診療科・担当医紹介
整形外科
 当科は5名の常勤整形外科医師及び常時数名の非常勤医師により、脊椎疾患、膝・股関節疾患、リウマチ疾患、肩関節疾患、スポーツ医学、骨軟部腫瘍疾患を中心とした専門性の高い診療を行っています。日本学術振興会の平成17年度科学研究費を獲得し、国内外での学会、雑誌への研究発表を積極的に行っています。また、日本整形外科学会学術プロジェクト研究を行うなど、日本整形外科学会研修施設として若手医師の育成にも努めています。
担当医
和田 佑一
教授 和田 佑一
出身大学千葉大学 昭和58年卒 医学博士
専門分野関節外科
スポーツ医学
軟骨再生医療
専門医等日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本リウマチ学会専門医
日本体育協会公認スポーツドクター
教授 村田 泰章
出身大学千葉大学 平成5年卒 医学博士
専門分野脊椎・脊髄外科
専門医等日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医
助教 重村 智徳
出身大学千葉大学 平成16年卒 医学博士
専門分野関節外科
専門医等日本整形外科学会専門医
助教 山本 陽平
出身大学千葉大学 平成15年卒 医学博士
専門分野足の外科
専門医等日本整形外科学会専門医
日本体育協会公認スポーツドクター
助手 佐藤 崇司
出身大学旭川医科大学 平成23年卒
専門分野脊椎外科
後期研修医 土屋 流人
出身大学千葉大学 平成26年卒

~2015年度~
診療実績

外来患者延数:13,287人
入院患者実数:605人
手術件数:382件

教育について
医学部5年生 BSL受け入れ
医学部6年生 臨床実習 2名
研究について
  • 学会発表(国内)
  • 新籾正明:K-lime(-)型頚椎後縦靭帯骨化症に対する前方除圧固定術と後方除圧固定術の手術成績
    第44回日本脊椎脊髄病学会 2015.4.16-18 福岡
  • 新籾正明:K-line(-)型頚椎後縦靭帯骨化症に対する前方除圧固定術と後方除圧固定術の手術成績
    第64回東日本整形災害外科学会 2015.9.11-12 福島
  • 新籾正明:Direct Pedicle Insertion法を用いた頚椎前方椎弓根スクリュー刺入精度の検討
    第24回日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2015.11.6-7 新潟
  • 新籾正明:椎孔周囲スクリューを用いた頚椎後方固定術の成績とスクリュー設置の問題点
    第24回日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2015.11.6-7 新潟
  • 萬納寺誓人:EAT-10を用いた嚥下機能の評価
    第44回脊椎脊髄病学会 2015.4.16-18 博多
  • 萬納寺誓人:重度の腰痛を呈した腰椎骨折後の後弯変形の一例 -その後-
    第25回ちば脊椎カンファレンス 2015.7.4 千葉
  • 萬納寺誓人:80歳以上の高齢者成人脊柱変形手術症例における術後合併症について
    第4回Japan Association of Spine surgeons with Ambition 2015.8.1 博多
  • 萬納寺誓人:Instrumentation抜去後に局所後弯が90度以上になった骨粗鬆症性椎体骨折の一例
    第48回脊椎外科同好会 2015.8.29 千葉
  • 萬納寺誓人:EAT-10による嚥下機能の評価(頚椎術後の嚥下機能障害把握のために)
    第1322回千葉医学会整形外科例会 2015.12.5−6 千葉
  • 萬納寺誓人:腰椎圧迫骨折後の不安定性を伴う脊柱管狭窄症に対するBKP+OLIF法
    第2回日本脊椎前方側方進入手術研究会 2016.1.30 東京
  • 萬納寺誓人:腰椎圧迫骨折後の不安定性を伴う脊柱管狭窄症に対するBKP+OLIF法
    第26回ちば脊椎カンファレンス 2016.2.13 東京
  • 大前隆則:Nerve growth factorの股関節痛に対する関与
    第39回千葉県HIPの会 2015.6.15 船橋
  • 大前隆則:骨盤輪骨折
    第2回千葉整形救急外傷研究会 2015.10.17 幕張
  • 大前隆則:ラット股関節へのnerve growth factor投与における行動学的評価
    第30回日本整形外科学会基礎学術集会 2015.10.22-23 富山
  • 大前隆則:同種骨移植によるclostridium difficileの感染
    第42回日本股関節学会学術集会 2015.10.30-31 大阪
  • 学会発表(海外)
  • Aramomi M: Safety and accuracy of the direct pedicle insertion technique for anterior pedicle screw placement in the subaxial cervical spine.
