診療科・担当医紹介
麻酔科
大切なのは、手術が無事に終わること
 手術室での麻酔で大事なことは、手術が無事に終わり、患者さんが安定した状態で手術室を後にすることです。これはあたりまえですね。その、一見あたりまえに見えることを、本当にあたりまえにするために、私達は努力しています。

麻酔科医は患者を眠らせる人?
 私達はふだん、のどが渇けば水分を取り、寒ければ上着を着たり、ヒーターにあたったりします。しかし麻酔で眠っている人はそれができません。放っておくと具合が悪くなってしまうので、私達が点滴を増やして水分を補充したり、体温を見て調節したりします。

患者さんが戦う、さまざまな“敵”
 患者さんは病気と戦っていますが、それ以外にも痛みや不安など、さまざまなストレスと戦わなくてはなりません。全身麻酔で眠っている間も、痛みをとることは重要です。手術が終わった後も、痛みや吐き気があったら苦しく、不安になります。麻酔科医はそうした不快感を予測して、できるかぎり対応します。

安全のための、チームの要
 手術中は執刀の先生方も頑張りますが、予想外の事態が起きることもあります。執刀医が術野に集中していますから、周りで起きていることは他の人が目を光らせる必要があります。麻酔科医は、執刀の先生方や看護師、その他の職種の人達と協力し、ミスをなくし、予想外の事態にも最善の対処ができるようにチームをまとめていきます。
担当医
田垣内 祐吾
教授 田垣内 祐吾
出身大学千葉大学 平成元年卒 医学博士
専門分野麻酔科学
専門医等日本麻酔科学会専門医・指導医
助教 佐久間 承子
出身大学新潟大学 平成20年卒
専門分野麻酔科学
専門医等日本麻酔科学会専門医
助手 川中 涼子
出身大学岐阜大学 平成23年卒
専門分野麻酔科学
専門医等日本麻酔科学会認定医

~2015年度~
診療実績

麻酔科管理手術:1,792件
 整形外科:270件
 産婦人科:462件
 外科:374件
 脳外科:96件
 泌尿器科:327件
 形成・皮膚科:74件
 耳鼻科:153件
 歯口科:31件
 眼科:3件
 内科:2件
 放射線科:1件
 麻酔科:1件

麻酔科のWebサイト
このページのトップへ