬物治療)があります。手術治療は乳房温存手術が主流となっています。以前は乳房温存手術の適応とならなかった大きいしこりの場合でも、術前に化学療法(抗がん剤治療)を行ってしこりを小さくしてから温存手術を行うことがあります。
 乳房切除術が必要な場合には形成外科による乳房再建も行っています。また、センチネル(見張り)リンパ節生検という、がんが最初に転移するリンパ節(センチネルリンパ節)を見つける検査を行っています。センチネルリンパ節に転移が無い場合にはリンパ節郭清(かくせい:腋の下のリンパ節を切除する手術)を省略することができます。それによって術後の回復が早くなり、手術した側の腕にリンパ浮腫(むくみ)が起きる可能性がほとんど無くなります。
 全身治療(薬物治療)には化学療法(抗がん剤治療)と内分泌治療(ホルモン治療)、分子標的治療があります。腫瘍の病理組織検査(顕微鏡検査)の結果によってその人に合った治療法を行います。基本的に世界標準のガイドラインに沿った治療を行っています。
乳腺疾患  詳細説明 
 悪性 ……乳癌、悪性葉状腫瘍、その他
 良性 ……乳腺症、嚢胞、乳腺炎、
   良性腫瘍(線維腺腫、葉状腫瘍、乳管内乳頭腫、嚢胞内腫瘍、過誤腫、その他)
甲状腺疾患
 悪性・良性の甲状腺腫瘍

担当医
宮澤 幸正
教授 宮澤 幸正
出身大学千葉大学 昭和60年卒 医学博士
専門分野乳腺・甲状腺外科
専門医等日本外科学会専門医・指導医
日本乳がん学会専門医・指導医
日本がん治療認定機構暫定教育区医
マンモグラフィ読影認定医
日本消化器外科学会認定医

~2015年度~
研究について

  • 論文発表
  • 1.平野敦史、山崎将人、川口大輔、廣島幸彦、森幹人、小杉千弘、松尾憲一、首藤潔彦、田中邦哉、幸田圭史:【各種胆道ドレナージ法の役割と評価】経乳頭的と経皮経肝的経路を併用した当科におけるランデブー法、経乳頭的胆道ドレナージ困難例に対する当科における成績日本
    腹部救急医学会誌 35(3):215-221 2015
  • 2.味木徹夫、赤澤宏平、葉梨智子、上田順彦、内山和久、幸田圭史、杉山政則、夏越祥次、真船健一、丸橋繁、具英成:社)日本消化器外科学会医療安全委員会、消化器外科医の労働環境について アンケート解析
    日本消化器外科学会誌 48(3):282-290 2015
  • 3.幸田圭史:【最新臨床大腸癌学-基礎研究から臨床応用へ-】大腸癌の治療、外科的治療・内視鏡的治療 閉塞性大腸癌(大腸癌イレウス)の治療
    日本臨床73(増4):416-419 2015
  • 4.森幹人、首藤潔彦、小杉千弘、平野敦史、田中邦哉、幸田圭史:胃転移再発した下行結腸癌の一例
    日本臨床外科学会誌76(4):832-837 2015
  • 5.小杉千弘、幸田圭史:【排液異常から術式ごとの管理ポイントまでクイックチェック!オールカラー、消化器外科のドレーン看護、速習・速しらべBOOK】(4章)クイックチェック編、術式別ドレーン看護 腹膜炎手術のドレーン
    消化器外科Nursing春季増:128-131 2015
  • 6.小杉千弘、幸田圭史:【排液異常から術式ごとの管理ポイントまでクイックチェック!オールカラー、消化器外科のドレーン看護、速習・速しらべBOOK】(4章)クイックチェック編、術式別ドレーン看護 骨盤内臓器全摘術後のドレーン
    消化器外科Nursing春季増:124-127 2015
  • 7.齋藤典男、白水和雄、前田耕太郎、森谷宣皓、望月英隆、幸田圭史、長谷和生、山田一隆:下部直腸癌に対するIntersphincteric resectionについて
    日本大腸肛門病学会誌68(1)1-12 2015
  • 8.幸田圭史、平野敦史、首藤潔彦、松尾憲一、小杉千弘、森幹人、川口大輔、田中邦哉:【肛門良性疾患を極める、目で見る多彩な病態へのアプローチ法】検査法 3D vector manometry
    臨床外科70(2):146-149 2015
  • 9.澤田雄、熊本宣文、森隆太郎、松山隆生、武田和永、田中邦哉、遠藤格:【門脈枝塞栓術・結紮術のすべて】転移性肝癌に対する門脈枝塞栓術を併施したstaged operation
    外科77(8):902-908 2015
  • 10.遠藤悟史、小杉千弘、平野敦史、柳橋浩男、幸田圭史
    :特集 大腸癌イレウスの治療と問題点4 右側大腸癌イレウスに対する手術-術前・術中処置、注意点-
    外科77(13):1511-1514 2015
  • 11.佐塚哲太郎、松崎弘志、金田陽子、唐司則之、吉原ちさと、有賀隆、岩田可奈恵、笹原奈津美、小林拓史、横山将也、大塚亮太、柳原章寿、吉岡隆文、松山尚嗣、松原久裕:放射線療法による局所制御が症状緩和に有効であった悪性葉状腫瘍の一例
    癌と化学療法42(12):1698-1699 2015
  • 12.Mori M, Shuto K, Hirano A, Kosugi C, Tanaka K, Koda K:Laparoscopic and endoscopic cooperative surgery for gastrointestinal stromal tumor with complete situs inversus
    report of a case Surg Case Rep. 2015; 1(1): 72 2015
  • 13.Koda K, Shuto K, Matsuo K, Kosugi C, Mori M, Hirano A, Hiroshima Y, Tanaka K:Layer-oriented total pelvic exenteration for locally advanced primary colorectal cancer
