診療科・担当医紹介
内科(内分泌代謝)
 内分泌代謝内科では、内分泌、糖尿病の専門医資格を持つスタッフが下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎などの内分泌機能異常症及び尿酸・糖・脂質などの代謝異常症の診療を行っており、糖尿病、痛風、骨粗鬆症などの生活習慣病の診療から高度な専門性を必要とする内分泌疾患の診療まで、幅広い分野にわたる良質の医療を皆さまに提供できるよう努めております。
 また、当センターは、日本糖尿病学会認定教育施設及び日本内分泌学会内分泌代謝科認定教育施設として認定を受けており、研修医や若い医師の教育・育成にも力を入れています。

主な診療内容
  • 内分泌疾患及び糖尿病・高脂血症・痛風・骨粗鬆症などの代謝性疾患の診断と治療。
  • 負荷試験などの専門的手法を用いた視床下部・下垂体・甲状腺・副甲状腺・副腎・性腺内分泌系の機能診断。
  • 放射線科との連携によるバセドウ病に対する放射線ヨード治療などの専門的治療。
  • 病診連携に基づいた糖尿病の教育、合併症評価、インスリン導入など。特に糖尿病教育に関しては、クリニカルパスに沿った短期の教育入院や半日のプログラムによる糖尿病教育外来を定期的に実施しています。

担当医
教授 井上 大輔
出身大学東京大学 昭和63年卒 医学博士
専門分野 内分泌代謝
糖尿病
骨、カルシウム代謝
専門医等 日本内科学会(総合内科専門医・認定医・指導医)
日本内分泌学会(専門医・指導医、評議員、専門医試験委員、Endocrine Journal Editor)
日本糖尿病学会(専門医・指導医)
日本骨代謝学会(理事、JBMM Editor)
日本骨粗鬆症学会(認定医、副理事長)
国際骨代謝学会(Bone編集委員)
千葉県糖尿病対策推進会議(理事)
講師 伴 良行
出身大学昭和大学 平成6年卒 医学博士
専門分野 内分泌代謝
糖尿病
専門医等 日本内科学会(総合内科専門医・認定医・指導医)
日本内分泌学会(専門医・指導医、評議員)
日本糖尿病学会(専門医・指導医)
日本甲状腺学会(専門医)
日本人類遺伝学会
助教 井上 玲子
出身大学 群馬大学 平成19年卒 医学博士
専門分野 内分泌代謝
糖尿病
専門医等 日本内科学会(総合内科専門医・認定医)
日本内分泌学会(専門医、指導医)
日本糖尿病学会(専門医、指導医)
日本骨粗鬆症学会(認定医、JBMM編集委員)
日本骨代謝学会
専攻医 石澤 耕太
出身大学 帝京大学 平成31年卒
専門分野 内分泌代謝
糖尿病
専攻医 香曽我部 福雄
出身大学 帝京大学 令和2年卒
専門分野 内分泌代謝
糖尿病

~2021年度~
診療実績

のべ外来患者数:11,840例(糖尿病 約3,241例)
入院患者数:糖尿病 約162例
  • クリニカルパスに基づく糖尿病教育入院(7日)
  • 糖尿病教育外来
  • 多彩な内分泌・代謝疾患:下垂体機能低下症、先端巨大症、プロラクチノーマ、自己免疫性下垂体炎、バセドウ病、慢性甲状腺炎、原発性副甲状腺機能亢進症、副甲状腺機能低下症、クッシング症候群、原発性アルドステロン症、褐色細胞腫、アジソン病、悪性腫瘍に伴う高Ca血症、BWS、脂質異常症、痛風・高尿酸血症、骨粗鬆症
    ・問題:病病連携:増え続ける糖尿病患者の紹介先の充実が課題
    ・目標:糖尿病教育入院の拡充