    Spine across the sea 2015 July 26-30 2015, Hawaii, USA
  • Aramomi M: Safety and accuracy of the direct pedicle insertion technique for anterior pedicle screw placement in the subaxial cervical spine.
    The 4th ISCoS and ASIA Joint Scientific Meeting May14-16 2015, Montreal, Canada
  • Aramomi M: Safety and accuracy of the direct pedicle insertion technique for anterior pedicle screw placement in the subaxial cervical spine.
    31st Annual Meeting Cervical Spine Research Society (CSRS) European Section May 27-28 2015, London, UK
  • Mannoji C: The Calcification in Crowned Dens Syndrome Does not Disappear in a Short Period of Time.
    CSRS-ES 31st Annual Meeting 2015.5.26-28 London, England
  • Mannoji C: Assessment of swallowing function using EAT-10: A swallowing assessment tool.
    Spine Across the Sea 2015 2015.07.26-29 Hawaii, USA
  • Mannoji C: Assessment of swallowing function using EAT-10: A swallowing assessment tool.
    EUROSPINE 2015 2015.9.2-4 Copenhagen, Denmark
  • Omae T: Assessment of pain-related behavior and pro-inflammatory cytokine levels in the rat model of hip pain by intra-articular injection of nerve growth factor.
    Congrès AFJO 2015 Association France-Japon d'Orthopédie 2015.6.4-6 Saint-Malo, France
  • 論文(原著、総説、執筆、共著含む)
  • 新籾正明:頚椎前方椎弓根螺子固定術の実際
    整形災害外科58:401-408, 2015
  • 國府田正雄、古矢丈雄、稲田大悟、神谷光史郎、大田光俊、牧聡、高橋和久、橋本将行、萬納寺誓人、大河昭彦、山崎正志:再生医療の最先端 サイトカインによる骨髄細胞動員を用いた脊髄損傷治療
    日本整形外科学会雑誌 (0021-5325)90巻1号 Page5-8(2016.01)
  • Koda M, Furuya T, Inada T, Kamiya K, Ota M, Maki S, Ikeda O, Aramomi M, Takahashi K, Yamazaki M, Mannoji C: Resolution of low back symptoms after corrective surgery for dropped-head syndrome: a report of two cases.
    BMC Res Notes. 2015 Oct 7;8:54
  • Ohtori S, Mannoji C, Orita S, Yamauchi K, Eguchi Y, Ochiai N, Kishida S, Kuniyoshi K, Aoki Y, Nakamura J, Ishikawa T, Miyagi M, Kamoda H, Suzuki M, Kubota G, Sakuma Y, Oikawa Y, Inage K, Sainoh T, Sato J, Shiga Y, Abe K, Fujimoto K, Kanamoto H, Toyone T, Inoue G, Takahashi K: Mini-Open Anterior Retroperitoneal Lumbar Interbody Fusion: Oblique Lateral Interbody Fusion for Degenerated Lumbar Spinal Kyphoscoliosis.
    Asian Spine J. 2015 Aug;9(4):565-72
  • Koda M, Mannoji C, Oikawa M, Murakami M, Okamoto Y, Kon T, Okawa A, Ikeda O, Yamazaki M, Furuya T: Herpes zoster sciatica mimicking lumbar canal stenosis: a case report.
    BMC Res Notes. 2015 Jul 29; 8:320
  • Mannoji C, Koda M, Furuya T, Aramomi M: Calcific Tendinitis of the Longus Colli.
    Intern Med. 2015;54(12):1573
  • Kato K, Koda M, Takahashi H, Sakuma T, Inada T, Kamiya K, Ota M, Maki S, Okawa A, Takahashi K, Yamazaki M, Aramomi M, Hashimoto M, Ikeda O, Mannoji C, Furuya T: Granulocyte colony-stimulating factor attenuates spinal cord injury-induced mechanical allodynia in adult rats.
    J Neurol Sci. 2015 May 27.
  • Takahashi H, Koda M, Hashimoto M, Furuya T, Sakuma T, Kato K, Okawa A, Inada T, Kamiya K, Ota M, Maki S, Takahashi K, Yamazaki M, Mannoji C: Transplanted peripheral blood stem cells mobilized by granulocyte colony-stimulating factor promoted hindlimb functional recovery after spinal cord injury in mice.