    Int J Colorectal Dis. 2015; Aug 9 2015
  • 14.Katsuno H, Maeda K, Ohya M, Yoshioka K, Tsunoda A, Koda K, Matsuoka H, Ohge H, Morita S, Saji S, Kanematsu T, Kitajima M:Clinical pharmacology of daikenchuto assessed by transit analysis using radiopaque markers in patients with colon cancer undergoing open surgery: a multicenter double-blind randomized placebo-controlled study (JFMC39-0902 additional study)
    J Gastroenterol.2015; Jul 11
  • 15.Tanaka K, Murakami T, Matsuo K, Hiroshima Y, Endo I, Ichikawa Y, Taguri M, Koda K:Preliminary results of “liver-first” reverse management for advanced and aggressive synchronous colorectal liver metastases: a propensity-matched analysis Dig Surg.
    2015; 32(1): 16-22
  • 16.Tanaka K, Matsuo K, Kawaguchi D, Murakami T, Hiroshima Y, Hirano A, Sato S, Endo I, Taguri M, Koda K:Randomized clinical trial of peritoneal lavage for preventing surgical site infection in elective liver surgery
    J Hepatobiliary Pancreat Sci. 2015; 22(6): 446-53
  • 17.Suzuki S, Ichikawa Y, Nakagawa K, Kumamoto T, Mori R, Matsuyama R, Takeda K, Ota M, Tanaka K, Tamura T, Endo I:High infiltration of mast cells positive to tryptase predicts worse outcome following resection of colorectal liver metastases
    BMC Cancer. 2015; Nov 4; 15
  • 18.Murakami T, Hiroshima Y, Zhao M, Zhang Y, Chishima T, Tanaka K, Bouvet M, Endo I, Hoffman RM:Adjuvant treatment with tumor-targeting Salmonella thphimurium A1-R reduces recurrence and increases survival after liver metastasis resection in an orthotopic nude mouse model
    Oncotarget.2015; Oct 19
  • 19.Murakami T, Hiroshima Y, Zhang Y, Chishima T, Tanaka K, Bouvet M, Endo I, Hoffman RM:Fluorescence-Guided Surgery of Liver Metastasis in Orthotopic Nude-Mouse Models
    PLos One. 2015; Oct 1; 10(10)
  • 20.Murakami T, Hiroshima Y, Zhao M, Zhang Y, Chishima T, Tanaka K, Bouvet M, Endo I, Hoffman RM:Therapeutic efficacy of tumor-targeting Salmonella typhimurium A1-R on human colorectal cancer liver metastasis in orthotopic nude-mouse models
    Oncotarget. 2015 Oct 13; 6(31)
  • 21.Murakami T, Hiroshima Y, Zhang Y, Bouvet M, Chishima T, Tanaka K, Endo I, Hoffman RM:Improved disease-free survival and overall survival after fluorescence-guided surgery of livet metastasis in an orthotopic nude mouse model
    J Surg Oncol. 2015; 112(2): 119-24
