診療科・担当医紹介
内科(腎臓)
<腎臓内科の役割>
腎臓という臓器は「縁の下の力持ち」で、その役割は体内の状況を一定に保つことです。具体的には、以下のような仕事をします。
 ①老廃物の排泄:体の中で作られる老廃物を尿の中に捨て、体液を清浄に保ちます。
 ②水分量の調節:尿の量を調節し、体内の水分量を一定に保ちます。
 ③電解質の調節:体液の電解質(ミネラル)濃度を一定の範囲内に保ちます。
腎臓に何らかの異常が生じた場合、①~③の不具合に伴う異常(血中尿毒素レベルの上昇、浮腫、電解質異常など)が出現したり、尿の中に本来出現しない成分―タンパクや赤血球など―が出現したりします。
腎臓内科は、このような腎障害の原因を見つけ出し、適切な手当てを行う診療科です。また、生命の維持が難しいほど腎臓の機能が低下した場合に、腎臓の機能を肩変わりする治療である腎代替療法(通常、透析療法と呼ばれます)を行うのも、腎臓内科の役割です。

<腎臓内科の診療対象疾患>
腎臓内科の診療対象疾患を以下に列記します。
 ①尿所見異常を呈する疾患
 ②腎機能低下につながる疾患
 ③すでに生じてしまった腎機能低下
具体的には、急性・慢性糸球体腎炎、嚢胞性腎疾患、高血圧に伴う腎障害(腎硬化症)、高尿酸血症に伴う腎障害、糖尿病に伴う腎障害(糖尿病性腎症)などが該当します。

<透析療法について>
透析療法は大きく「血液透析」と「腹膜透析」にわけられます。
血液透析は、体外にある人工腎臓に血液を導き出して施行する治療法で、通常、週3回(1回3~4時間程度)行われます。当院では施行に必要なバスキュラーアクセス(いわゆる内シャント)を手術で造設し、最初の数回の治療を院内の中央診療部門である「腎センター」で施行した上で、近隣の透析を専門とする連携施設と協力して治療を継続します。
腹膜透析は、腹腔内臓器や腹壁(内壁)を覆う腹膜を老廃物の除去路として用いる治療法です。治療は自宅や職場で患者さんご自身あるいはご家族の手で行っていただくため、通院は月1回程度で済みます。
本邦では、30万人以上おられる透析患者さんのほとんどが血液透析を選択されており、腹膜透析を行われる方は約1万人です。一方海外に目を向けると、腹膜透析を選択する患者さんの増加率は、血液透析を選択する患者さんの約2倍となっています。当院では、いずれの治療法も選択可能です。
なお当院では、透析以外の選択肢「腎移植」についても、連携施設との協力によってスムーズな施行が可能です。

内科(腎臓)腎研究室 web site


担当医
寺脇 博之
教授 寺脇 博之
出身大学岐阜大学 平成3年卒 医学博士
専門分野高尿酸血症
急性・慢性腎不全
腎代替療法(血液透析・腹膜透析)
酸化ストレス
臨床疫学
専門医等日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医
日本腎臓学会専門医・指導医・評議員
日本透析医学会専門医・指導医
日本高血圧学会高血圧専門医・指導医
日本腹膜透析医学会評議員
日本生理学会評議員
吉村 和修
病院教授 吉村 和修
出身大学東京慈恵会医科大学 平成8年卒 医学博士
専門分野急性・慢性腎不全
電解質
血液浄化療法
専門医等日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本腎臓学会専門医・指導医
日本透析医学会専門医・指導医
日本医師会認定産業医
高知大学医学部臨床教授
助手 飯島 隆太郎
出身大学帝京大学 平成27年卒
専門分野腎臓病
血液浄化療法
助手 和氣 快斗
出身大学帝京大学 平成27年卒
専門分野腎臓病
血液浄化療法
新井 貴士
非常勤医師 新井 貴士
出身大学帝京大学 昭和62年卒 医学博士
専門分野腎臓病
血液浄化療法
専門医等日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本透析医学会専門医・指導医
日本医師会認定産業医
非常勤医師 守尾 友宏
出身大学帝京大学 平成7年卒
専門分野腎臓病
血液浄化療法
専門医等日本透析医学会専門医
非常勤医師 山田 恵子
出身大学帝京大学 平成11年卒
専門分野腎臓病
血液浄化療法
非常勤医師 高野 慎
出身大学東邦大学 平成14年卒
専門分野泌尿器科学
血液浄化療法
専門医等日本泌尿器科学学会専門医

~2017年度~
診療実績

外来患者数:7,346人
入院患者数:181人
診療症例数
 腎生検:34件
 シャント手術:64件
 動脈表在化:23件
 腹膜透析カテーテル関連手術:9件
 血液透析導入:86件
 腹膜透析導入:8件

