診療科・担当医紹介
泌尿器科

大学病院として、また地域の中核病院として、地域医療機関との連携を密にして、質の高い医療を行っています。
副腎、腎臓、尿管、膀胱、前立腺、精巣、陰茎の腫瘍性疾患を中心に、尿路結石、男性学、排尿障害、尿路感染症の診断、治療に力を入れています。
特に、尿路結石症の再発予防、特殊な尿路結石、中期前立腺癌に対する集学的治療、進行期前立腺癌に対する内分泌療法のさまざまな工夫を特色としています。


担当医
納谷 幸男
教授 納谷 幸男
出身大学産業医科大学医学部 平成3年卒 医学博士
専門分野腎癌
尿路上皮癌
腹腔鏡手術
副腎
尿路結石症
排尿障害
医工学
専門医等日本泌尿器科学会専門医・指導医・代議員
日本内視鏡外科学会腹腔鏡技術認定医
日本泌尿器科内視鏡学会腹腔鏡技術認定審査委員・評議員
日本癌治療認定医機構がん治療認定医・暫定教育医
日本アンドロロジー学会評議員
日本尿路結石症学会理事
腎がん研究会運営委員・世話人
単孔式内視鏡手術研究会世話人
准教授 小島 聡子
出身大学筑波大学 平成6年卒 医学博士
専門分野前立腺癌
アンドロロジー
専門医等日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本アンドロロジー学会評議員
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
増田 広
講師 増田 広
出身大学群馬大学  平成4年卒 医学博士
専門分野泌尿器科腫瘍学(腎・尿路上皮・精巣)
尿路結石症
専門医等日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本透析医学会認定医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
荒木 千裕
講師 荒木 千裕
出身大学山形大学 平成8年卒 医学博士
専門分野腎癌
尿路上皮癌
精巣悪性腫瘍
腹腔鏡手術
泌尿器科内視鏡手術
専門医等日本泌尿器科学会ボーティングメンバー
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本泌尿器科内視鏡学会評議員
日本泌尿器科内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会腹腔鏡技術認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
巣山 貴仁
助教 巣山 貴仁
出身大学千葉大学 平成12年卒 医学博士
専門分野腎癌
尿路上皮癌
腹腔鏡手術
専門医等日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本泌尿器科内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医
芳生 旭辰
助教 芳生 旭辰
出身大学旭川医科大学 平成14年卒
専門分野泌尿器科腫瘍
尿路結石症
専門医等日本泌尿器科学会専門医・指導医
助教 加藤 智規
出身大学千葉大学 平成13年卒 医学博士
専門分野尿路上皮癌
前立腺癌
アンドロロジー
女性泌尿器
専門医等日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
助手 藤本 歩
出身大学千葉大学 平成24年卒
専門分野泌尿器科一般
後期研修医 大塚 耕太郎
出身大学千葉大学 平成26年卒
専門分野泌尿器科一般

~2017年度~
診療実績

手術件数推移


研究について
癌領域
  • 前立腺癌におけるmicroRNAの発現とホルモン抵抗性の関連
  • 膀胱癌におけるmicroRNAの発現と予後の関連
  • 腎癌におけるmicro RNAの発現と分子標的薬治療効果との関連(千葉大学との共同研究)
  • 間欠内分泌療法における男性ホルモン剤の経過と予後
  • 内分泌療法における抗男性ホルモン剤の交代療法
  • 前立腺癌の積極的待機療法
  • 腎盂癌におけるリンパ節廓清の意義

国際学会発表
1.Satoko Kojima, Yukio Naya, Naohiko Seki.et al. miR-452 inhibits migration and invasion of prostate cancer cells by targeting E3 ubiquitin ligase-1 (WWP1). (P) #2528, April 1-5, AACR Annual Meeting 2017, Washington
2.Mayuko Kato, Satoko Kojima, Naohiko Seki et al. Dual-strand tumor-suppressor microRNA-145 (miR-145-5p and miR-145-3p) are involved in castration-resistant prostate cancer pathogenesis. (P) #1459, April 1-5, AACR Annual Meeting 2017, Washington
3.Takayuki Arai, Satoko Kojima, Yukio Naya, et al. MicroRNA expression signature of patients with tyrosine kinase inhibitors failure: miR-10a-5p inhibits cancer cell aggressiveness in renal cell carcinoma. (P) #2526, April 1-5, AACR Annual Meeting 2017, Washington
4.Atsushi Okato, Satoko Kojima, Naohiko Seki et al. Dual-strands pre-microRNA-150 (miR-150-5p and miR-150-3p) acts as tumor suppressor in prostate cancer. (P) #3438, April 1-5, AACR Annual Meeting 2017, Washington
5. Kotaro Otsuka Ayumi Fujimoto, Kyokusin Hou, et al. Laparoscopic partial nephrectomy for T1b or greater tumors: comparing the Trifecta outcome of T1a with T1b or greater tumors. MP21-12 WCE 2017 15 Sep 2017, Vancouver
6.Kazuhiro Araki, Kotaro Otsuka, Ayumi Fujimoto, et al. Templete-based laparoscopic lymphadenectomy combined with laparoscopic nephroureterectomy for renal pevic and proximal ureteral cancer. MP^34-15 14 Sep, 2017, WCE2017 Vancouver
7.Takahito Suyama, Manato Kanesaka, Kotaro Otsuka, et al. Impact of hypertension on recurrence and survival of patients with renal cell carcinoma after surgery. ASCO GenitourinaryCancers Symposium 2018 2月 San Francisco