  • 22.Hiroshima Y, Zhao M, Zhang Y, Zhang N, Maawy A, Murakami T, Mii S, Uehara F, Yamamoto M, Miwa S, Yano S, Momiyama M, Mori R, Matsuyama R, Chishima T, Tanaka K, Ichikawa Y, Bouvet M, Endo I, Hoffman RM:Tumor-Targeting Salmonella thphimurium A1-R Arrests a Chemo-Resistant Patient Soft-Tissue Sarcoma in Nude Mice
    PLos One.2015; Aug 3; 10(8)
  • 23.Hiroshima Y, Zhao M, Zhang Y, Zhang N, Maawy A, Murakami T, Mii S, Uehara F, Yamamoto M, Miwa S, Yano S, Momiyama M, Mori R, Matsuyama R, Chishima T, Tanaka K, Ichikawa Y, Bouvet M, Endo I, Hoffman RM:Tumor-Targeting Salmonella typhimurium A1-R in Combination with Trastuzumab Eradicates HER-2-Positive Cervical Cancer Cells in Patient-Derived Mouse Models
    PLos One.2015; Jun 5; 10(6)
  • 24.Hiroshima Y, Maawy A, Zhang Y, Guzman MG, Heim R, Makings L, Luiken GA, Kobayashi H, Tanaka K, Endo I, Hoffman RM, Bouvet M:Photo immunotherapy inhibits Tumor Recurrence After Surgical Resection on a Pancreatic Cancer Patient-Derived Ortthotopic Xenograft (PDOX) Nude Mouse Model
    Ann Surg Oncol. 2015 Apr 17
  • 25.Hiroshima Y, Maawy A, Zhang Y, Murakami T, Momiyama M, Mori R, Matsuyama R, Chishima T, Tanaka K, Ichikawa Y, Endo I, Hoffman RM, Bouvet M:Fluorescence-guided surgery. but not bright-light surgery. prevents local recurrence in a pancreatic cancer patient derived orthotopic xenograft (PDOX) model resistant to neoadjuvant chemotherapy (NAC)
    Pancreatology. 2015; 15(3): 295-301
  • 26.Hiroshima Y, Zhang Y, Zhang N, Maawy A, Mii S, Yamamoto M, Uehara F, Miwa S, Yano S, Murakami T, Momiyama M, Chishima T, Tanaka K, Ichikawa Y, Bouvet M, Murata T, Endo I, Hoffman RM:Establishment of a patient-derived orthotopic Xenograft (PDOX) model of HER-2-positive cervical cancer expressing the clinical metastatic pattern
    PLos One. 2015; Feb 17; 10(2)
  • 27.Sadahiro S, Tsuchiya T, Sasaki K, Kondo K, Katsumata K, Nishimura G, Kakeji Y, Baba H, Sato K, Koda K, Yamaguchi Y, Morita T, Matsuoka J, Usuki H, Hamada C, Kodaira S:Randomized phase Ⅲtraial of treatment duration for oral uracil and tegafur plus leucovorin as adjuvant chemotherapy for patients with stage ⅡB/Ⅲcolon cancer: final results of JFMC33-0502
    Annals of Oncology 00/: 1-6, 2015
  • 学会発表-上級演題
  • 1.首藤潔彦:特別講演講師
    第66回千葉撮影技術研究会 千葉1月
  • 2.小杉千弘:ビデオワークショップ 小腸腸閉塞に対する鏡視下手術の成績と注意点
    第51回腹部救急医学会総会 京都3月
  • 3.松尾憲一:ワークショップ 腹部汚染創に対するVacuum-assisted closure(VAC)療法の使用経験
    第51回日本腹部救急医学会総会 京都3月
  • 4.川口大輔:要望演題 Hinchey StageⅡの結腸憩室炎に対する内視鏡を用いた治療戦略
    第51回日本腹部救急医学会総会 京都3月
  • 5.幸田圭史:パネルディスカッション 層を意識したen bloc切除による直腸癌に対する骨盤内臓全摘術の手術手技とその成績
    第115回日本外科学会 愛知4月
  • 6.田中邦哉:ディベート ALPPS-有用vs不要-
