診療科・担当医紹介
耳鼻咽喉科
 当科では真珠腫性中耳炎、耳硬化症など、聴力改善や耳漏停止を目的とした中耳手術を多数行っています。感音難聴に対して、全埋め込み型人工内耳の挿入を、また伝音・混合性難聴に対して、埋込型骨導補聴器などの骨導インプラントの挿入を行っています。鈴木雅明医師は耳の手術件数が多い施設にて高度な耳手術の技術を習得してきております。
 頭頸部腫瘍の診療に対して積極的に行っております。特に唾液腺腫瘍や甲状腺腫瘍の手術件数が多いのが特徴です。杉本晃講師、一ノ瀬篤司医局長が担当致します。
 内視鏡下鼻内手術を積極的に行っています。副鼻腔や鼻腔内の病変を安全に確実に内視鏡下に取り除きます。一ノ瀬篤司医局長、杉本晃講師、小谷亮祐助手が担当します。通年性アレルギー性鼻炎花粉症に対して患者さんのニーズに合わせた手術治療を導入しています。後鼻神経をカットしてくしゃみ・鼻水を止め、下甲介形成を行って鼻づまりを著明改善させる手術を入院の上行っています。
 音声言語障害(幼児、学童および成人の発声障害、構音障害、失語症、吃音障害など)に清水理花医師、鈴木雅明医師および3人の専門の言語聴覚士が活発に取り組んでいます。また小児難聴診療にも積極的に行っています。
 睡眠無呼吸症の成人患者さんに対する終夜睡眠ポリグラフ検査体制を整えています。日本睡眠学会認定医である鈴木雅明医師と専門性高い検査技師にて精査を行っています。在宅持続気道陽圧呼吸療法(CPAP)に関しては、地域のクリニックの先生方との連携の上、管理を行っております。

英文Webサイト


担当医
鈴木 雅明
教授 鈴木 雅明
出身大学東北大学 平成元年卒 医学博士
専門分野耳科学
小児耳鼻咽喉科学
鼻科学
睡眠学
専門医等日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
日本睡眠学会認定医
日本気管食道科学会認定医
日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医
講師 杉本 晃
出身大学愛媛大学 平成7年卒
専門分野耳科学
鼻科学
頭頸部腫瘍
専門医等日本耳鼻咽喉科学会専門医
日本耳鼻咽喉科学会指導医
助手 一ノ瀬 篤司
出身大学帝京大学 平成16年卒
専門分野耳鼻咽喉科学一般
専門医等日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医
助手 小谷 亮祐
出身大学帝京大学 平成23年卒
専門分野耳鼻咽喉科学一般
原田 勇彦
非常勤医師 原田 勇彦
出身大学東京大学 昭和48年卒 医学博士
専門分野耳科学
(慢性中耳炎の手術治療、急性感音難聴の治療等)
専門医等日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
客員講師 千葉 恭久
出身大学帝京大学 昭和59年卒
専門分野甲状腺
神経耳科学
専門医等日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
客員講師 小島 好雅
出身大学秋田大学 昭和62年卒
専門分野耳科学
音声言語学
専門医等日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
後期研修医 清水 理花
出身大学帝京大学 平成26年卒
専門分野耳鼻咽喉科一般