腎センター診療実績
 外来透析件数:2,510件
 入院透析件数:3,505件
 血漿交換療法・血漿吸着療法:5件
 白血球除去療法:13件
 特殊血液浄化:93件
 透析導入患者:86件

教育について
3年生統合講義 3コマ
6年生総合講義 1コマ
BSL学生実習
BSC学生実習
OSCE試験
前期研修医指導

原著論文・症例報告
1. Terawaki H, Hoshi H, Kazama JJ. Effect of switching xanthine oxidoreductase inhibitor from febuxostat to topiroxostat on urinary protein excretion.  Clin Exp Nephrol, 2017, 21(2):356-357. (IF: 1.945)
2. Ikeda M, Terawaki H, Kanda E, Furuya M, Tanno Y, Nakao M, Maruyama Y, Maeda M, Higuchi C, Sakurada T, Kaneko T, Io H, Hashimoto K, Ueda A, Hirano K, Washida N, Yoshida H, Yoshikawa K, Taniyama Y, Harada K, Matsuo N, Okido I, Yokoo T. Interventional nephrology: current status and clinical impact in Japan. Clin Exp Nephrol. 2018, 22(2):437-447. (IF: 1.945)
3. Nakayama M, Itami N, Suzuki H, Hamada H, Osaka N, Yamamoto R, Tsunoda K, Nakano H, Watanabe K, Zhu WJ, Maruyama Y, Terawaki H, Kabayama S, Nakazawa R, Miyazaki M, Ito S. Possible clinical effects of molecular hydrogen (H2) delivery during hemodialysis in chronic dialysis patients: Interim analysis in a 12 month observation. PLoS One. 2017, 12(9):e0184535.
4. Terawaki H, Murase T, Nakajima A, Aoyagi K, Fukushima N, Tani Y, Nakamura T, Kazama JJ. The Relationship between Xanthine Oxidoreductase and Xanthine Oxidase Activities in Plasma and Kidney Dysfunction.  J Clin Exp Nephrol 2017, 1:31.
5. 山縣 邦弘, 岡田 浩一, 柏原 直樹, 旭 浩一, 斎藤 知栄, 四方 賢一, 柴垣 有吾, 杉山 斉, 鶴岡 秀一, 鶴屋 和彦, 仲谷 達也, 長田 太助, 西 慎一, 深川 雅史, 横山 仁, 和田 隆志, 荒谷 紗絵, 今澤 俊之, 大野 岩男, 甲斐 平康, 風間 順一郎, 要 伸也, 金子 朋広, 菅野 義彦, 佐藤 博, 佐藤 稔, 常喜 信彦, 鈴木 祐介, 寺脇 博之, 中井 健太郎, 長沼 俊秀, 中山 昌明, 長谷部 直幸, 花房 規男, 馬場園 哲也, 原 章規, 藤井 秀毅, 藤野 貴行, 古市 賢吾, 宮本 聡, 守山 敏樹, 谷澤 雅彦, 安田 宜成, 渡辺 裕輔, 日本腎臓学会, 日本糖尿病学会, 日本高血圧学会, 日本老年医学会, 日本透析医学会, 日本臨床腎移植学会. 腎障害進展予防と腎代替療法へのスムーズな移行 CKDステージG3b~5診療ガイドライン 2017(2015追補版).  日本腎臓学会誌 2017, 59(8): 1093-1216.
6. 寺脇 博之, 中山 恵輔, 中山 昌明, 伊藤 貞嘉.  メチルグリオキサールと心腎連関.  循環器内科 2007, 82(4);365-369.
7. 寺脇 博之. 医学の窓 各科の話題 内科 慢性腎臓病に関する治療戦略の進歩.  千葉県医師会雑誌  2017, 69(11): 507.
8. 寺脇 博之, 村瀬 貴代, 中島 彩, 青柳 佳子, 福島 直太郎, 谷 良宏, 中村 敬志, 風間 順一郎.  血漿XO/XOR比は腎機能低下と相関して上昇する LC-TQMS法を用いた検討.  痛風と核酸代謝 2017, 41(1): 88-90.
9. 安田 俊, 加茂 矩士, 平岩 幹, 経塚 標, 山口 明子, 藤森 敬也, 川畑 絹代, 池田 和彦, 大戸 斉, 中島 彩, 福島 直太郎, 寺脇 博之, 宮崎 恭平, 柏原 祥曜, 羽田 謙太郎, 郷 勇人, 佐藤 真紀, 桃井 伸緒.  抗M抗体による重症血液型不適合妊娠をDFPPおよびhigh-dose IVIG療法で管理した一例.   日本産婦人科・新生児血液学会誌  2017, 27(1):S-89-S-90.
10. 寺脇博之.  巻頭言 日野原先生の思い出. 腎と透析 2018, 84(2): 138-139.
11. 寺脇博之. キサンチンオキシダーゼと腎障害. 高尿酸血症と痛風 2018, 26(1): 72-77.