    第115回日本外科学会 愛知4月
  • 7.宮内英聡:パネルディスカッション 直腸・排尿機能を温存したストマレス骨盤内臓全摘術
    第115回日本外科学会 愛知4月
  • 8.菊地祐太郎:ワークショップ 肝内胆管癌の治療成績および予後因子の検討
    第51回日本肝臓学会 熊本5月
  • 9.遠藤悟史:ビデオシンポジウム TAPP法導入初期の施設におけるピットフォールについて
    第13回日本ヘルニア学会 愛知5月
  • 10.田中邦哉:ディベート 化学療法新時代における両葉多発肝転移に対する治療戦略
    第27回日本肝胆膵外科学会 東京6月
  • 11.廣島幸彦:要望演題 膵癌ヒト腫瘍移植片(PDX)を用いた術中photoimmunotherapyの有用性の検討
    第27回日本肝胆膵外科学会 東京6月
  • 12.川口大輔:ミニワークショップ 待機的肝切除施行患者における腹腔内ドレーンの有効性と適切な管理
    第27回日本肝胆膵外科学会 東京6月
  • 13.田中邦哉:ディベート 化学療法新時代における両葉多発肝転移に対する治療戦略
    第27回日本肝胆膵外科学会 東京6月
  • 14.田中邦哉:ランチョンセミナー Passion and Mission in HPB Surgery
    第27回日本肝胆膵外科学会 東京6月
  • 15.小杉千弘:パネルディスカッション 抗菌性創傷被覆ハイドロファイバー使用による下部消化管手術後表層SSI予防
    第40回日本外科系連合学会 東京6月
  • 16.滝口伸浩:ワークショップ 下部消化管における他科とのコラボレーション手術
    第40回日本外科系連合学会 東京6月
  • 17.松尾憲一:ワークショップ 当科における高難易度肝切除の若手医師の指導
    第40回日本外科系連合学会 東京6月
  • 18.田中邦哉:ランチョンセミナー27 大腸癌高度肝転移に対する切除を軸とした治療戦略-分子標的治療薬への期待も含めて
    第70回消化器外科学会 静岡7月
  • 19.幸田圭史:シンポジウム Total pelvic exenteration for colorectal cancer with preservation of urinary and anal functions
    第70回消化器外科学会 静岡7月
  • 20.田中邦哉:シンポジウム ALPPS手術におけるmortality回避のための手術手技の工夫
    第70回消化器外科学会 静岡7月
  • 21.小杉千弘:企画関連口演 抗菌性創傷被覆ハイドロファイバー使用による腹部消化器外科手術後表層SSI予防への効果
    静岡7月
  • 22.廣島幸彦:企画関連口演 膵癌ヒト腫瘍移植片(PDX)を用いた蛍光ガイド下手術と術前化学療法併用の有用性の検討
    第70回消化器外科学会 静岡7月
  • 23.川口大輔:企画関連口演 肝切除後における開腹時腹腔内洗浄及び術後早期経腸栄養の術後感染性合併症に及ぼす影響
    第70回消化器外科学会 静岡7月
  • 24.柳橋浩男:要望演題 ICG蛍光法の肝切除手術への臨床応用
    第70回消化器外科学会 静岡7月
  • 25.武田和永:要望演題 超高齢者肝切除における肝再生能と成績
    第70回消化器外科学会 静岡7月
  • 26.仲本嘉彦:要望演題 腹腔鏡下肝切除における手技の工夫と成績
    第70回消化器外科学会 静岡7月
  • 27.有光秀仁:ワークショップ 新しい肝区域分類の提唱-Anterior Fissureに沿った系統的肝切除
    第70回消化器外科学会 静岡7月
  • 28.貝沼修:要望演題 IPMNに対する新たな手術適応基準と術式選択~膵液細胞MUC染色を加えた手術適応基準の検討~
    第70回消化器外科学会 静岡7月
  • 29.滝口伸浩:企画関連口演 術後QOLからみたmodeified double tract再建による噴門側胃切除術の有効性と再建手技
    第70回消化器外科学会 静岡7月
  • 30.知花朝史:要望演題 膵神経内分泌腫瘍(pNET)に対する集学的治療
    第70回消化器外科学会 静岡7月
  • 31.田中邦哉:ランチョンセミナー 高度肝転移切除における手術手技の工夫
    第51回日本肝癌研究会 兵庫7月
  • 32.田中邦哉:特別講演 大腸癌肝転移治療の変遷と新たな展開
    5thベクティビックス祈念講演会 和歌山8月
  • 33.幸田圭史:特別講演 当科における外科治療のトピックス
    第13回千葉外科講演会 千葉8月
  • 34.幸田圭史:講演 消化器癌化学療法の最近の話題
    千葉胃癌Expert Meeting 千葉9月
  • 35.小杉千弘:ディスカッサント 切除不能大腸癌におけるロンサーフの役割
    治療抵抗性大腸癌といかに戦うか 1st announcement 千葉10月
  • 36.田中邦哉:特別講演 大腸癌化学療法についての最新情報
    金鯱大腸がんセミナー 愛知10月
  • 37.森幹人:モデレーター 示説 (Poster 68)/ Stomach 6: Multidiscipline Treatment
    第53回日本癌治療学会 京都10月
  • 38.田中邦哉:特別講演 消化器癌集学的治療講演会~手術手技懇話会~
    大阪11月
  • 39.小杉千弘:ワークショップ 下部直腸癌に対する括約筋間切除術に対する当科での取り組み
    第70回日本大腸肛門病学会 愛知11月
  • 40.遠藤悟史:要望演題 超低位吻合を伴う直腸癌に対する肛門括約筋温存手術(SPO)後の排便機能障害についての検討
