診療科・担当医紹介
内科(腎臓)
<腎臓内科の役割>
腎臓という臓器は「縁の下の力持ち」で、その役割は体内の状況を一定に保つことです。具体的には、以下のような仕事をします。
 ①老廃物の排泄:体の中で作られる老廃物を尿の中に捨て、体液を清浄に保ちます。
 ②水分量の調節:尿の量を調節し、体内の水分量を一定に保ちます。
 ③電解質の調節:体液の電解質(ミネラル)濃度を一定の範囲内に保ちます。
腎臓に何らかの異常が生じた場合、①~③の不具合に伴う異常(血中尿毒素レベルの上昇、浮腫、電解質異常など)が出現したり、尿の中に本来出現しない成分―タンパクや赤血球など―が出現したりします。
腎臓内科は、このような腎障害の原因を見つけ出し、適切な手当てを行う診療科です。また、生命の維持が難しいほど腎臓の機能が低下した場合に、腎臓の機能を肩変わりする治療である腎代替療法(通常、透析療法と呼ばれます)を行うのも、腎臓内科の役割です。

<腎臓内科の診療対象疾患>
腎臓内科の診療対象疾患を以下に列記します。
 ①尿所見異常を呈する疾患
 ②腎機能低下につながる疾患
 ③すでに生じてしまった腎機能低下
具体的には、急性・慢性糸球体腎炎、嚢胞性腎疾患、高血圧に伴う腎障害(腎硬化症)、高尿酸血症に伴う腎障害、糖尿病に伴う腎障害(糖尿病性腎症)などが該当します。

<透析療法について>
透析療法は大きく「血液透析」と「腹膜透析」にわけられます。
血液透析は、体外にある人工腎臓に血液を導き出して施行する治療法で、通常、週3回(1回3~4時間程度)行われます。当院では施行に必要なバスキュラーアクセス(いわゆる内シャント)を手術で造設し、最初の数回の治療を院内の中央診療部門である「腎センター」で施行した上で、近隣の透析を専門とする連携施設と協力して治療を継続します。
腹膜透析は、腹腔内臓器や腹壁(内壁)を覆う腹膜を老廃物の除去路として用いる治療法です。治療は自宅や職場で患者さんご自身あるいはご家族の手で行っていただくため、通院は月1回程度で済みます。
本邦では、30万人以上おられる透析患者さんのほとんどが血液透析を選択されており、腹膜透析を行われる方は約1万人です。一方海外に目を向けると、腹膜透析を選択する患者さんの増加率は、血液透析を選択する患者さんの約2倍となっています。当院では、いずれの治療法も選択可能です。
なお当院では、透析以外の選択肢「腎移植」についても、連携施設との協力によってスムーズな施行が可能です。
担当医
寺脇 博之
教授 寺脇 博之
出身大学岐阜大学 平成3年卒 医学博士
専門分野高尿酸血症
急性・慢性腎不全
腎代替療法(血液透析・腹膜透析)
酸化ストレス
臨床疫学
専門医等日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医
日本腎臓学会専門医・指導医・評議員
日本透析医学会専門医・指導医
日本高血圧学会高血圧専門医・指導医
日本腹膜透析医学会評議員
日本生理学会評議員
桑田 昇治
教授 桑田 昇治
出身大学東京大学 昭和56年卒 医学博士
専門分野腎臓病
血液浄化療法
輸血療法
専門医等日本内科学会認定内科医
大溝 啓揮
助手 大溝 啓揮
出身大学帝京大学 平成26年卒
専門分野腎臓病
血液浄化療法
酒井 一広
助手 酒井 一広
出身大学帝京大学 平成26年卒
専門分野腎臓病
血液浄化療法
新井 貴士
非常勤医師 新井 貴士
出身大学帝京大学 昭和62年卒 医学博士
専門分野腎臓病
血液浄化療法
専門医等日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本透析医学会専門医・指導医
日本医師会認定産業医
非常勤医師 守屋 友宏
出身大学帝京大学 平成7年卒
専門分野腎臓病
血液浄化療法
専門医等日本透析医学会専門医・指導医
非常勤医師 山田 恵子
出身大学帝京大学 平成11年卒
専門分野腎臓病
血液浄化療法
非常勤医師 高野 慎
出身大学東邦大学 平成14年卒
専門分野泌尿器科学
血液浄化療法
専門医等日本泌尿器科学学会専門医

~2015年度~
診療実績

外来患者数:7,366人
入院患者数:104人

診療症例数
 腎生検:9件
 シャント手術:93件
 透析導入:70件
 外来透析件数:3,842件
 入院透析件数:2,909件
 特殊血液浄化件数:108件
 血漿交換慮法(DFPP含む):22件
 白血球除去療法:10件
 透析導入患者:70名
このページのトップへ