学会・研究会発表
1. 寺脇 博之, 村瀬 貴代, 中島 彩, 青柳 佳子, 福島 直太郎, 谷 良宏, 中村 敬志, 風間 順一郎. 血漿XO/XOR比は腎機能低下と相関して上昇するLC-TQMS法を用いた検討. 第60回日本腎臓学会学術集会 仙台, 5月
2. 林 義満, 橋本 重厚, 旭 浩一, 田中 健一, 寺脇 博之, 風間 順一郎. 震災避難がCKD発症に及ぼす影響. 第60回日本腎臓学会学術集会 仙台, 5月
3. 寺脇博之、村瀬貴代、中島彩、青栁佳子、福島直太郎、谷良宏、中村敬志、風間順一郎. 血漿XO/XOR比は腎機能低下と相関して上昇する:LC-TQMS法を用いた検討. 第70回日本酸化ストレス学会学術集会 つくば, 6月
4. 助川 良二, 寺山 秀和, 野尻 淑恵, 清和 健二, 石崎 真衣, 濱尾 富美江, 谷 良宏, 寺脇 博之. ポリスルホン膜使用により血液回路内凝固を呈した一症例. 第62回日本透析医学会学術総会 横浜 6月
5. 中野 広文, 寺脇 博之, 竹口 文博, 山川 貴史. 大量腹水を腹膜透析用カテーテルで長期管理したB型肝硬変合併血液透析患者の一例. 第62回日本透析医学会学術総会 横浜 6月
6. 谷 良宏, 石崎 真衣, 野尻 淑恵, 寺山 秀和, 清和 健二, 濱尾 富美江, 助川 良二, 寺脇 博之. 2型糖尿病を合併した透析患者に対するデュラグルチドの効果. 第62回日本透析医学会学術総会 横浜 6月
7. 木村 浩, 田中 健一, 岩崎 剛史, 沼田 徳太郎, 渡辺 秀平, 小田 朗, 中島 彩, 青柳 佳子, 福島 直太郎, 菅野 真理, 寺脇 博之, 林 義満, 旭 浩一, 風間 順一郎. 当院における抗糸球体基底膜(GBM)抗体型急速進行性糸球体腎炎の検討. 第62回日本透析医学会学術総会 横浜 6月
8. 寺脇 博之, 中島 彩, 青柳 佳子, 小針 英理, 福島 直太郎, 渡辺 秀平, 小田 朗, 菅野 真理, 木村 浩, 谷 良宏, 田中 健一, 林 義満, 旭 浩一, 風間 順一郎. 総体液量に関する実測値と推定値との比較 体成分分析装置BCMを用いた予備的検討. 第62回日本透析医学会学術総会 横浜 6月
9. 寺脇博之. 透析液組成を再考する透析液と酸化ストレスとの関連その誘因と対策. 第62回日本透析医学会学術総会 横浜 6月
10. 寺脇 博之, 林 義満, 風間 順一郎, 木田 雅彦. 腹膜透析推進のための地域連携 福島市における病病・病診連携高齢化時代を踏まえて. 第62回日本透析医学会学術総会 横浜 6月
11. 寺脇博之. 腹膜透析(CAPD)の導入と管理. 第26回日本腎不全外科研究会 東京 7月
12. 寺脇博之. 手術 ~PDカテーテル挿入術におけるポイント~. 第23回日本腹膜透析医学会学術集会 北九州 10月
13. 玉坂恵子, 木田雅彦, 芳賀伸一, 寺脇博之.  腹膜透析液注入量の規格量と実際量の差. 第23回日本腹膜透析医学会学術集会 北九州 10月
14. 木田雅彦, 寺脇博之. 坐位と臥位との排液状況の比較. 第23回日本腹膜透析医学会学術集会 北九州 10月
15. 吉村和修、飯島隆太郎、和氣快斗、寺脇博之. 内シャント造設術におけるrun-off改善のための工夫. 第45回千葉県透析研究会 千葉 11月
16. 松林雄一郎、飯島隆太郎、和氣快斗、吉村和修、寺脇博之、有野卓也、菊池義彦、三浦祐介、小藪毅、富山健大、山口夕輝、會田瑛里子、山口宏貴. 出血性病変を有する患者に対してビタミンE固定化透析膜を用いた無抗凝固薬 血液透析の施行経験. 日本医工学治療学会第34回学術大会. さいたま 2018年3月
17. 富山健大、飯島隆太郎、和氣快斗、吉村和修、寺脇博之.  体組成装置(BCM)の使用経験. 日本医工学治療学会第34回学術大会. さいたま 2018年3月
このページのトップへ