    第70回日本大腸肛門病学会 愛知11月
  • 41.田中邦哉:パネルディスカッション 転移性肝癌に対する切除限界を目指した術式の工夫
    第77回日本臨床外科学会 福岡11月
  • 42.首藤潔彦:ワークショップ 食道癌胸腔内吻合後の縫合不全に対する経食道的縦隔ドレナージ治療
    第77回日本臨床外科学会 福岡11月
  • 43.松尾憲一:パネルディスカッション 切除不能大腸癌肝転移に対するクロノ肝動注療法の安全性と効果
    第77回日本臨床外科学会 福岡11月
  • 44.森幹人:ワークショップ ICG蛍光イメージを用いた上部消化管手術における吻合部血流評価への応用
    第77回日本臨床外科学会 福岡11月
  • 45.小杉千弘:パネルディスカッション 下部進行直腸癌に対する集学的治療の成績と課題
    第77回日本臨床外科学会 福岡11月
  • 46.遠藤悟史:パネルディスカッション 大腸穿孔による腹膜炎症例の予後因子とスコア評価の有用性の検討
    第77回日本臨床外科学会 福岡11月
  • 47.柳橋浩男:主演関連演題 当院における腹腔鏡下腸閉塞手術の適応と成績
    第77回日本臨床外科学会 福岡11月
  • 48.武田和永:主演関連演題 Stroke volume variation(SVV)を用いた肝移植術後における循環血液量評価の有用性
    第77回日本臨床外科学会 福岡11月
  • 49.幸田圭史:特別講演 大腸がん治療の細菌のtopics
    花見川消化器疾患セミナー2015 千葉12月
  • 学会発表-一般演題
  • 1.幸田圭史:座長 ミニオーラル 主題Ⅰ進行大腸癌に対する腹腔鏡下手術を検証する
    第82回大腸癌研究会 東京1月
  • 2.幸田圭史:座長 指定演題 がん化学療法におけるメディカルスタッフの役割
    第29回千葉癌化学療法研究会 千葉2月
  • 3.幸田圭史:座長・当番世話人 特別講演 細菌から見た腸内環境
    第7回千葉小腸大腸研究会 千葉2月
  • 4.首藤潔彦:示説 胃癌術後における肝血流評価の意義
    第87回日本胃癌学会 広島3月
  • 5.森幹人:示説 下行結腸癌術後胃転移再発の一切除例
    第87回日本胃癌学会 広島3月
  • 6.知花朝史:示説 当院における胃部分切除術の現況
    第87回日本胃癌学会 広島3月
  • 7.小杉千弘:司会 一般演題 口演17 異物1
    第51回日本腹部救急医学会総会 京都3月
  • 8.田中邦哉:座長 教室トピックス1
    平成27年度帝京大学ちば総合医療センター外科例会 千葉3月
  • 9.平野敦史:口演 直腸癌に対する術前化学療法の成績
    平成27年度帝京大学ちば総合医療センター外科例会 千葉3月
  • 10.首藤潔彦:口演 癌イメージングバイオマーカーとしての肝血流
    平成27年度帝京大学ちば総合医療センター外科例会 千葉3月
  • 11.松尾憲一:口演 腹部汚染創に対してVAC療法を適応した6例の治療成績
    平成27年度帝京大学ちば総合医療センター外科例会 千葉3月
  • 12.小杉千弘:口演 抗菌性創傷被覆ハイドロファイバー使用による腹部消化器手術後表層SSI予防への効果
    平成27年度帝京大学ちば総合医療センター外科例会 千葉3月
  • 13.森幹人:口演 上部消化管手術へのICG蛍光イメージシステムの導入
    平成27年度帝京大学ちば総合医療センター外科例会 千葉3月
  • 14.首藤潔彦:座長 教室トピックス2 看護研究
    平成27年度帝京大学ちば総合医療センター外科例会 千葉3月
  • 15.田中邦哉:口演 肝胆膵チームの取り組み
    平成27年度帝京大学ちば総合医療センター外科例会 千葉3月
  • 16.廣島幸彦:口演 膵癌ヒト腫瘍移植片(PDX)を用いた蛍光ガイド下手術と術前化学療法併用の有用性の検討
    平成27年度帝京大学ちば総合医療センター外科例会 千葉3月
  • 17.川口大輔:口演 Role of congestion during ALPPS in a Rat model
    平成27年度帝京大学ちば総合医療センター外科例会 千葉3月
  • 18.伊藤智栄子(7A):口演 ターミナル期の患者の花見
    平成27年度帝京大学ちば総合医療センター外科例会 千葉3月
  • 19.幸田圭史:口演 2014年度の外科業績と今後の展望
    平成27年度帝京大学ちば総合医療センター外科例会 千葉3月
  • 20.廣島幸彦:口演 高度静脈浸潤を認め、腫瘍組織内に合胞体様の多核巨細胞を多数認めた再発肝細胞癌の一例
    第51回肝癌症例検討会 東京4月
  • 21.幸田圭史:司会 ディベート3 予防的側方郭清-するvsしない-
    第115回日本外科学会 愛知4月
  • 22.森幹人:口演 当科における腹腔鏡下胃切除術の合併症発生印紙に関する検討
    第115回日本外科学会 愛知4月
  • 23.首藤潔彦:口演 胃癌治療における肝血流評価の意義
    第115回日本外科学会 愛知4月
  • 24.川口大輔:口演 ALPPS(associating liver partition and portal vein ligation for staged hepatectomy)手術における残存予定肝容量変化と機能的容量変化
    第115回日本外科学会 愛知4月
  • 25.小杉千弘:口演 局所高度進行下部直腸癌に対する集学的治療としての術前分子標的薬化学療法の成績
    第115回日本外科学会 愛知4月
