診療科・担当医紹介
麻酔科
大切なのは、手術が無事に終わること
 手術室での麻酔で大事なことは、手術が無事に終わり、患者さんが安定した状態で手術室を後にすることです。これはあたりまえですね。その、一見あたりまえに見えることを、本当にあたりまえにするために、私達は努力しています。

麻酔科医は患者を眠らせる人?
 私達はふだん、のどが渇けば水分を取り、寒ければ上着を着たり、ヒーターにあたったりします。しかし麻酔で眠っている人はそれができません。放っておくと具合が悪くなってしまうので、私達が点滴を増やして水分を補充したり、体温を見て調節したりします。

患者さんが戦う、さまざまな“敵”
 患者さんは病気と戦っていますが、それ以外にも痛みや不安など、さまざまなストレスと戦わなくてはなりません。全身麻酔で眠っている間も、痛みをとることは重要です。手術が終わった後も、痛みや吐き気があったら苦しく、不安になります。麻酔科医はそうした不快感を予測して、できるかぎり対応します。

安全のための、チームの要
 手術中は執刀の先生方も頑張りますが、予想外の事態が起きることもあります。執刀医が術野に集中していますから、周りで起きていることは他の人が目を光らせる必要があります。麻酔科医は、執刀の先生方や看護師、その他の職種の人達と協力し、ミスをなくし、予想外の事態にも最善の対処ができるようにチームをまとめていきます。
担当医
田垣内 祐吾
教授 田垣内 祐吾
出身大学千葉大学 平成元年卒 医学博士
専門分野麻酔科学
専門医等日本麻酔科学会専門医・指導医
助教 佐久間 承子
出身大学新潟大学 平成20年卒
専門分野麻酔科学
専門医等日本麻酔科学会専門医
助手 川中 涼子
出身大学岐阜大学 平成23年卒
専門分野麻酔科学
専門医等日本麻酔科学会認定医

~2017年度~
診療実績

麻酔科管理手術
 産婦人科:434件
 外科:432件
 泌尿器科:345件
 整形外科:305件
 耳鼻科:132件
 脳外科:132件
 心臓血管外科:115件
 形成・皮膚科:80件
 歯口科:15件
 眼科:6件
 その他:2件

【ペインセンター】
 骨格筋系疼痛:22件
 帯状疱疹後神経痛:17件
 線維筋痛症:12件
 神経因性疼痛:8件
 術後疼痛障害:6件
 外傷性疼痛障害:1件
 複合性局所疼痛症候群:1件
 リュウマチ性多発筋痛症:1件
 癌性疼痛:2件

研究について
研究テーマ
1.小胞体ストレスと疼痛疾患(オピオイド耐性、線維筋痛症)について マウスモデル、培養細胞を用いた研究。(千葉大学大学院医学研究院にて)
2.小胞体ストレスと老化について マウスモデル、培養細胞を用いた研究。(千葉大学大学院医学研究院にて)
3.線維筋痛症 臨床研究

学会発表
青江知彦, 小見田真理,神久予
 小胞体機能障害マウスモデルでの胎生期の吸入麻酔薬暴露による神経障害と長期予後の検討
  第64回日本麻酔科学会学術集会、2017.06.08、神戸、神経領域 最優秀演題賞
青江知彦, 小見田真理,神久予
 変異BiPマウスにおける加齢による認知機能障害と麻酔薬暴露による神経障害
  第12回臨床ストレス応答学会 2017.11.04、東京
國分宙 神久予 奥山陽太 磯野史朗 青江知彦
  疼痛過敏モデルマウス作成の試み 千葉大学
  第49回麻酔科例会 2018.01、千葉
國分宙、奥山陽太 神久代 青江知彦
 小胞体ストレスの抑制によってオピオイド耐性が緩和される
  第65回日本麻酔科学会学術集会、2018.05.17、横浜

研究指導(千葉大学大学院医学研究院)
神久予(博士課程 )
 小胞体ストレスと老化についてマウスモデル、培養細胞を用いた研究
國分宙(博士課程 )
 小胞体ストレスと疼痛疾患についてマウスモデル、培養細胞を用いた研究

論文
Jin H, Komita M, Koseki H, Aoe T.
 Sublethal endoplasmic reticulum stress caused by the mutation of immunoglobulin heavy
 chain-binding protein induces the synthesis of a mitochondrial protein, pyrroline-5-
 carboxylate reductase 1.
  Cell Stress Chaperones 2017;22(1):77-85. doi: 10.1007/s12192-016-0741-1.
Jin H, Komita M and Aoe, T
 The Role of BiP Retrieval by the KDEL Receptor in the Early Secretory Pathway and its
 Effect on Protein Quality Control and Neurodegeneration.
  Frontiers in Molecular Neuroscience 2017, 17;10:222. doi: 10.3389/fnmol.2017.00222.
線維筋痛症診療ガイドライン2017 (システマテイックレビュー分担)

麻酔科のWebサイト
このページのトップへ