教育について
学生
 4年生:統合講義 内分泌代謝 5コマ
 5年生:BSL 外来指導、クルズスなど
 6年生:講義 2コマ 卒業試験作製

初期研修医
 定期病棟カンファレンス(毎週月曜日)におけるpresentation
 抄読会
 地方会などの学会への参加

大学院生:講義2コマ


研究について
研究中のテーマ
  • 冠動脈疾患と骨代謝マーカーとの関連性(循環器内科との共同研究)
  • たばこと骨代謝の関係に関する研究
  • COPDにおける骨代謝の研究(呼吸器内科との共同研究)
  • ビタミンD欠乏・不足の臨床
  • 糖尿病における骨代謝
  • バセドウ病と骨代謝に関する研究

主な原著論文
  1. Reiko Watanabe, Nobuyuki Tai, Junko Hirano, Yoshiyuki Ban, *Daisuke Inoue and Ryo Okazaki.
    Independent association of bone mineral density and trabecular bone score to vertebral fracture in male subjects with chronic obstructive pulmonary disease
    Osteoporos Int 29(3): 615-623, 2018. doi:10.1007/s00198-017-4314-7
  2. Reiko Watanabe, Masataka Shiraki, Mitsuru Saito, Ryo Okazaki and Daisuke Inoue
    Restrictive pulmonary dysfunction is associated with vertebral fractures and bone loss in elderly postmenopausal women.
    Osteoporos Int 29(3): 625-633, 2018.. doi:10.1007/s00198-017-4337-0
  3. Ryo Okazaki, Ryoichi Muraoka, Masayuki Maehara and Daisuke Inoue. Factors associated with inadequate responses to risedronate in Japanese patients with osteoporosis.
    J Bone Miner Metab 37:185-197, 2019. doi: 10.1007/s00774-018-0931-2.
  4. Toshitsugu Sugimoto, Daisuke Inoue, Masayuki Maehara, Ichiro Oikawa, Takashi Shigematsu and Yoshiki Nishizawa. Efficacy and safety of once-monthly risedronate in osteoporosis subjects with mild-to-moderate chronic kidney disease: a post hoc subgroup analysis of a phase III trial in Japan.
    J Bone Miner Metab 37:730-740, 2019. doi.org/10.1007/s00774-018-0977-1
  5. Ippei Kanazawa, Masaaki Inaba, Daisuke Inoue, Kazuhiro Uenishi, Mitsuru Saito, Masataka Shiraki, Atsushi Suzuki, Yasuhiro Takeuchi, Hiroshi Hagino, Saeko Fujiwara , Toshitsugu Sugimoto, from the Japan Osteoporosis Society Lifestyle diseases-related Fracture Risk Investigation Committee.
    Executive summary of Clinical Practice Guide on fracture risk in lifestyle diseases.
    J Bone Miner Metab 38: 746-758, 2020. doi.org/10.1007/s00774-020-01149-3
  6. Tetsuo Yano, Teppei Ito, Yuya Kanehira, Mei Yamada, Hiromi Kimura-Suda, Hirotaka Wagatsuma, Daisuke Inoue.
    Effects of risedronate, alendronate, and minodronate alone or in combination with eldecalcitol on bone mineral density, quality, and strength in ovariectomized rats.
    Bone Rep 14: 101061, 2021. DOI: 10.1016/j.bonr.2021.101061