~2015年度~
手術件数

 鼓室形成術・アブミ骨手術 55件
 鼻・副鼻腔内視鏡手術 56件
 顕微鏡下喉頭手術 11件
 アデノイド・口蓋扁桃摘出 34件
 頭頸部腫瘍摘出術 16件
研究について
  • 原著論文
  • 1.Suzuki M, Furukawa T, Sugimoto A, Katada K, Kotani R, Yoshizawa T: Relationship between oral flow patterns, nasal obstruction, and respiratory events during sleep.
    J Clin Sleep Med. 11(8): 855-860, 2015
  • 2.Suzuki M, Wakayama T, Kotani R: Regulation of Cochlear Fluids pH: (I) The Role of Carbon Dioxide.
    The Open Otorhinolaryngology Journal 8: 8-14, 2015
  • 3.Suzuki M, Wakayama T, Kotani R: Regulation of Cochlear Fluids pH: (II) The Role of Bicarbonate.
    The Open Otorhinolaryngology Journal 8: 1-7, 2015
  • 4.Iizuka T, Kamiya K, Gotoh S, Sugitani Y, Suzuki M, Noda T, Minowa O, Ikeda K: Perinatal Gjb2 gene transfer rescues hearing in a mouse model of hereditary deafness.
    Human Molecular genetics 1-15, 2015
  • 5.Suzuki M, Kotani R: Effects of perilymphatic pressure, vasodilator and vasoconstrictor on cochlear fluid pH.
    Acta Oto-laryngologica 135:12, 1219-1224, DOI: 10.3109/00016489.2015.1077392, 2015
  • 6.Okuno K,Suzuki M,et al.: Work report by the task force of the Japanese Academy of Dental Sleep Medicine for clinical practice guidelines of oral appliances.
    J Oral Sleep Med. 1(2); 2015
  • 7.Suzuki M, Kotani R, Shimizu R, Sugimoto A, Ichinose A, Yamazaki K: Multifocal deposits of amyloidosis in the upper airway with cervical nodes showing repeated recurrence.
    J J Clini Case Rep 2(3): 034, 2016
  • 8.Wakayama T, Suzuki M, Tanuma T: CFD analysis of the effect of nasal obstruction on nasal CPAP treatment.
    PLOS ONE 11(3): e0150951. doi:10.1371/journal.pone.0150951
  • 9.石毛美代子、大森蕗恵、二藤隆春、小林武夫、鈴木雅明:難治性の変声障害に対する音声治療
    音声言語医学 56(3): 244-249, 2015
  • 10.江原幸茂、鈴木雅明 他:伝音難聴が残存したランゲルハンス細胞組織球症の一例
    小児耳鼻咽喉科 2015; 36(1): 45-51
  • 11.竹久誠、鈴木雅明 他:外耳道真珠腫より膿瘍を来した外耳道狭窄症を伴う小耳症の一例
    小児耳鼻咽喉科 2015; 36(3): 363-368
  • 12.大村一之、高崎雄司、鈴木雅明:閉塞性睡眠時無呼吸症の重症度に対する3Dスキャナによる顎頸部形態計測の有用性の検討
    睡眠医療 in press
  • 総説
  • 1.鈴木雅明、小谷亮祐:閉塞性睡眠無呼吸症の術後管理の諸問題
    口腔・咽頭科 2015 ; 28(1): 23-28.
  • 2.鈴木雅明:睡眠無呼吸症(外科的治療法)
    山口徹、北原光夫監修 今日の治療指針2015年版 Vol.67医学書院、東京 1433-1434.
  • 3.鈴木雅明、伊東久美子:睡眠時無呼吸症候群 臨床検査のガイドライン JSLM2015 検査値アプローチ/症候/疾患
    日本臨床検査医学会ガイドライン作成委員会 222-226.
  • 4.鈴木雅明、杉本晃、一ノ瀬篤司、小谷亮祐、清水理花:小児OSAの取り扱い ―術前PSG・術後モニタリングの是非―
    小児耳鼻咽喉科 2015 36(3): 235-239
  • 5.酒井あや、鈴木雅明:睡眠時無呼吸症の外科治療
    SAS up-to-date 呼吸器内科 2015; 28(3): 209-214.
  • 6.酒井あや、鈴木雅明:睡眠時無呼吸症の薬物療法
    JOHNS 2015; 31(9): 1316-1320.
  • 7.酒井あや、鈴木雅明:小児睡眠時無呼吸にどのように対処するか?外科的治療の立場から
    JOHNS 2015; 31(12): 1759-1762.
  • 8.井下綾子、鈴木雅明:学業も含めて、小児におけるイビキを伴う睡眠呼吸障害はどのような影響を及ぼすのでしょうか?
    睡眠医療 2015; 9(4): 613-617.
  • 9.酒井あや、鈴木雅明:睡眠障害 病態に及ぼすGERDの影響
    JOHNS 2016; 32(2): 223-226.
  • 10.鈴木雅明:子どものいびき
    Up-to Date Pediatric Practice 2016
  • 11.鈴木雅明:睡眠時無呼吸・いびきへの対応 最前線 2.成人への対応
    口腔・咽頭科 2016 ; 29(1): 33-39.
  • 12.安達美佳、鈴木雅明:CPAP導入のポイント-医師の立場から
    ENTONI 2016; 191(4): 1-7.
このページのトップへ