診療科・担当医紹介
内科(リウマチ)
 本診療科は2011年6月に設立され、千葉内房を中心とした幅広い地域から来院される関節リウマチ・膠原病患者さんの診療を行なっています。原因がはっきりしない、持続する発熱(「不明熱」と呼ばれることがあります)や関節痛の診療も得意としております。現在、スタッフ 8名で診療を行っております。

関節リウマチ
 関節リウマチの診療は、なるべく「早期に診断」し、「寛解状態」あるいは「低疾患活動性」を目指して治療することが専門家の間では常識になりつつあります。当科では、地域の内科・整形外科の先生方と連携しつつ、関節リウマチをより早期に診断できる体勢を整え、抗リウマチ薬・生物学的製剤の適切な使用、関節腔内ステロイド注射、リハビリテーション、時期を逸さない手術療法など、科の垣根を超えた「関節リウマチのトータルケア」を目指し、最大限の治療効果を挙げるよう努力しています。

膠原病
 全身性エリテマトーデス(SLE)、血管炎、強皮症、筋炎、ベーチェット病など、いわゆる「膠原病」と言われる病気は、多くの臓器(皮膚、肺、腎臓など)に慢性的な炎症を起こす自己免疫疾患の一群です。当科では、膠原病の診断・治療についても、最新の知見をもとにステロイド・免疫抑制剤/生物学的製剤を使用し、良好な診療実績を挙げております。

その他
 検査の過程で発熱や関節痛の原因が「感染症」や「腫瘍」であることが判明することがあります。その際には適切な診療科を紹介いたします。

当施設で現在行われている臨床試験
 新規発症ANCA関連血管炎の寛解導入療法における、リツキシマブ併用低用量グルココルチコイド対高用量グルココルチコイドのオープンラベル、多施設共同、ランダム化比較試験(LoVAS試験)、Abataceptの動脈硬化予防に関する研究(ABT-ATS研究及びORACLE研究)


担当医
萩野 昇
講師 萩野 昇
出身大学東京大学 平成12年卒
専門分野関節リウマチ・膠原病診療
不明熱の診断
専門医等日本内科学会認定総合内科専門医
日本リウマチ学会専門医
米国内科学会(Americal College of Physicians)会員
米国リウマチ学会(American College of Rheumatology)会員
難病指定医厚生労働省難治性疾患等政策研究事業「難治性血管炎に関する調査研究班」中・小型血管炎分科会研究協力者
Best Doctors® 2016-2017

研究について
  • 学会発表等(国際)
  • Kenji Tsuda, Saori Sakaue, Yukie Takahashi, Takahiro Isshiki, Naoko Takei, Kazuhiko Kobayashi, Tetsuya Tanimoto, Yuji Satou, Masae Kurama, Tsunehiko Komatsu; OUTCOMES OF CORD BLOOD TRANSPLANTATION WITH NON-TOTAL BODY IRRADIATION CONDITIONING REGIMEN CONSISTING OF FLUDARABINE AND BUSULFAN FOR PATIENTS WITH ADVANCED HEMATOLOGYIC MALIGNANCIES.
    20th Congress of European Hematology Association, Abstract: E1519
  • 学会発表等(国内)
  • 1.副島裕太郎 他:皮膚筋炎に合併した難治性間質性肺炎に対してリツキシマブ・複数の免疫抑制剤を併用した2症例の報告
    第59回日本リウマチ学会総会学術集会(2015.04 名古屋)
  • 2.鈴木翔太郎 他:門脈圧亢進症を合併した抗リン脂質抗体陽性全身性エリテマトーデスの一例
    第26回日本リウマチ学会関東支部学術集会(2015.12 宇都宮)
  • 3.村中清春 他:典型的な筋炎症状を呈し治療抵抗性の間質性肺炎を合併した抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎の一例
  • 4.横地律子 他:リツキシマブで治療を行った急速進行性間質性肺炎合併皮膚筋炎の4例の検討
  • 5.知原有子 他:PET-CT(positron emission tomography-computed tomography)で側頭動脈および滑液包に集積を認めた巨細胞性動脈炎の一例
  • 6.前田淳子 他:IgG4関連疾患の眼窩内腫瘤と診断できた木村病の一例
  • 7.副島裕太郎 他:難治性の間質性肺炎を合併した抗PL-12抗体陽性皮膚筋炎の症例
    第56回関東リウマチ研究会(2015.06 新宿区)
  • 8.篠﨑美樹子 他:当科でRituximabを使用したANCA関連血管炎の短期成績 第21回MPO研究会(2015.10.31 千代田区)
  • 9.教育講演(共催):リウマチ・膠原病オータムセミ
  • 論文発表等(英文)
  • 1.Tsuda K, Tanimoto T, Komatsu T; Lenalidomide plus Rituximab for Mantle-Cell Lymphoma.
    N Engl J Med. 2016 Feb 25;374(8):792-3
  • 2.Tsuda K, Sudo K, Goto G, Takai M, Itokawa T, Isshiki T, Takei N, Tanimoto T, Komatsu T; A Feasibility Study of Virtual Reality Exercise in Elderly Patients with Hematologic Malignancies Receiving Chemotherapy.
    Intern Med. 2016;55(4):347-52
  • 3.Tsuda K, Tanimoto T, Takenouchi S, Sakaue S, Komatsu T; Ixekizumab for psoriasis.
    Lancet 2016 Jan 16;387(10015):225-6
  • 4.Tsuda K, Tanimoto T, Hayakawa K, Komatsu T; Oral mucosal manifestations of chronic eosinophilic leukaemia with FIP1L1-PDGFRα.
    BMJ Case Rep. 2016 Jan 12;2016
  • 5.Tsuda K, Kimura Y, Tanimoto T, Takaba Y, Okubo K, Ishii T, Takahashi Y, Itokawa T, Isshiki T, Takei N, Kobayashi K, Nakagawa M, Komatsu T; Impact of the automatic rounding-off function of the computerized physician order entry system on the ordering time and dose dispersion of chemotherapeutic drugs in regimens for hematologic malignancies.
    Int J Med Inform. 2016 Jan;85(1):76-9
  • 論文発表等(和文)
  • 1.德永健一郎、萩野昇:診断ピットフォール10選─こんな疾患、見逃していませんか?【各論9】あちこち痛い
    総合診療25巻9号pp 852-7 (2015) 医学書院
  • 2.村中清春、萩野昇:Evidence Update 2016 エキスパートが注目する最新エビデンスをアップデート!-17抗リウマチ薬
    薬局67巻1号pp 99-106 (2016) 南山堂
  • 3.横地律子、萩野昇:いまアレルギー外来がおもしろい安全で効果の高い治療を使いこなす
    全身性ステロイド「medicina」第52巻第11号p1904-1908 (2015) 医学書院
  • 4.萩野昇:雑誌連載.「あたらしいリウマチ診療」medicina
このページのトップへ