主な総説・教科書など
  1. 井上大輔:ビタミンD不足・欠乏の臨床的意義。副甲状腺・骨代謝疾患診療マニュアル(改訂第2版。竹内靖博他編:診断と治療社)p202-206, 2019年4月。
  2. 井上大輔:指定難病235 副甲状腺機能低下症。指定難病ペディア 2019.
    日本医師会雑誌 148 特別号(1):S272, 2019.
  3. 井上大輔:指定難病236 偽性副甲状腺機能低下症。指定難病ペディア 2019.日本医師会雑誌 148 特別号(1):S272-273, 2019.
  4. 井上大輔:3.3.ビタミンD。生活習慣病骨折リスクに関する診療ガイド2019年版
  5. 渡部(井上)玲子、井上大輔:2.3.慢性閉塞性肺疾患(COPD)。
    生活習慣病骨折リスクに関する診療ガイド2019年版
  6. 渡部(井上)玲子、井上大輔:4.3. 嗜好品。生活習慣病骨折リスクに関する診療ガイド2019年版
  7. 井上大輔:骨軟化症(内科)。今日の治療指針2020(福井次矢、他編:医学書院):p817, 2020.
  8. 井上大輔:高カルシウム血症。今日の診断指針 2020(永井良三、他編:医学書院):p112-114, 2020.
  9. 井上大輔:副甲状腺機能低下症。新臨床内科学 第10版(矢崎義雄 監修、 医学書院)p899-901, 2020.
  10. 井上大輔:25水酸化ビタミンD,1α,25水酸化ビタミンD。臨床検査ガイド
    2020年度改訂版(文光堂): p381-384, 2020.
  11. 井上大輔:副甲状腺機能低下症。今日の治療指針 2021。総編集:福井次矢他。p812-813, 2021
  12. 井上大輔:骨粗鬆症(内科)。今日の治療指針 2022。総編集:福井次矢他。
    p818-820, 2022
  13. 井上大輔:原発性副甲状腺機能亢進症。IV-237-241.
    内科学 第12版 (総編集:矢崎義雄、小室一成。朝倉書店 2022)
  14. 井上大輔:二次性副甲状腺機能亢進症。IV-241-243.
    内科学 第12版 (総編集:矢崎義雄、小室一成。朝倉書店 2022)
  15. 井上大輔:ビタミンD欠乏と疾患。IV-249-250.
    内科学 第12版 (総編集:矢崎義雄、小室一成。朝倉書店 2022)
  16. 井上玲子、井上大輔:特集:プライマリ・ケア医が診る糖尿病・内分泌疾患。骨粗鬆症と副甲状腺疾患。治療103(6): 752-756, 2021.
  17. 井上玲子、井上大輔:特集 意外と知られていない 自科の常識 他科の非常識。1,25(OH)2D測定ではビタミンD欠乏の診断はできない。
    内科128(3):694-697, 2021
  18. 井上大輔。生活習慣病関連骨折リスク。日本内科学会雑誌 111(4):747-757, 2022.
  19. 石澤耕太、井上玲子、井上大輔。ビスホスホネート。
    医学のあゆみ 28-(4): 279-283, 2022.