国内発表(抜粋)
日本泌尿器科学会総会 2017年4月鹿児島
Update企画 ロボットに負けない腹腔鏡手術
納谷幸男、荒木千裕、藤本歩、金坂学斗、芳生旭辰、巣山貴仁、増田広、小島聡子
T1bまたは腎門部腎腫瘍に対する腹腔鏡下無阻血腎部分切除

Update企画 非筋層浸潤膀胱癌:中間リスク群の評価と治療
荒木千裕、金坂学斗、藤本歩、金坂学斗、芳生旭辰、巣山貴仁、増田広、小島聡子、納谷幸男、五十嵐達彦、市川智彦
中等度リスク筋層非浸潤がん:EAU2011年、2013年ガイドライン比較検討、および治療戦略

小島聡子、藤本歩、金坂学斗、芳生旭辰、巣山貴仁、荒木千裕、増田広、納谷幸男
Androgen Receptor (AR) Targeted Therapy におけるTime to CRPCの重要性

金坂学斗、巣山貴仁、藤本歩、芳生旭辰、荒木千裕、増田広、小島聡子、納谷幸男
腎細胞癌stageIVにおけるCytoreductive Nephrectomyの検討

巣山貴仁、金坂学斗、藤本歩、芳生旭辰、荒木千裕、増田広、小島聡子、納谷幸男
当院で手術療法を受けた腎細胞癌症例の再発・生存に関する予後因子の検討

増田広、藤本歩、金坂学斗、芳生旭辰、巣山貴仁、荒木千裕、小島聡子、納谷幸男
デュタステリド投薬中断に伴う臨床症状の検討

藤本歩、小島聡子、金坂学斗、芳生旭辰、巣山貴仁、荒木千裕、増田広、納谷幸男
当院における前立腺全摘除術御PSA再発症例の予後に関する検討

芳生旭辰、金坂学斗、藤本歩、巣山貴仁、趙秀孔、荒木千裕、増田広、小島聡子、納谷幸男
Mini-PNLの導入後の治療成績と合併症の検討

英語論文
1. Yamada, Y., R. Nishikawa, M. Kato, A. Okato, T. Arai, S. Kojima, K. Yamazaki, Y. Naya, T. Ichikawa, and N. Seki, Regulation of HMGB3 by antitumor miR-205-5p inhibits cancer cell aggressiveness and is involved in prostate cancer pathogenesis. J Hum Genet, 2017.
2. Okato, A., T. Arai, Y. Yamada, S. Sugawara, K. Koshizuka, L. Fujimura, A. Kurozumi, M. Kato, S. Kojima, Y. Naya, T. Ichikawa, and N. Seki, Dual Strands of Pre-miR-149 Inhibit Cancer Cell Migration and Invasion through Targeting FOXM1 in Renal Cell Carcinoma. Int J Mol Sci, 2017. 18(9).
3. Kojima, S., Y. Goto, and Y. Naya, The roles of microRNAs in the progression of castration-resistant prostate cancer. J Hum Genet, 2017. 62(1): p. 25-31.
4. Goto, Y., A. Kurozumi, T. Arai, N. Nohata, S. Kojima, A. Okato, M. Kato, K. Yamazaki, Y. Ishida, Y. Naya, T. Ichikawa, and N. Seki, Impact of novel miR-145-3p regulatory networks on survival in patients with castration-resistant prostate cancer. Br J Cancer, 2017. 117(3): p. 409-420.
5. Arai, T., A. Okato, S. Kojima, T. Idichi, K. Koshizuka, A. Kurozumi, M. Kato, K. Yamazaki, Y. Ishida, Y. Naya, T. Ichikawa, and N. Seki, Regulation of spindle and kinetochore-associated protein 1 by antitumor miR-10a-5p in renal cell carcinoma. Cancer Sci, 2017. 108(10): p. 2088-2101.
6. Masuda H, Kaga K, Inahara M, Araki K, Kojima S, Naya Y, Takano M.  Severe  Hypophosphatemia Following Denosumab Administration in a Hemodialysis Patient with Progressive Prostate Cancer. Urol Case Rep. 2017 Apr 26;13:63-65.
7. Kamiya N, Suzuki H, Suyama T, Kobayashi M, Fukasawa S, Sekita N, Mikami K, Nihei N, Naya Y, Ichikawa T.  Clinical outcomes of second transurethral resection in non-muscle invasive high-grade bladder cancer: a retrospective, multi-institutional, collaborative study.  Int J Clin Oncol. 2017 Apr;22(2):353-358

講演
納谷幸男   腎細胞癌の治療戦略  宇都宮ウロロジーセミナー 2017年7月
納谷幸男   腹腔鏡下腎摘のポイント  腹腔鏡技術認定講習 2017年7月
納谷幸男   泌尿器科におけるVTE 最近の知見 第4回茨城腹部手術VTEセミナー 2017年10月
納谷幸男   転移性腎癌の治療戦略  Immuno-Oncology expert meetung  2017年12月
納谷幸男   多発性嚢胞腎  市原医師会学術講演会  2018年2月
小島聡子   去勢抵抗性前立腺癌治療の実際と展望~より安全に、より有効に~
       日本アンドロロジー学会 第36回学術大会 ランチョンセミナー 2017年6月
小島聡子   女性と男性の排尿障害 ~私の処方箋~ 第11回上総市原臨床薬学セミナー 2018年1月
荒木千裕   泌尿器科からみる吸収性癒着防止材・止血材の使い方と求める分解速度とデザイン
       技術情報協会 2018年1月

市民公開講座
納谷幸男 小島聡子 加藤智規   よくわかる泌尿器科の病気の話 2017年6月

泌尿器科のWebサイト

一般社団法人National Clinical Database(NCD)の専門医制度と連携したデータベース事業への参加について
このページのトップへ