診療科・担当医紹介
泌尿器科

大学病院として、また地域の中核病院として、地域医療機関との連携を密にして、質の高い医療を行っています。
副腎、腎臓、尿管、膀胱、前立腺、精巣、陰茎の腫瘍性疾患を中心に、尿路結石、男性学、排尿障害、尿路感染症の診断、治療に力を入れています。
特に、尿路結石症の再発予防、特殊な尿路結石、中期前立腺癌に対する集学的治療、進行期前立腺癌に対する内分泌療法のさまざまな工夫を特色としています。


担当医
納谷 幸男
教授 納谷 幸男
出身大学 産業医科大学医学部 平成3年卒 医学博士
専門分野 腎癌
尿路上皮癌
腹腔鏡手術
副腎
尿路結石症
排尿障害
医工学
専門医等 日本泌尿器科学会専門医・指導医・代議員
日本内視鏡外科学会腹腔鏡技術認定医
日本泌尿器科内視鏡学会腹腔鏡技術認定審査委員・評議員
日本癌治療認定医機構がん治療認定医・暫定教育医
日本アンドロロジー学会評議員
日本尿路結石症学会理事
腎がん研究会運営委員・世話人
単孔式内視鏡手術研究会世話人
准教授 小島 聡子
出身大学 筑波大学 平成6年卒 医学博士
専門分野 前立腺癌
アンドロロジー
専門医等 日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本アンドロロジー学会評議員
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
増田 広
講師 増田 広
出身大学 群馬大学  平成4年卒 医学博士
専門分野 泌尿器科腫瘍学(腎・尿路上皮・精巣)
尿路結石症
専門医等 日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本透析医学会認定医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本泌尿器科内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医
荒木 千裕
講師 荒木 千裕
出身大学 山形大学 平成8年卒 医学博士
専門分野 腎癌
尿路上皮癌
精巣悪性腫瘍
腹腔鏡手術
泌尿器科内視鏡手術
専門医等 日本泌尿器科学会ボーティングメンバー
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本泌尿器科内視鏡学会評議員
日本泌尿器科内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会腹腔鏡技術認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
巣山 貴仁
講師 巣山 貴仁
出身大学 千葉大学 平成12年卒 医学博士
専門分野 腎癌
尿路上皮癌
腹腔鏡手術
専門医等 日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本泌尿器科内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医
芳生 旭辰
助教 芳生 旭辰
出身大学 旭川医科大学 平成14年卒
専門分野 泌尿器科腫瘍
尿路結石症
専門医等 日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本泌尿器科内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医
助教 岡東 篤
出身大学 千葉大学 平成21年卒 医学博士
専門分野 泌尿器科腫瘍
専門医等 日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本内分泌学会内分泌代謝科(泌尿器科)専門医
助手 加藤 洋人
出身大学 東邦大学 平成25年卒
専門分野 泌尿器一般
専門医等 日本泌尿器科学会専門医
助手 関根 啓太
出身大学 帝京大学 平成28年卒
専門分野 泌尿器一般

膀胱癌治療の進歩
1877年にNitzeが初めて膀胱尿道鏡を行ったのが、泌尿器科の内視鏡の幕開けである。1991年には世界最初の経尿道的膀胱腫瘍切除(TUR-B)が行われた。現在の形の手術用膀胱鏡の登場は1931年からである。このように、TUR-Bは長い歴史を有する手術である。しかし、腫瘍の観察は白色光のもとで行われ、解像度の進歩をもってしても、小径の腫瘍や平坦型腫瘍のうち10~20%が見落とされてきたのが実情である。

最近、蛍光膀胱鏡を用いた光力学診断 (photodynamic diagnosis: PDD) や狭帯域光観察 (Narrow-band imaging: NBI)といった方法が開発され、粘膜内病変や平坦型の腫瘍を可視できるようになってきた。当院でも、昨年より両者を用いたTUR-Bを行っている。
また、筋層非浸潤膀胱癌の再発、進展をおさえるためにBCG膀胱注入療法がなされているが、これも実は1976年に開発されたものである。転移を有する膀胱癌の治療も1980年代にMVAC,1990年代にGC療法が行われるようになったが、その後、2017年まで治療に変わりがなかった。2017年にイムノチェックポイント阻害剤が転移を有する膀胱癌の2次治療に用いられるようになった。また、乳癌に遅れること19年であるが、ようやく、遺伝子型をみて、治療法を選ぶことができそうな状態となってきた。