    Cell Transplant. 2015 May 13. [Epub ahead of print]
  • Koda M, Mannoji C, Inada T, Kamiya K, Ota M, Maki S, Takahashi K, Yamazaki M, Aramomi M, Ikeda O, Furuya T: Neurological deterioration induced by sitting in patients after cervicothoracic posterior decompression with instrumented fusion surgery for ossification of the longitudinal ligament: two cases reports.
    BMC Res Notes. 2015 Apr 9;8(1):133
  • Omae T. A novel rat model of hip pain by intra-articular injection of nerve growth factor-characteristics of sensory innervation and inflammatory arthritis.
    Mod Rheumatol. 2015;25(6):931-6.
  • Omae T: Gait and inflammatory response in a rat model of hip pain induced by intra-articular injection of nerve growth factor.
    Chiba Med. J. in press.
  • 講演
  • 和田佑一:変形性膝関節症の早期診断と治療
    第5回秋田県腰と膝の痛みを考える会 2015.6.11 秋田
  • 和田佑一:ロコモと変形性膝関節症
    第7回JOSKASラベンダーセミナー 2015.6.20 札幌
  • 新籾正明:骨粗鬆症性脊椎骨折に対する診断と手術治療
    ちば運動器セミナー2015 2015.4.9 幕張
  • 新籾正明:脊椎疾患の手術治療
    内房地区整形外科病診連携セミナー 2015.4.23 千葉
  • 新籾正明:脊椎感染症の診断と治療
    第9回かずさ整形外科セミナー 2015.7.1 幕張
  • 新籾正明:頚椎疾患の病態と治療
    旭化成社内講演会 2015.9.14 幕張
  • 新籾正明:運動器疼痛性疾患に対する初期治療
    市原市薬剤師会『処方箋発行医による研修会』 2015.9.30 市原
  • 新籾正明:新しい頚椎後方固定術-椎孔周囲スクリュー固定-
    Advanced Spine Forum「最新の治療戦略を語る」 2015.10.3 東京
  • 新籾正明:脊椎のリハビリテーション
    第8回セラピスト資格継続研修会 2015.10.10 千葉
  • 新籾正明:運動器疼痛性疾患に対する治療の実際―薬物治療を中心に―
    ファイザー社内勉強会 2015.10.15 千葉
  • 新籾正明:頚椎疾患に対する手術治療戦略
    柏市整形外科医会学術講演 2015.10.30 柏
  • 萬納寺誓人:上位頚椎石灰化と頚部痛
    内房地区整形外科病診連携セミナー 2015. 4. 23 千葉
  • 萬納寺誓人:骨粗鬆症性椎体骨折に対する手術治療
    ちば骨粗鬆症連携フォーラム 2015.6.24 千葉
  • 村松佑太:軟骨細胞におけるIL-1βとTGFβシグナルに対するマイクロRNA-155の役割
    第16回千葉スポーツ医科学研究会 2015.5.15 千葉
  • 大前隆則:大腿骨頚部/転子部骨折患者に対する骨粗鬆症の現状と今後について
    大腿骨頚部骨折地域連携パス会議 2015.11.16 市原
  • 大前隆則:大腿骨頚部/転子部骨折患者に対する骨粗鬆症の現状と今後について
    第3回千葉整形救急外傷研究会 2016.3.12 幕張
  • 研究会主催
  • ちば運動器セミナー2015 2015年4月9日
  • 内房地区整形外科病診連携セミナー 2015年4月23日
  • 第16回千葉スポーツ医学研究会 2015年5月15日
  • 第9回かずさ整形外科セミナー 2015年7月1日
  • 第5回かずさ整形外科トライアングルフォーラム 2015年7月7日
  • 第6回内房リウマチ病診連携の会 2015年7月27日
  • 第5回運動器疼痛フォーラム 2015年10月28日
  • 千葉関節鏡・膝・スポーツ整形外科研究会2015 2015年11月12日
  • スポーツ整形外科としての活動-村松佑太
  • サッカーU-12ナショナルトレセン帯同ドクター 2016年1月8日~11日
  • 千葉県サッカーU16(国体少年男子)チームドクター 2016年2月~
  • 帝京平成大学女子サッカー部チームドクター 2016年5月~
  • 2016年度シーズン関東大学女子リーグ1部昇格
このページのトップへ