診療科・担当医紹介
内科(内分泌代謝)
 内分泌代謝内科では、内分泌、糖尿病の専門医資格を持つスタッフが下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎などの内分泌機能異常症及び尿酸・糖・脂質などの代謝異常症の診療を行っており、糖尿病、痛風、骨粗鬆症などの生活習慣病の診療から高度な専門性を必要とする内分泌疾患の診療まで、幅広い分野にわたる良質の医療を皆さまに提供できるよう努めております。
 また、当センターは、日本糖尿病学会認定教育施設及び日本内分泌学会内分泌代謝科認定教育施設として認定を受けており、研修医や若い医師の教育・育成にも力を入れています。

主な診療内容
  • 内分泌疾患及び糖尿病・高脂血症・痛風・骨粗鬆症などの代謝性疾患の診断と治療。
  • 負荷試験などの専門的手法を用いた視床下部・下垂体・甲状腺・副甲状腺・副腎・性腺内分泌系の機能診断。
  • 放射線科との連携によるバセドウ病に対する放射線ヨード治療などの専門的治療。
  • 病診連携に基づいた糖尿病の教育、合併症評価、インスリン導入など。特に糖尿病教育に関しては、クリニカルパスに沿った1週間の教育入院や半日のプログラムによる糖尿病教育外来を定期的に実施しています。

担当医
教授 岡崎 亮
出身大学東京大学 昭和60年卒 医学博士
専門分野内分泌代謝
糖尿病

カルシウム代謝
専門医等日本内科学会(総合内科専門医・認定医・指導医)
日本内分泌学会(専門医・指導医、評議員)
日本糖尿病学会(専門医・指導医、評議員)
日本骨代謝学会(評議員、JBMM編集委員)
日本骨粗鬆症学会(認定医、評議員)
国際骨代謝学会(Bone編集委員)
教授 井上 大輔
出身大学東京大学 昭和63年卒 医学博士
専門分野内分泌代謝
糖尿病

カルシウム代謝
専門医等日本内科学会(内科認定医・認定医・指導医)
日本内分泌学会(専門医・指導医、評議員、専門医試験委員、Endocrine Journal 編集委員)
日本糖尿病学会(専門医)
日本骨代謝学会(評議員、JBMM編集委員)
日本骨粗鬆症学会(認定医、評議員)
国際骨代謝学会(Bone編集委員)
SAM(老化促進マウス)研究協議会(評議員)
助教 田井 宣之
出身大学帝京大学 平成19年卒
専門分野内分泌代謝
糖尿病
専門医等日本内科学会(内科認定医)
日本内分泌学会(専門医)
日本糖尿病学会(専門医)
助手 渡部 玲子
出身大学群馬大学 平成19年卒
専門分野内分泌代謝
糖尿病
専門医等日本内科学会(内科認定医)
日本内分泌学会(専門医)
日本糖尿病学会(専門医)

~2016年度~
診療実績

外来患者数:約3,000例(糖尿病約2,500例)
入院患者数:約500例(糖尿病180例)
  • クリニカルパスに基づく糖尿病教育入院(7日)
  • 糖尿病教育外来
  • 多彩な内分泌・代謝疾患:下垂体機能低下症、先端巨大症、プロラクチノーマ、自己免疫性下垂体炎、バセドウ病、慢性甲状腺炎、原発性副甲状腺機能亢進症、副甲状腺機能低下症、クッシング症候群、原発性アルドステロン症、褐色細胞腫、アジソン病、悪性腫瘍に伴う高Ca血症、BWS、脂質異常症、痛風・高尿酸血症、骨粗鬆症
    ・病診・病病連携:増え続ける糖尿病患者の紹介先の充実が課題
    ・目標:糖尿病教育入院の拡充
    ・問題:甲状腺・副甲状腺外科治療

教育について
学生
 4年生:統合講義 内分泌代謝 5コマ
 5年生:BSL 外来指導、クルズスなど
 6年生:講義 2コマ
      卒業試験作製

初期研修医
 定期病棟カンファレンス(毎週月曜日)におけるpresentation
 抄読会
 地方会などの学会への参加

大学院生:講義 2コマ


研究について
  • 原著論文:5
  • 和文総説:31
  • 欧文総説:1
  • 和文原著:Proceedings 3
  • 学会発表:16(うち国際学会:3)
     シンポジウム:2
     ランチョンセミナー:2(日本内分泌学会、日本骨代謝学会)
     その他各種研究会、招待講演会など多数

研究中のテーマ
  • 冠動脈疾患と骨代謝マーカーとの関連性(循環器内科との共同研究)
  • たばこと骨代謝の関係に関する研究
  • COPDにおける骨代謝の研究(呼吸器内科との共同研究)
  • ビタミンD欠乏・不足の臨床
  • 糖尿病における骨代謝
このページのトップへ