膀胱癌の治療はずっと変化がなかった領域であるが、実は少しずつ変わり始めている。本講演で古くて新しい膀胱癌の治療を感じていただければ幸いである。

罹患率グラフ

症例写真

膀胱癌における薬物療法の歴史



研究について
癌領域
  • 前立腺癌におけるmicroRNAの発現とホルモン抵抗性の関連
  • 膀胱癌におけるmicroRNAの発現と予後の関連
  • 腎癌におけるmicro RNAの発現と分子標的薬治療効果との関連(千葉大学との共同研究)
  • 間欠内分泌療法における男性ホルモン剤の経過と予後
  • 内分泌療法における抗男性ホルモン剤の交代療法
  • 前立腺癌の積極的待機療法
  • 腎盂癌におけるリンパ節廓清の意義

論文
Masuda H, Kaga K, Inahara M, Araki K, Kojima S, Naya Y, Takano M.
Severe Hypophosphatemia Following Denosumab Administration in a Hemodialysis Patient with Progressive Prostate Cancer.
Urol Case Rep.(2017)Apr26 13 63-65 PMID: 28462158

Okato A, Arai T, Kojima S, Koshizuka K, Osako Y, Idichi T, Kurozumi A, Goto Y, Kato M, Naya Y, Ichikawa T, Seki N.
Dual strands of pre-miR‑150 (miR‑150‑5p and miR‑150‑3p) act as antitumor miRNAs targeting SPOCK1 in naïve and castration-resistant prostate cancer.
Int J Oncol. (2017) Jul 51(1) 245-256 PMID: 28534948

Goto Y, Kurozumi A, Arai T, Nohata N, Kojima S, Okato A, Kato M, Yamazaki K, Ishida Y, Naya Y, Ichikawa T, Seki N.
Impact of novel miR-145-3p regulatory networks on survival in patients with castration-resistant prostate cancer.
Br J Cancer.(2017)June 22 117(3) 409-420 PMID: 28641312

Arai T, Okato A, Kojima S, Idichi T, Koshizuka K, Kurozumi A, Kato M, Yamazaki K, Ishida Y, Naya Y, Ichikawa T, Seki N.
Regulation of spindle and kinetochore-associated protein 1 by antitumor miR-10a-5p in renal cell carcinoma.
Cancer Sci. (2017) Oct 108(10) 2088-2101 PMID: 28746769

Okato A, Arai T, Yamada Y, Sugawara S, Koshizuka K, Fujimura L, Kurozumi A, Kato M, Kojima S, Naya Y, Ichikawa T, Seki N.
Dual Strands of Pre-miR-149 Inhibit Cancer Cell Migration and Invasion through Targeting FOXM1 in Renal Cell Carcinoma.
Int J Mol Sci. (2017) Sep13 18(9) PMID: 28902136

Yamada Y, Nishikawa R, Kato M, Okato A, Arai T, Kojima S, Yamazaki K, Naya Y, Ichikawa T, Seki N.
Regulation of HMGB3 by antitumor miR-205-5p inhibits cancer cell aggressiveness and is involved in prostate cancer pathogenesis.
J Hum Gene (2018)Feb 63(2) 195-205 PMID: 29196733

Kato T, Komiya A, Yuasa J, Kaga K, Kaga M, Kojima S, Naya Y, Isaka S.
Abiraterone acetate withdrawal syndrome: Speculations on the underlying mechanisms.
Oncol Lett. (2018)Feb 15(2) 2669-2672 PMID: 29434990

