診療科・担当医紹介
眼科
 主な疾患は白内障、緑内障、糖尿病綱膜症、綱膜剥離、綱膜硝子体疾患、眼瞼下垂・内反症等の眼瞼部疾患などで、これらを中心に幅広い疾患への対応を心掛けています。また、各疾患に対して、最新の機器を導入し、薬物療法、レーザー治療、手術治療を行っております。
 白内障手術、網膜硝子体手術を主に行っており、より目に負担の少なく、回復が早く、より手術の安全性の高い小切開手術を導入しております。
 血管新生を伴う疾患や網膜浮腫をきたす疾患(加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症、糖尿病黄斑症など)には抗VEGF療法を導入するなど、最新の治療を取り入れ、よりよい医療を提供できるように努めています。

医療設備
 眼底三次元解析装置フーリエドメインOCT
 光学式眼軸長測定装置IOLマスター
 角膜形状解析装置
 眼底写真・蛍光眼底写真ファイリングシステムIMAGEnet
 無散瞳眼底カメラ
 高解像度眼底画像解析装置
 超音波生体顕微鏡UBM
 カラーレーザー光凝固装置
 YAGレーザー治療装置(選択的線維柱帯形成術兼用)
 経強膜毛様体破壊術用ダイオードレーザー治療装置
 白内障手術装置インフィニティ(トーショナルフェイコプローブOZil)
 硝子体手術装置コンステレーション
 硝子体手術用非接触広角観察システムRESIGHT
 経角膜網膜電気刺激治療装置


担当医
准教授 佐藤 栄寿
出身大学千葉大学 平成7年卒 医学博士
専門分野網膜硝子体疾患
網膜静脈閉塞症
専門医等日本眼科学会専門医
日本眼科眼科医指導医
助手 古谷 奈々
出身大学千葉大学 平成22年卒
専門分野眼科一般
助手 小池 貴之
出身大学秋田大学 平成24年卒
専門分野眼科一般

~2016年度~
診療実績

外来患者数:13,290人
手術:655件
 白内障手術 545件
 硝子体手術 76件
 網膜復位術 4件
 外眼部手術 10件
 緑内障手術 4件
 その他 16件
研究について
  • 臨床研究
  • 抗VEGF抗体(アバスチン硝子体内注射)を自主臨床試験として昨年から引き続き行っている。
  • 抗VEGF抗体の硝子体内注射は黄斑浮腫、血管新生緑内障、黄斑部新生血管などに著明な効果があることが知られているが、再発が多い。我々は血管新生緑内障に対して、この治療と網膜冷凍凝固という治療を併用することで長期的にも効果が得られると考え、検討を行っている。
  • 学会発表
  • 古谷奈菜:揺さぶられっ子症候群が疑われた2例
    平成27年9月13日 266回千葉眼科集談会
  • 萩原章:当科における診療の現況
    平成27年10月15日 第5回内房地区眼科学術講演会
このページのトップへ