  • 26.山田岳史:口演 T3またはT4のStageⅡ/Ⅲ直腸癌に対する術前化学療法としてのmFOLFOX6療法の有効性および安全性の検討
    第115回日本外科学会 愛知4月
  • 27.花岡俊晴:口演 食道癌リンパ節診断におけるMRI拡散強調像の有用性と臨床的意義
    第115回日本外科学会 愛知4月
  • 28.Hiroshima Y:Poster Efficacy of photo-immunotherapy in combination with surgical resection on a pancreatic cancer patient derived orthotropic xenograft(PDOX)
    American Association for Cancer Research 2015 April, USA
  • 29.Kawaguchi D:Poster The correlation between the change of future remnant liver volume and functional capacity in ALPPS(associating liver partition and portal vein ligation for staged hepatectomy), and establishment of ALPPS model in rats
    American Association for Cancer Research 2015  April, USA
  • 30.Murakami T:Poster Fluorescence-guided surgery of liver metastasis in orthotropic nude-mouse models
    American Association for Cancer Research 2015  April, USA
  • 31.Hiroshima Y:Poster Curative fluorescence-guided surgery of pancreatic cancer in combination with UVC irradiation in orthotopic mouse models
    American Association for Cancer Research 2015  April, USA
  • 32.Matsumoto Y:Poster Tumor-targeting Salmonella typhimurium A1-R inhibits peritoneal dissemination of ovarian cancer and prolongs survival of the tumor-bearing nude mice
    American Association for Cancer Research 2015  April, USA
  • 33.川口大輔:口演 肝悪性腫瘍に対する全尾状葉IVC一括切除の妥当性
    千葉肝臓外科勉強会 千葉5月
  • 34.小杉千弘:座長 一般ポスター「その他2」
    第13回日本ヘルニア学会 愛知5月
  • 35.Koda K:Oral Layer-oriented, en bloc resection in total pelvic exenteration for locally advanced primary colorectal cancer
    第20回中日消化外科学会 上海5月
  • 36.松尾憲一:示説 ALLPS手術とPVE併用切除における肝組織の光学顕微鏡と電子顕微鏡を用いた組織学的検討
    第27回日本肝胆膵外科学会 東京6月
  • 37.川口大輔:示説 ラットモデルを用いたALPPSにおける残肝容量の増大機序の解明
    第27回日本肝胆膵外科学会 東京6月
  • 38.廣島幸彦:示説 全尾状葉と右肝一括切除におけるModified hanging maneuverの有用性
    第27回日本肝胆膵外科学会 東京6月
  • 39.柳橋浩男:示説 ICG蛍光法からみた膵鈎部リンパ流
    第27回日本肝胆膵外科学会 東京6月
  • 40.小杉千弘:座長 一般演題4 大腸・小腸4
    第837回外科集談会 東京6月
  • 41.遠藤悟史:口演 結腸膀胱瘻に対して腹腔鏡下手術を施行した2例
    第837回外科集談会 東京6月
  • 42.柳橋浩男:口演 Soft pancreasでの膵頭十二指腸切除手術における膵切離手順と膵液瘻の関連性の検討
  • 43.遠藤悟史:口演 直腸癌肛門温存手術後の排便障害(LAR syndrome)の成因についての検討
    第25回骨盤外科機能温存研究会 鳥取6月
  • 44.幸田圭史:座長 口演Ⅱ-5 主題Ⅱ 切除可能な遠隔転移を有する大腸癌における外科治療の位置づけ
    第83回大腸癌研究会 福岡7月
  • 45.松尾憲一:口演 Borderline resectableな大腸癌同時性肝転移に対する切除前化学療法を併用した肝切除術の効果とタイミング
    第83回大腸癌研究会 福岡7月
  • 46.首藤潔彦:口演 食道癌イメージングバイオマーカーとしての肝血流の可能性
    第69回日本食道学会 神奈川7月
  • 47.森幹人:口演 十二指腸粘膜下腫瘍に対するLECSの導入
    第74回千葉県外科医会 千葉7月
  • 48.幸田圭史:座長 主題Ⅱ-2 進行癌に対するneoadjuvant therapyの効用
    第37回日本癌局所療法研究会 千葉7月
  • 49.川口大輔:口演 切除不能大腸癌肝転移に対するChrono肝動注の安全性と効果
