診療科・担当医紹介
内科(リウマチ)
 本診療科は2011年6月に設立され、千葉内房を中心とした幅広い地域から来院される関節リウマチ・膠原病患者さんの診療を行なっています。原因がはっきりしない、持続する発熱(「不明熱」と呼ばれることがあります)や関節痛の診療も得意としております。現在、スタッフ 8名で診療を行っております。

関節リウマチ
 関節リウマチの診療は、なるべく「早期に診断」し、「寛解状態」あるいは「低疾患活動性」を目指して治療することが専門家の間では常識になりつつあります。当科では、地域の内科・整形外科の先生方と連携しつつ、関節リウマチをより早期に診断できる体勢を整え、抗リウマチ薬・生物学的製剤の適切な使用、関節腔内ステロイド注射、リハビリテーション、時期を逸さない手術療法など、科の垣根を超えた「関節リウマチのトータルケア」を目指し、最大限の治療効果を挙げるよう努力しています。

膠原病
 全身性エリテマトーデス(SLE)、血管炎、強皮症、筋炎、ベーチェット病など、いわゆる「膠原病」と言われる病気は、多くの臓器(皮膚、肺、腎臓など)に慢性的な炎症を起こす自己免疫疾患の一群です。当科では、膠原病の診断・治療についても、最新の知見をもとにステロイド・免疫抑制剤/生物学的製剤を使用し、良好な診療実績を挙げております。

その他
 検査の過程で発熱や関節痛の原因が「感染症」や「腫瘍」であることが判明することがあります。その際には適切な診療科を紹介いたします。

当施設で現在行われている臨床試験
 新規発症ANCA関連血管炎の寛解導入療法における、リツキシマブ併用低用量グルココルチコイド対高用量グルココルチコイドのオープンラベル、多施設共同、ランダム化比較試験(LoVAS試験)、Abataceptの動脈硬化予防に関する研究(ABT-ATS研究及びORACLE研究)


担当医
萩野 昇
講師 萩野 昇
出身大学東京大学 平成12年卒
専門分野関節リウマチ・膠原病診療
不明熱の診断
専門医等日本内科学会認定総合内科専門医
日本リウマチ学会専門医
米国内科学会(Americal College of Physicians)会員
米国リウマチ学会(American College of Rheumatology)会員
難病指定医厚生労働省難治性疾患等政策研究事業「難治性血管炎に関する調査研究班」中・小型血管炎分科会研究協力者
Best Doctors® 2016-2017

~2017年度~
診療実績

関節リウマチ 700例
乾癬性関節炎 20例
強直性脊椎炎 5例
全身性エリテマトーデス 100例
皮膚筋炎・多発筋炎 30例
全身性強皮症 20例
成人スティル病 3例
シェーグレン症候群 30例
他 希少疾患(TAFRO症候群など)

研究について
原著論文(血液内科)
Kosugi K, Tsuda K, Higuchi A, Mori J, Tanimoto T.
 Bridge the deep chasm between patients with cancer and palliative care in Japan.
  BMJ Support Palliat Care. 2017 Feb 23[Epub ahead of print]
Tanimoto T, Tsuda K, Mori J.
 Zoledronic Acid Dosing Interval for Metastatic Cancer.
  JAMA. 317(14):1477. 2017
Kondo Y, Tanimoto T, Kosugi K, Tsuda K, Higuchi A, Kusumi E, Kami M.
 Measles Vaccination for International Airport Workers.
  Clin Infect Dis. 64(4):528. 2017
Mori J, Tsuda K, Tanimoto T.
 Measles Vaccination for International Airport Workers.
  Clin Infect Dis. 64(4):528. 2017
Mori J, Tsuda K, Tanimoto T.
 Inotuzumab Ozogamicin for Acute Lymphoblastic Leukemia.
  N Engl J Med. 375(21):2100 2016
Tanimoto T, Tsuda K, Mori J.
 Temporal Changes in Subsequent Malignancies Among Childhood Cancer Survivors.
  JAMA. 20;317(23):2451. 2017
Tanimoto T, Tsuda K, Kurokawa T, Mori J, Shimmura H.
 Essential medicines for universal health coverage.
  Lancet 13;389(10082):1880-1881. 2017
Sakamoto R, Higuchi A, Tsuda K, Tanimoto T, Kami M.
 Intensive speech and language therapy after stroke.
  Lancet 15;390(10091):228. 2017
Morita T, Yamamoto K, Ozaki A, Tsuda K, Tanimoto T.
 The oldest-old in China.
  Lancet 26;390(10097):846-847. 2017
Tanimoto T, Oshima K, Tsuda K, Mori J, Shimmura H.
 Rituximab and autologous stem-cell transplantation for high-risk diffuse large B-cell
 lymphoma.
  Lancet Oncol. 18(10):e557. 2017
Tanimoto T, Tsuda K, Oshima K, Mori J, Shimmura H
 Carfilzomib for relapsed or refractory multiple myeloma
  Lancet Oncol. 19(1):e1 2017
Tsuda K, Tanimoto T, Mori J, Kosugi K, Komatsu T
 Targeted-release budesonide therapy for IgA nephropathy
  Lancet 16;390(10113):2625. 2017
Tanimoto T, Kosugi K, Tsuda K.
 Evidence Required for Drugs Granted Accelerated Approval.
  JAMA 26;318(24):2492-2493. 2017
Tsuda K, Tanimoto T, Sakaue S, Sato T, Kouno K, Hamaki T, Hosoda K, Ohnishi
M, Komatsu T, Kami M, Kusumi E.
 Patients' demographics of a convenient clinic located in a large railway station in
 metropolitan Tokyo area.
  Medicine Jan;97(2):e9646. 2017

