診療科・担当医紹介
ぺインセンター
 2016年6月から当院にてペインクリニック外来を開設致しました。疼痛治療の専門医により難治性疼痛、慢性疼痛の診療を行なっています。薬物療法(内服薬、点滴)や近赤外線照射、神経ブロックなどを組み合わせて治療致します。
 痛みは身体の異常を知らせる警告となり、痛みを契機としてその原因となる病気が診断され、治療が行われます。原因疾患の治癒とともに多くの痛みは消失しますが、痛みだけが長く続くことがあります。
痛みは大別すると、
  侵害受容性疼痛(炎症、ケガ、手術の傷などによる)
  神経障害性疼痛(脳、脊髄、末梢神経の病変による)
の二つに分類されますが、心理的な要因にも影響されます。帯状疱疹による痛みのように、侵害受容性疼痛と神経障害性疼痛が混ざった痛みもあります。また、複合性局所疼痛症候群や線維筋痛症など原因がよく分からない疼痛疾患もあります。
 痛み、が続いていると痛みを感じ易くなる感作という現象が起こる事があります。体の痛い部分の末梢神経のレベルで起きたり、より中枢の脊髄や脳のレベルで起こる事もあります。ペインクリニックでは痛みを取り除きこうした悪循環を遮断し、日常生活に戻れるようにお手伝い致します。
 ペインクリニック、と聞くと、痛い注射をする所、と連想されるかも知れませんが、ブロック注射を延々と続ける訳ではありません。痛みが強い時には、神経ブロックは有効な治療法です。近年、痛みの性質に応じた様々な薬が開発されています。従来からあった解熱鎮痛剤として広く使われて来た薬の他に、神経障害性疼痛に効く薬やがんの痛みにも用いる麻薬系(オピオイドと総称される)の薬が加わりました。これらの鎮痛薬は眠気、だるさを伴う事もありますので、あまりたくさん鎮痛薬を内服すると生活に支障が出る恐れがあります。始めは神経ブロックで痛みを軽減しておいて、ある程度軽くなったら神経ブロックはやめて、鎮痛薬を内服して普通に体を動かして生活する。“運動”することも痛みに効果があることが段々と明らかにされています。
 ペインクリニック外来では、薬物療法や神経ブロックなどで痛みを軽減して、そのうちに末梢神経や脊髄、脳の“痛い”という記憶が薄れて、遂には痛みがなくなって治ってしまう。こうした経過を目標にして治療を行います。

神経ブロック
・星状神経節ブロック
・硬膜外ブロック
・仙骨ブロック
・三叉神経ブロック
・肩甲上神経ブロック
・肋間神経ブロック
・トリガーポイント注射など

スーパーライザーによる近赤外線照射

ペインクリニックの対象となる疾患
帯状疱疹急性期痛、帯状疱疹後神経痛、頭痛・顔面痛、三叉神経痛、外傷や手術後の慢性痛、複合性局所疼痛症候群(CRPS)、神経障害性疼痛、糖尿病性神経症、線維筋痛症など

線維筋痛症は難治性の疼痛疾患で、患者さんは痛みを感じ易い状態になっています。薬物療法と近赤外線照射を中心に治療を行います。新しい治療法、診断法の研究も行っており、ご希望に応じて臨床研究に参加して頂きます。
(日本線維筋痛症学会診療ネットワーク参加)

外来 月曜日
現在入院治療は行っておりません。
担当医
教授 青江 知彦
出身大学 千葉大学 昭和62年卒 医学博士
専門分野 疼痛学
麻酔科学
専門医等 日本ペインクリニック学会専門医
日本麻酔科学会専門医・指導医
麻酔標榜医

~2018年度~
診療実績

患者数:498名
線維筋痛症、帯状疱疹後神経痛、神経障害性疼痛、骨格筋系疼痛、術後疼痛障害
三叉神経痛、外傷性疼痛障害、複合性局所疼痛症候群、肢端紅痛症、リュウマチ性多発筋痛症
癌性疼痛、末梢循環不全
処置:薬物療法(内服、点滴)、神経ブロック(硬膜外ブロック、腕神経叢ブロック、肋間神経ブロック、肩甲上神経ブロックなど)、近赤外線照射(スーパーライザー)など