    第37回日本癌局所療法研究会 千葉7月
  • 50.幸田圭史:座長 要望演題41 腹腔鏡下直腸切除の工夫(ビデオ)1
    第70回消化器外科学会 静岡7月
  • 51.田中邦哉:座長 一般演題(ミニオーラル)25 肝:転移性肝癌
    第70回消化器外科学会 静岡7月
  • 52.藤潔彦:口演 胃癌治療におけるイメージングバイオマーカーとしての肝血流の可能性
    第70回消化器外科学会 静岡7月
  • 53.松尾憲一:口演 切除不能大腸癌肝転移に対するサーカディアンクロノ肝動注療法の安全性と効果
    第70回消化器外科学会 静岡7月
  • 54.平野敦史:口演 粘膜下腫瘍様の形態を呈した肛門線由来粘液癌の一例
    第70回消化器外科学会 静岡7月
  • 55.遠藤悟史:口演 モノポーラー電気メスのみで行うTAPPの工夫
    第70回消化器外科学会 静岡7月
  • 56.浅野道雄:口演 StageⅢ結腸癌治癒切除例に対する補助化学療法としてのmFOLFOX6/XELOXの臨床代Ⅱ相試験:安全性について
    第70回消化器外科学会 静岡7月
  • 57.石橋哲央:口演 T3またはT4のStageⅡ/Ⅲ直腸癌に対する術前化学療法としてのmFOLFOPX6療法の有効性および安全性の検討
    第70回消化器外科学会 静岡7月
  • 58.所為然:口演 構成組織細胞の組形態分類からみた胃粘液癌mucの臨床病理学的検討
    第70回消化器外科学会 静岡7月
  • 59.石毛文隆:口演 S状結腸・直腸切除術におけるICG蛍光法を用いた吻合部腸管血流評価とその検討
    第70回消化器外科学会 静岡7月
  • 60.Kosugi C:Poster Efficiency of laparoscopic management of internal hernia through a defect of the broad ligament of the uterus
    46th World Congress of Surgery 2015 August, Thailand
  • 61.Yanagibashi H:Oral Laparoscopic spleen preserving distl pancreatectomy for pancreatic lesion
    Minimally Invasive Surgery Week 2015 September, USA
  • 62.幸田圭史:座長 特別講演 千葉消化器がんカンファレンス
    千葉9月
  • 63.Endo S:Poster Factors causing defecatory disorder after low anterior resection (LAR syndrome) for rectal cancer
    10th Scientific and Annual Meeting of the European Society of Coloproctolgy September, Ireland
  • 64.Koda K:Poster Layer-oriented, en bloc resection in total pelvic exenteration for locally advanced primary colorectal cancer
    10th Scientific and Annual Meeting of the European Society of Coloproctolgy September, Ireland
  • 65.Kosugi C:Poster Evaluation of neoadjuvant chemotherapy with modified FOLFOX6 (combination chemotherapy of infusion 5-FU/1-Leucovorin and intermittent oxaliplatin) with bevacizumab in patients with advanced lower rectal cancer
    European Cancer Congress (18th ECCO-40th ESMO) September, Austria
  • 66.Shuto K:Poster Early prediction of chemoradiotherapy response of locally advanced esophageal squamous cell carcinoma using diffusion weighted magnetic resonance image
    European Cancer Congress (18th ECCO-40th ESMO) September, Austria
  • 67.Mori M:Poster New clinical application to upper gastrointestinal surgery using indocyanine green (ICG) enhanced fluorescence system
    European Cancer Congress (18th ECCO-40th ESMO) September, Austria
  • 68.武田和永:示説 大腸癌同時性肝転移症例に対する肝切除先行治療についての検討
    第13回日本消化器外科学会(JDDW2015)東京10月
  • 69.首藤潔彦:示説 癌進行に伴い肝血流は増加する-食道癌における検討
    第13回日本消化器外科学会(JDDW2015)東京10月