Arai T, Okato A, Yamada Y, Sugawara S, Kurozumi A, Kojima S, Yamazaki K, Naya Y, Ichikawa T, Seki N.
Regulation of NCAPG by miR-99a-3p (passenger strand) inhibits cancer cell aggressiveness and is involved in CRPC.
Cancer Med. 2018 Apr ;7(5) 1988-2002 PMID: 29608247 DOI: 10.1002/cam4.1455

Yamada Y, Arai T, Kojima S, Sugawara S, Kato M, Okato A, Yamazaki K, Naya Y, Ichikawa T, Seki N
Anti-tumor roles of both strands of the miR-455 duplex: their targets SKA1 and SKA3 are involved in the pathogenesis of renal cell carcinoma.
Oncotarget. 2018Jun;9(42)26638-26658 PMID:29928475 DOI: 10.18632/oncotarget.25410

Yamada Y, Arai T, Kojima S, Sugawara S, Kato M, Okato A, Yamazaki K, Naya Y, Ichikawa T, Seki N
Regulation of antitumor miR-144-5p targets oncogenes: Direct regulation of syndecan-3 and its clinical significance.
Cancer Sci.2018 Jul ;109(9) 2919-2936 PMID: 29968393 DOI: 10.18632/oncotarget.25410

Kato T, Kojima S, Fujimoto A, Otsuka K, Suyama T, Hou K, Araki K, Masuda H, Yamazaki K, Komiya A, Naya Y.
PSA response following the 'steroid switch' in patients with castration-resistant prostate cancer treated with abiraterone: A case report.
Oncol Lett. 2018Oct;16(4) 5383-5388 PMID: 30250608 DOI: 10.3892/ol.2018.9321

Yamada Y, Sugawara S, Arai T, Kojima S, Kato M, Okato A, Yamazaki K, Naya Y, Ichikawa T, Seki N.
Molecular pathogenesis of renal cell carcinoma: Impact of the anti-tumor miR-29 family on gene regulation.
Int J Urol. 2018 Nov;25(11):953-965 PMID: 30153702 DOI: 10.1111/iju.13783

Yamada Y, Arai T, Kato M, Kojima S, Sakamoto S, Komiya A, Naya Y, Ichikawa T, Seki N.
Role of pre-miR-532 (miR-532-5p and miR-532-3p) in regulation of gene expression and molecular pathogenesis in renal cell carcinoma.
Am J Clin Exp Urol. 2019;7(1) 11-30 PMID: 30906802

Arai T, Kojima S, Yamada Y, Sugawara S, Kato M, Yamazaki K, Naya Y, Ichikawa T, Seki N.
Pirin: a potential novel therapeutic target for castration-resistant prostate cancer regulated by miR-455-5p.
Mol Oncol 2019Feb;13(2) 322-337 PMID: 30444038 DOI: 10.1002/1878-0261.12405

Arai T, Kojima S, Yamada Y, Sugawara S, Kato M, Yamazaki K, Naya Y, Ichikawa T, Seki N.
Micro-ribonucleic acid expression signature of metastatic castration-resistant prostate cancer: Regulation of NCAPH by antitumor miR-199a/b-3p.
Int J Urol.2019Feb;26(4) PMID: 30818424 DOI: 10.1111/iju.13911

芳生旭辰、関根啓太、三神功亮、大塚耕太郎、加藤智規、巣山貴仁、荒木千裕、増田広、小島聡子、納谷幸男
上部尿路結石に対するfTULの術前イメージング
泌尿器外科 2019年32-増刊号 696-697 ISNN#978-4-86517-326-9

Yamada Yasutaka, Nohata Nijiro, Uchida Akifumi, Kato Mayuko, Arai Takayuki, Moriya Shogo, Mizuno Keiko, Kojima Satoko,Yamazaki Kazuto, Naya Yukio, Ichikawa Tomohiko, Seki Naohiko
Replisome genes regulation by antitumor miR-101-5p in clear cell renal cell carcinoma
Cancer Sci 2020Jan 111(4)1392-1406 PMID:31975570  DOI:10.1111/cas.14327

泌尿器科のWebサイト

一般社団法人National Clinical Database(NCD)の専門医制度と連携したデータベース事業への参加について
このページのトップへ