原著論文(リウマチ内科)
Tokunaga K, Hagino N.
 Dermatomyositis with Rapidly Progressive Interstitial Lung Disease Treated with Rituximab:
 A Report of 3 Cases in Japan.
  Intern Med. 2017;56(11):1399-1403.
萩野 昇
 客観的指標でBoolean寛解を達成している関節リウマチ患者の全般評価に影響を与える因子の検討
  帝京医学雑誌 2017;40(4):171‐178

論文発表等
村中清春, 萩野昇 Evidence Update2017 16) 抗リウマチ薬
 薬局 2017;68(1):82‐88
横地律子, 萩野昇 なんとなくDoしていませんか? 骨粗鬆症マネジメント 骨粗鬆症の治療 ステロイド骨粗鬆症
 Gノート 2017;4(1):85‐94
下郡佳, 萩野昇 非専門医にもできる!リウマチ・膠原病診断 日常診療で膠原病を疑う症候 発熱
 内科 2017;119(2):231‐236
萩野昇 内科医のためのクリニカル・パール3 アレルギー・膠原病 心にのこる症例
 Medicina 2017;54(10):1688‐1692
徳永健一郎, 萩野昇 骨関節内科 治療総論 ステロイド
 Medicina 2017;54(13):2264‐2269

国内学会発表
第61回日本リウマチ学会 総会・学術集会(2017年4月20日-22日 福岡国際会議場)
W29-4 トシリズマブが奏功したTAFRO症候群の2例
 平原理沙、竹之内盛志、竹島雄介、下郡佳、鈴木翔太郎、横地律子、村中清春、篠崎美樹子、萩野昇
W63-2 安定期の全身性エリテマトーデスに対するヒドロキシクロロキン追加投与後の臨床検査値の推移
 竹之内盛志、平原理沙、鈴木翔太郎、下郡佳、横地律子、村中清春、篠崎美樹子、萩野昇
P1-231 関節周囲の巨大な石灰化を認めたシェーグレン症候群の一例
 横地律子、萩野昇、下郡佳、平原理沙、鈴木翔太郎、竹之内盛志、村中清春、篠崎美樹子

第28回 日本リウマチ学会 関東支部学術集会 (2017年12月9日、京王プラザホテル新宿)
回腸原発メトトレキサート関連リンパ増殖性疾患(MTX-LPD)によって小腸穿孔を来した 1例
 都築清歌、四茂野恵奈、服部周平、永幡研、鈴木翔太郎、平原理紗、竹之内盛志、横地律子、
 萩野昇
抗RNP抗体陽性の免疫介在性壊死性ミオパチーの1例
 四茂野恵奈、萩野昇、横地律子、竹之内盛志、鈴木翔太郎、服部周平、永幡研、都築清歌
原因不明の発熱・筋痛・関節痛に対してコルヒチンが著効した2症例
 鈴木翔太郎、都築清歌、永幡研、服部周平、四茂野恵奈、竹之内盛志、横地律子、萩野昇

教育について
3学年:統合講義(免疫・アレルギー)
 全身性エリテマトーデス・抗リン脂質抗体症候群(萩野)
5学年
 OSCE試験監督
 BSL指導

講演、出版、その他 萩野昇. et al「内科インテンシブレビュー 2017」 ケアネットDVD
萩野昇. Best Doctors® 2016-2017
その他、リウマチ・膠原病関連の教育講演多数
このページのトップへ