研究について

臨床研究
  1. 婦人科手術患者を対象として、全身麻酔中の鎮痛薬投与が術後の痛みに及ぼす影響について検討する研究です。当院産婦人科との共同研究。
    「手術中の鎮痛薬投与が術後の疼痛に及ぼす影響の検討」(18-074号2018/10/5 承認 帝京大学倫理委員会, UMIN000034960, 20181121)
  2. 線維筋痛症等を対象として、なぜ全身に痛みを感じるのか、脳MRI撮影のデーターをコンピュータで処理して神経系の機能を客観的に解析する研究です。当院放射線科との共同研究。
    「慢性疼痛疾患における痛覚過敏形成機構の解明」
    (帝京大学倫理委員会申請中)
基礎研究
  1. 小胞体ストレスと疼痛疾患(オピオイド耐性、線維筋痛症)について
    マウスモデル、培養細胞を用いた研究。
    科学研究費補助金 基盤研究(C)(一般) 課題番号 17K11114
    代表 青江知彦「オピオイド鎮痛機構の小胞体分子シャペロンによる制御」
    2017-2019年度
  2. 小胞体ストレスと虚血脳障害、老化についてマウスモデル、培養細胞を用いた研究。
    科学研究費補助金 若手研究、課題番号 8K16473
    「低酸素虚血脳障害に対する小胞体ストレスの関与」、2018-2020年

学会発表

  • Aoe T, Hirabayashi K, Okuyama Y, Komita M, Jin H, Kokubunn H, Saito O. 「ER stress contributes to the development of morphine tolerance」International Association for the Study of Pain (IASP) 16th World Congress on Pain. 2016/9/27 Yokohama
  • 青江 知彦、小見田 真理、神 久予、「小胞体機能障害マウスモデルでの胎生期の吸入麻酔薬暴露による神経障害と長期予後 の検討」第64回麻酔科学会学術集会、最優秀演題賞,2017/6/8 神戸
  • 國分宙、奥山陽太、神久代、青江知彦 「小胞体ストレスの抑制によってオピオイド耐性が緩和される。」第65回日本麻酔科学会学術集会、2018.05.17、横浜
  • 青江 知彦、國分宙、小見田 真理、神 久予 「吸入麻酔薬の神経細胞保護作用と神経障害作用の二面性と小胞体ストレス」 第13回BSSR:臨床ストレス応答学会、2018.10.27,小樽
  • Hisayo Jin, Mari Komita, and Tomohiko Aoe 「Declines in Protein Quality Control and External Insults Promote Cognitive Dysfunction」Society for Neuroscience, Annual Meeting, 2018, 11, 04, San Diego

論文

  • 青江知彦、「小胞体ストレス、細胞、マウスから臨床応用へ」 帝京医学雑誌
    2016, 39 (5) :165-173
  • Ishii T, Igarashi T, Naya T, Aoe T, Isono S. 「Physiological and biochemical responses to continuous saline irrigation inside the abdominal cavity in anesthetized pigs. 」
    J Laparoendosc Adv Surg Tech A. 2016 Aug;26(8):600-5
  • Jin H, Komita M, Koseki H, Aoe T. 「Sublethal endoplasmic reticulum stress caused by the mutation of immunoglobulin heavy chain-binding protein induces the synthesis of a mitochondrial protein, pyrroline-5-carboxylate reductase 1.」 Cell Stress Chaperones. 2017 Jan;22(1):77-85.
  • Jin H, Komita M and Aoe, T 「The Role of BiP Retrieval by the KDEL Receptor in the Early Secretory Pathway and its Effect on Protein Quality Control and Neurodegeneration.」Frontiers in Molecular Neuroscience 2017, 17;10:222. doi: 10.3389/fnmol.2017.00222.
  • Hisayo Jin, Takuro Ishii, Shiroh Isono, Tatsuo Igarashi and Tomohiko Aoe
    「A comparative study of the acute and long-term prognosis for mouse models undergoing laparoscopic surgery under continuous intra-abdominal perfusion with either CO gas or saline. 」
    Cogent Medicine (2018), 5: 1510358
  • Jin H, Nishino T, Aoe T, Isono S.「A simple and safe method for tracheal intubation using a supraglottic intubation-aid device in mice.」Respir Physiol Neurobiol. 2019
    May;263:9-13. doi10.1016/j.resp.2019.02.004.
  • Jin H, Komita M, Aoe T. 「Decreased Protein Quality Control Promotes the Cognitive Dysfunction Associated with Aging and Environmental Insults.」Frontier in Neuroscience 2018 Nov 1;12:753. doi:
    10.3389/fnins.2018.00753.
このページのトップへ