診療科・担当医紹介
眼科
 主な疾患は白内障、緑内障、糖尿病綱膜症、綱膜剥離、綱膜硝子体疾患、眼瞼下垂・内反症等の眼瞼部疾患などで、これらを中心に幅広い疾患への対応を心掛けています。また、各疾患に対して、最新の機器を導入し、薬物療法、レーザー治療、手術治療を行っております。
 白内障手術、網膜硝子体手術を主に行っており、より目に負担の少なく、回復が早く、より手術の安全性の高い小切開手術を導入しております。
 血管新生を伴う疾患や網膜浮腫をきたす疾患(加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症、糖尿病黄斑症など)には抗VEGF療法を導入するなど、最新の治療を取り入れ、よりよい医療を提供できるように努めています。

医療設備
 眼底三次元解析装置フーリエドメインOCT
 光学式眼軸長測定装置IOLマスター
 角膜形状解析装置
 眼底写真・蛍光眼底写真ファイリングシステムIMAGEnet
 無散瞳眼底カメラ
 高解像度眼底画像解析装置
 超音波生体顕微鏡UBM
 カラーレーザー光凝固装置
 YAGレーザー治療装置(選択的線維柱帯形成術兼用)
 経強膜毛様体破壊術用ダイオードレーザー治療装置
 白内障手術装置インフィニティ(トーショナルフェイコプローブOZil)
 硝子体手術装置コンステレーション
 硝子体手術用非接触広角観察システムRESIGHT


担当医
准教授 佐藤 栄寿
出身大学千葉大学 平成7年卒 医学博士
専門分野網膜硝子体疾患
網膜静脈閉塞症
専門医等日本眼科学会専門医
日本眼科眼科医指導医
助手 戸辺 文
出身大学福島県立医科大学 平成22年卒
専門分野 眼科一般
助手 柿栖 将人
出身大学 東邦大学 平成25年卒
専門分野 眼科一般

~2017年度~
診療実績


患者数推移

研究について
論文
Bilateral Central Retinal Vein Occlusion in a Patient with Mantle Cell Lymphoma
 Furuya N, Oshitari T, Sato E, Baba T, Yamamoto S.
  J Ophthalmic Clin Res 2017, 4: 031
Characteristics of patients with spontaneous dislocation of in-the-bag intraocular lens after pars plana vitrectomy.
 Koike T, Baba T, Nizawa T, Oshitari T, Yamamoto S.
  Jpn J Ophthalmol. 2017 May;61(3):267-270.
Efficacy of One-Year Treatment with Aflibercept for Diabetic Macular Edema with Practical Protocol.
 Kaiho T, Oshitari T, Tatsumi T, Takatsuna Y, Arai M, Shimizu N, Sato E, Baba T, Yamamoto S.
  Biomed Res Int. 2017; Epub 2017 Dec 4.
Comparisons of Efficacy of Intravitreal Aflibercept and Ranibizumab in Eyes with Diabetic Macular Edema.
 Shimizu N, Oshitari T, Tatsumi T, Takatsuna Y, Arai M, Sato E, Baba T, Yamamoto S.
  Biomed Res Int. 2017;2017:1747108.
釘打機による穿孔性眼外傷の2例
 新沢 知広, 佐藤 栄寿, 小池 貴之, 三浦 玄, 辰巳 智章, 山本 修一
  臨床眼科 (0370-5579)71巻7号 Page1035-1038(2017.07)

発表・講演
眼内レンズ強膜内固定の実際
 佐藤栄寿:第7回内房地区眼科学術講演会
糖尿病黄斑浮腫に対する白内障手術時のトリアムシノロン投与 投与経路による比較
 辰巳 智章, 高綱 陽子, 忍足 俊幸, 新井 みゆき, 佐藤 栄寿, 山本 修一
無散瞳下RETevalによるフリッカーERGへの水晶体混濁の影響
 三浦 玄(千葉大学), 鈴木 加奈子, 佐藤 栄寿, 山本 修一
このページのトップへ