  • 70.小杉千弘:示説 cT4、cN3下部直腸癌に対する集学的治療としての術前分子標的薬化学療法
    第13回日本消化器外科学会(JDDW2015)東京10月
  • 71.川口大輔:示説 化学療法後肝切除における肝組織所見とアシアロシンチグラフィ(99mTc-GSA)フラクタル次元解析との相関
    第13回日本消化器外科学会(JDDW2015)東京10月
  • 72.廣島幸彦:示説 膵癌の浸潤、転移過程におけるCollapin Response Mediator Potein4の役割
    第13回日本消化器外科学会(JDDW2015)東京10月
  • 73.幸田圭史:司会 切除不能大腸癌におけるロンサーフの役割
    治療抵抗性大腸癌といかに戦うか 1st announcement 千葉10月
  • 74.森幹人:示説 当科における分割DCS療法の治療成績
    第53回日本癌治療学会 京都10月
  • 75.首藤潔彦:示説 術後在院期間から見た高齢者胃癌切除例の検討
    第53回日本癌治療学会 京都10月
  • 76.廣島幸彦:示説 化学療法後肝切除における肝組織所見と99mTc-GSAフラクタル次元解析との相関
    第53回日本癌治療学会 京都10月
  • 77.田中邦哉:座長 セッション 胸部・肝胆膵
    第20回日本外科病理学会 和歌山11月
  • 78.菊地祐太郎:口演 ALLPS手術とPVE併用切除における肝組織の光学顕微鏡像と電子顕微鏡像を用いた組織学的相違の検討
    第20回日本外科病理学会 和歌山11月
  • 79.佐塚哲太郎:口演 神経内分泌マーカー陽性の乳管内癌を基盤にして発達した、invasive breast carcinoma with neuroendocrine differentiationの一例
    第75回千葉県外科医会 千葉11月
  • 80.幸田圭史:司会 ワークショップ5 ISRの現状と展望
    第70回日本大腸肛門病学会 愛知11月
  • 81.平野敦史:示説 局所進行直腸癌に対する術前分子標的薬併用化学療法の治療成績
    第70回日本大腸肛門病学会 愛知11月
  • 82.田中邦哉:口演 大腸がんにおける手術手技および化学療法
    筑後地区大腸がんセミナー 福岡11月
  • 83.幸田圭史:座長 主題関連演題57.周術期の感染予防-対策と効果-3
    第77回日本臨床外科学会 福岡11月
  • 84.幸田圭史:司会 教育セミナー 大腸疾患における術後合併症予防の工夫
    第77回日本臨床外科学会 福岡11月
  • 85.平野敦史:示説 5-FU+少量CDDP併用化学放射線療法が奏功した肛門扁平上皮癌の2例
    第77回日本臨床外科学会 福岡11月
  • 86.廣島幸彦:示説 大腸癌同時性肝転移例における肝切除のタイミングの検討
    第77回日本臨床外科学会 福岡11月
  • 87.廣島幸彦:口演 ALLPS(associating liver partition and portal vein ligation for staged hepatectomy)手術における残存予定肝容量変化とPerfusion CTを用いた肝血流量変化との関連
    第77回日本臨床外科学会 福岡11月
  • 88.菊地祐太郎:示説 ALLPS手術とPVE併用切除における肝組織の光学顕微鏡像と電子顕微鏡像を用いた組織学的相違の検討
    第77回日本臨床外科学会 福岡11月
  • 89.佐塚哲太郎:口演 治療選択に熟慮を要した右側乳房多発線維腺腫および左側乳房葉状腫瘍の一切除例
    第77回日本臨床外科学会 福岡11月
  • 90.野間由紀:口演 透析患者におけるヘリコバクターピロリ(HP)除菌療法の取り組み
    第43回千葉県透析研究会 千葉11月
  • 91.廣島幸彦:口演 抗菌性創傷被覆ハイドロファイバー使用による肝胆膵外科手術後表層SSI予防への効果
    第28回日本外科感染症学会 愛知12月
  • 92.松尾憲一:口演 腹部汚染創に対してVAC療法を適応した8例の治療成績-VAC導入1年間の治療成績-
    第28回日本外科感染症学会 愛知12月
  • 93.菊地祐太郎:口演 待機的肝切除後におけるドレーンの意義と適正な管理法に関するretrospectiveおよびprospectiveな検討
    第28回日本外科感染症学会 愛知12月
  • 94.柳橋浩男:口演 当院におけるLaparoscopic interval appendectomyの導入と成績の検討
    第839回外科集談会 東京12月
  • 95.柳橋浩男:口演 当院におけるLaparoscopic interval appendectomyの導入と成績の検討
    第28回日本内視鏡外科学会 大阪12月
  • 96.遠藤悟史:口演 腹腔鏡手術へのbridge to surgeryとしての大腸ステント留置術の検討
    第28回日本内視鏡外科学会 大阪12月
  • 97.平野敦史:口演 閉鎖孔ヘルニア嵌頓に対して、腹腔鏡下修復術を施行した一例
    第28回日本内視鏡外科学会 大阪12月
  • 98.小杉千弘:口演 癒着性腸閉塞に対する腹腔鏡手術の成績と注意点
    第28回日本内視鏡外科学会 大阪12月
  • 99.森幹人:口演 近赤外光内視鏡システムのICG蛍光イメージによる再建臓器の術中血流評価法の検討
    第28回日本内視鏡外科学会 大阪12月
  • 100.首藤潔彦:口演 血行再建を併施した胸腔下食道切除結腸再建術におけるIDG蛍光法の使用経験
    第28回日本内視鏡外科学会 大阪12月
このページのトップへ