診療科・担当医紹介
脳神経外科
1)神経機能を大切に保つ手術
 手術前に:機能的MRIとトラクトグラフィー
 機能的MRIを行い、運動機能や視覚機能が実際に脳のどこにあるかを特定し、病変部との位置関係を明らかにします。さらに、トラクトグラフィーにより、運動機能や視覚機能などに関係する神経繊維がどこを走っているかを実際に描き、病変との位置関係を明らかにします。これらの情報をもとに術前に最も安全で効率的な手術アプローチと手術方法を考えます。
 手術中に:神経機能のモニタリングとナビゲーションシステム
 神経機能(運動機能、感覚、視覚、聴覚など)のモニタリングを行います。これによって、手術中に重要な神経繊維の損傷を防ぐことができます。また、手術用ナビゲーションシステムを導入し、術中に病変との位置関係を確認しながら手術を行います。
 このように手術前に検討した機能的MRIとトラクトグラフィーを参考に、術中には神経機能のモニタリングとナビゲーションシステムを用いて安全でかつ効率的な手術を行います。このような安全かつ効率的な手術を行う方法は、2006年4月より当科で導入しています。

2)脳血管内治療
 脳動脈瘤のコイル塞栓術、頸動脈ステント術に代表される、脳血管内手術を積極的に行っています。2014年より、日本脳神経血管内治療学会から研修施設として認定され指導医の保谷克巳教授の下、日本脳神経血管内治療学専門医・指導医体制を確立しています。脳動脈瘤のコイル塞栓術、頸動脈ステント術の症例が増加し、導入していただきましたバイプレーン血管撮影機器を活用させていただいております。

3)脳卒中センター
 2007年4月より脳卒中センターを併設しました。脳神経外科、神経内科、内科、リハビリテーション科と連携し、適切な急性期治療とリハビリを提供しています。また近隣の開業医の先生と連携し、急性期治療が終了した後も、きめ細かな医療ができるようにしています。

4)下垂体腫瘍の診断と治療
 この分野は、松野彰前教授(現在、本院教授)の主たる研究分野で、内分泌内科と連携して、診断と治療に当たっています。松野は、日本間脳下垂体腫瘍学会の理事を務めており、下垂体専門外来を当科に設置し診療にあたっています。また、内視鏡を用いた低侵襲の手術を行っています。

5)悪性脳腫瘍の治療
 悪性脳腫瘍については、手術前(機能的MRIとトラクトグラフィー)と手術中(神経機能のモニタリングとナビゲーションシステム)のシステムを駆使して、安全にできるだけ多くの腫瘍の摘出を行います。腫瘍の診断は、病理学教室と連携して行っています。当院の病理学教室と協力して、1p、19q lossの有無などの遺伝子解析も行って、最適の治療方法(テーラーメイド医療)を提供しています。手術後の放射線治療や化学療法(抗がん剤)については、東京大学脳神経外科や埼玉医科大学脳神経外科と連携して、最新かつ有効性の高い治療を行っています。

6)脳血管障害の治療
 前述の血管内治療とともに、クリッピング術by Pass術などの開頭術も積極的に行っています。


担当医
保谷 克巳
教授 保谷 克巳
出身大学東京大学 昭和62年卒 医学博士
専門分野脳血管障害
脳血管内治療
専門医等日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会認定専門医
日本脳神経血管内治療学会専門医・指導医
講師 宮本 伸哉
出身大学千葉大学 平成8年卒 医学博士
専門分野脳神経外科一般
脳腫瘍
専門医等日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会認定専門医
助教 西堂 創
出身大学浜松医科大学 平成14年卒
専門分野脳神経外科一般
脳血管内治療
専門医等日本脳神経外科学会専門医
日本脳神経血管内治療学会専門医
助手 岩上 貴幸
出身大学東北大学 平成21年卒
専門分野脳神経外科一般
助教 矢内 啓
出身大学東京医科大学 平成21年卒
専門分野脳神経外科一般
専門医等日本脳神経外科学会専門医
後期研修医 曽田 剛史
出身大学島根大学 平成25年卒
専門分野脳神経外科一般
病院教授 村上 峰子
脳卒中センター医師
リハビリテーション科部長
出身大学岩手医科大学 昭和58年卒 医学博士
専門分野脳血管障害
水頭症
専門医等日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会認定専門医
日本リハビリテーション医学会専門医

~2015年度~
診療実績

手術:214例

教育について
村上:6年総合講義2コマ
保谷:2年統合講義1コマ
宮本:2年統合講義1コマ
研究について
  • 国内学会一般講演
  • 保谷克巳:6題
  • 宮本伸哉:7題
  • 西堂創:3題
  • 曽田剛史:1題
  • 英文論文:2題

脳神経外科のWebサイト
このページのトップへ