主な学会発表・教育講演など
  1. 第94回日本内分泌学会学術総会(WEB 開催 (群馬)2021.4.23)
    低リン血症性ビタミン D 抵抗性くる病/骨軟化症の多施設研究と疾患レジストリ。
    窪田 拓生 1、中山 尋文 1、高谷 里依子 2、皆川 真規 3、井上 大輔 4、竹内 靖博 5、福本 誠二 6、大薗 恵一 1
     1 大阪大学 大学院医学系研究科 小児科学、2 千葉大学 予防医学センター、3 千葉県こども病院 内分泌科、4 帝京大学ちば総合医療センター 第三内科、 5 虎の門病院 内分泌センター、6 徳島大学 先端酵素学研究所 藤井節郎記念医 科学センター
  2. 第94回日本内分泌学会学術総会(WEB 開催 (群馬)2021.4.23)
    急性発症の高 Ca 血症および腎機能障害を契機に診 断されたサルコイドーシスの一例
    佐山 遥平、井上 玲子、伴 良行、井上 大輔
  3. 第64回日本糖尿病学会年次学術集会(WEB 開催(冨山)2021.5.20)
    COVID-19流行がもたらした生活変化による糖尿病患者への影響実態調査
    塚本和久1)、宇野希世子1) 4)、中島利菜1)、響谷学4) 、盛田幸司1)、石川敏夫1)、 宇野健司1)、原眞純2)、井上大輔3)、金子徹治4)、澤智博5)、山陰一6)、北岡有喜6)、 浅原哲子4) 6)、寺本民生4)
    1)帝京大学 医学部 内科学講座、2)帝京大学医学部附属溝口病院内科、 3)帝京大学ちば総合医療センター内分泌代謝内科、4)帝京大学 臨床研究センター、5) 帝京大学 医療情報システム研究センター、6)独立行政法人国立病院機構 京都医療センター
  4. 第64回日本糖尿病学会年次学術集会(WEB 開催(冨山)2021.5.20)
    千葉県市原市の糖尿病腎症・CKD重症化予防の取組み: 医師会主導による多職種-行政連携と今後の課題.
    藤川眞理子1,大岡 光4,野崎 修5,最上美女江1,石橋 裕子3,宮富菜津子2, 根本 總子6,蜷川 絢美5,和田 明子4,荒井 文乃3,鯨岡 春生1,三宮 弥生6, 近藤 眞緒7,竹内 理恵7,小西 弘晃8,加賀美毅樹9,菱沼 知恵10,影山 育子10, 天野 方一1,井上 玲子1,今村 茂樹3,三村 正裕2,寺脇 博之1,井上 大輔1, 中村 文隆1 帝京大学ちば総合医療センター第三内科1,ちば労災病院2,千葉県循環器病センター3,光クリ ニック4,野崎医院5,市原栄養指導ケアネットワーク6,市原市健康福祉部国民健康保険課7,市 原市薬剤師会8,市原市歯科医師会9,千葉県市原保健所10
  5. 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 第41回学会総会(10/29-30/2021, 千里ライフサイエンスセンター 大阪+WEB)
    高Ca血症および腎機能障害を契機に診断された急性発症サルコイドーシスの一例
    飯郷徹、井上玲子、石橋耕太、伴良行、山口正雄、井上大輔
  6. 第31回臨床内分泌代謝UPDATE(11/26-27/2021、大阪ATC Hall/WEB Hybrid開催)
    免疫チェックポイント阻害薬によるirAEを複数同時に発症した1例
    香曽我部福雄、井上玲子、石澤耕太、伴良行、井上大輔
  7. 第94回日本内分泌学会学術総会(WEB 開催 (群馬)2021.4.23)
    教育講演21 副甲状腺機能低下症および偽性副甲状腺機能低下症:全国疫学調査の結果を踏まえて。高谷 里依子 1、皆川 真規 2、窪田 拓生 3、井上 大輔 4、杉本 利嗣 5、福本 誠二 6、 大薗 恵一 3、中村 好一。
    1 千葉大学予防医学センター、2 千葉県こども病院内分泌科、3 大阪大学大学院医学系研究科小児科学、4 帝京 大学ちば総合医療センター第三内科、5 島根大学内科学第一、6 徳島大学自治医科大学
  8. 第94回日本内分泌学会学術総会(WEB 開催 (群馬)2021.4.23)
    クリニカルアワー6。電解質異常と内分泌疾患。3.カルシウム・リン代謝異常
    井上大輔
  9. 第33回日本内分泌外科学会総会(WEB開催 軽井沢 2021.6.4)
    シンポジウム 内科医が望む内分泌外科医の手術。
    カルシウム・リン代謝分野における内分泌外科手術
    井上大輔
  10. 第22回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会(WEB開催千葉、2021.9.24-25) Meet The Expert
    副甲状腺・骨代謝疾患診療の最新トピックス
    井上 大輔
  11. 第23回骨粗鬆症学会/第39回日本骨代謝学会学術集会 合同学会(WEB開催、10/8-10/2021)
    シンポジウム14(オンデマンド)糖尿病性骨症の病態と臨床疫学
    糖尿病における骨折リスクとその評価~現状と課題~
    井上 玲子、井上 大輔
  12. 第23回骨粗鬆症学会/第39回日本骨代謝学会学術集会 合同学会(WEB開催、10/8-10/2021)
    日本骨代謝学会・日本小児科学会 合同シンポジウム
    小児の骨ミネラル代謝異常症 Update
    副甲状腺機能低下症・偽性副甲状腺機能低下症の診断
    高谷里依子,福本 誠二,皆川 真規,窪田 拓生,井上 大輔,大薗 恵一
  13. 第31回臨床内分泌代謝UPDATE(11/26-27/2021、大阪ATC Hall Hybrid開催)
    指定講演8(じっくり学ぶシリーズ):骨カルシウム代謝の最近の知見
    井上大輔


このページのトップへ